« ヌタノ丸~本間ノ頭~無名ノ頭北尾根 (前編) | トップページ | 三ノ塔 »

2010/02/02

ヌタノ丸~本間ノ頭~