« 早春の雨山沢 | トップページ | さくら »

2010/03/22

世附の沢でネコノメ探し~法行沢・織戸沢~

10320_242

彼岸の頃になると、沢沿いでは猫の目草たちが咲きだします。

猫の目草には沢山の種類が有りますが、その一つに金色に輝くコガネネコノメソウというのが有ります。まだ実物は見た事が無い。絶滅危惧種の貴重な花です。神奈川では洒水の滝の上流部にだけ、僅かな株が生息していると『神奈川県植物誌』に書かれています。でも、数十年前には、世附で採取されたという記録も残っているのです。きっと世附の奥の沢には、今でもコガネネコノメが咲いているはず。

そんな話をAYさんにしたら、「それじゃあ、探しに行きましょう。」と。

という訳で、AYさんとご一緒に、法行沢と織戸沢へ、ネコノメ探しに行ってきました。まるで初夏の陽気のような、汗ばむくらいの早春の西丹沢でした。

Tizu10321

3月20日

3連休初日の渋滞に事故が重なって東名高速は早朝から大渋滞です。浅瀬のゲートにたどり着いたのは、もう9時を回っていました。

10320_002

今日は、いつもゲートの脇に座っているおじいさんはいません。が、猫達はいつものように出迎えてくれました。

10320_021

大股沢林道から法行沢林道へとテクテクと歩きます。満開のフサザクラやダンコウバイを眺めたり写真を撮ったり。ほら、桜ももう満開だ。何と言う桜かは知らないけれど。

今年は春の足が早いのかねぇ。

10320_053

途中、法行滝を見物したりと寄り道したりしながら、2時間林道を歩いて中法行橋へ到着です。いよいよここから沢歩きが始まります。

10320_155

なんだかとっても気持ちの良い沢だ。風景がとっても美しいんだ。

10320_169

小滝が次から次へと現れる。でも簡単に巻ける滝ばかりだから、登山靴でも遡行できる。1箇所、滝の横の崖を無理によじ登ろうとしてセミになっちゃったけどね・・・(汗) 無理は禁物。ちょっと周囲を観察すれば、簡単に巻けるルートがあったんだ。

10320_079

ハナネコノメはそこかしこに咲いています。大好きなんだこの花。可憐な花でしょう!?

10320_209

そしてムカゴネコノメも。このネコノメ、実物を見るのは初めて。嬉しいなァ!

10320_165

やっぱりハナネコは美しいね! 渓流にホント良く似合う。

10320_302

これはヤマネコノメ。

10320_231

これは・・・ヨゴレネコノメに似ているけど・・・なんだかちょっと違う気がする。

10320_259

そしてこれは・・・? ネコノメの仲間には違いないけど・・・。こんなの見た事がないぞ。

10320_176

そしてこの沢、ハナネコノメが本当に多い。これだってそうやたらと生えている野草じゃ無いのに、ありふれた草に思えてしまうほど多い。

10320_081_2

なんだこれ? 苔の仲間? これはこれでとても綺麗。

10320_111

そしてこれは? キノコみたいだけど・・・。

10320_218

法行沢の植物を充分堪能して、織戸峠へ向かって登り始めます。半年前、一人でこの廃道を歩いた時には、崩壊斜面に「おっかね~」なんて思ったけれど、今日は普通に歩ける。2回目になるとそういうものなのかねぇ。それとも今日はAYさんが一緒だから心強いのだろうか。

10320_221

中法行橋から2時間かけて織戸峠到着です。ここで遅めのランチタイム。

10320_224

ランチを食べながら相談した結果、織戸沢へと降りる事にします。ここはかつて地蔵平と水の木の集落を結ぶ道でした。東海自然歩道の一部だったという事も、何かで読んだ事があります。

が、廃道になって数十年。それでも峠の直下はわりとはっきりした道型が残っています。

が・・・すぐに道跡は消える。しかたなく、織戸沢支流の源頭部の急斜面を降りることにしました。私はお尻をつけて、滑り台のように滑って降りましたが、AYさんは立ったまま、ザザザーっと降りていく。・・・凄い技だ。

10320_228

織戸沢本流に降り立ち、ネコノメを探しながら沢沿いを歩きます。

10320_262

穏やかな沢だなあ。歩いていてとても気持ちが良い。

10320_272

あまり人が入らない沢なのかもしれません。秘境感もたっぷりです。

10320_273

堰堤を巻くために沢から20mほど上がったところにこんなはっきりとした径路を発見!

オオオ・・・。東海自然歩道の廃道跡に違いない。

面白そうだから、この道跡を辿ってみましょう。と、AYさんと意見が一致。

10320_274

朽ちた木桟橋を発見! これはもう間違い無い。東海自然歩道の跡だ。

10320_275

やがて道跡は薮の中へと消える。でもよく見ると・・薄っすらと道跡が・・・。

10320_278

危険地の通過もなんのその。もう二人は、道跡を探しながら辿るのに夢中です。

10320_279

おおっと! ここへ突っ込むか!! でもなんとなく道跡が感じ取れるんだ。

10320_280

薮をこえたらホラ。道らしくなってきたぞ。

10320_286

そして水の木沢にたどり着きました。沢の向こうは水の木集落の跡地です。最後は橋のない沢をジャブジャブと渡渉です。

10320_298

今日も楽しい山歩きでした。ホント面白かったァ~。

水ノ木から浅瀬まで、2時間の林道歩きも、ダンコウバイや山吹の花を楽しみながら退屈しないで歩けました。

ネコノメも沢山見つけたし。美しい沢の風景も堪能したし。廃道探しの探険も面白かったし。

残念ながらコガネネコノメを見つける事はできなかったけれど・・・。

いやいや。そんな簡単に見つかっちゃ、逆に面白くない。またコガネ探しの楽しみが残ったってわけサ。

|

« 早春の雨山沢 | トップページ | さくら »

コメント

shiroさん

AYさんとのコラボ、楽しかったでしょう!
彼が前にいてくれたら山中の恐怖感など何もないのです。

法行沢、織戸峠、織戸沢、水ノ木・・、何ていいところでしょう。私も大好きです。

皆さんやM-Kともいずれまた一緒に歩いて下さい。
流れをバックにハナネコが輝いています!

投稿: M-K | 2010/03/23 08:20

MーKさん、こんばんは。
法行沢は、本当に美しい素敵な沢でした。小滝が連続する風景を見れただけでも、行ったかいがありました。
AYさんと一緒だと、とても心強く、1人だとびびってしまいがちな廃道探検も、楽しくできました。
またご一緒に山歩き、是非お願いします。

投稿: shiro | 2010/03/23 19:34

shiroさん、こんばんは。

shiroさんの花の写真は本当にきれいですね!
ほれぼれいたします。
法行沢、織戸沢、どちらもいいですよね~
織戸沢に沿って、上の方にある林道はすごいですね。
道(いえ、道だった)の真ん中に木々が生えているのを見た時は
ビックリしましたよ。

ところで、ダニ被害は?
私は富士見峠の時にお風呂で2匹、
10日前に笹子沢~屏風岩山東峰を歩いた時も
やはりお風呂で1匹発見しました(泣)。
ニカニカ集会もダニ覚悟ですね~

投稿: ハッピー | 2010/03/24 22:03

ハッピーさん、こんばんは。
法行沢、織戸沢は本当に美しい沢でしね。木々が芽生える前で陽が差し込んでいたせいもあるかもしれません。織戸沢では、沢と林道の間にある、旧経路跡をたどりました。
ダニはいませんでしたよ。少しはヤブこぎもしたけれど。気づかなかっただけかもしれません。
ハッピーさんもダニ嫌いなのに、けっこう西丹沢のヤブを歩いてますよね!(笑)
ショチクボの頭は、白石沢キャンプ場からのルートと、善六山からのルートしか知りませんが、両方ともヤブこぎはありませんでしたよ。
私はそれ以外のどのルートにしようかと、考え中です。

投稿: shiro | 2010/03/24 22:54

shiroさん
ダニはこりごりですが、西丹沢は好きなんですよ~(笑)
大栂~富士見峠間のリベンジコースも、
こう歩こうと頭で計画が出来ているのですが、
怖くて実行に移せません。

ショチクボの頭は、私も白石沢キャンプ場~善六ノタワを2回、
逆コースで歩いただけです。
今度はどこを行こうか楽しみです。

それから、掲示板の方に書いた件のお答え、
楽しみにしています。

投稿: ハッピー | 2010/03/25 17:41

ハッピーさん、こんばんは。
大栂〜富士見峠のは、私も歩きたいリストに入っている尾根です。菰釣りから地蔵平へ向かう尾根も歩きたいし。いずれにしても、陽が長くなってからチャレンジするつもりです。
掲示板にも書き込みしてくださったのですか!? ありがとうございます。・・が、スミマセン。只今、出張中でして・・・。PCを見れる環境じゃないんです。ブログは携帯で見れるので、今も携帯で打ち込んでます。掲示板のレスは数日お待ちください。本当にスミマセン。

投稿: shiro | 2010/03/25 19:40

shiroさん、ご出張中ですか!
そうとは知らず、せかせてしまい、
こちらこそ、申し訳ありません。
携帯でのレス、感謝です。

投稿: ハッピー | 2010/03/25 21:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73531/47873151

この記事へのトラックバック一覧です: 世附の沢でネコノメ探し~法行沢・織戸沢~:

« 早春の雨山沢 | トップページ | さくら »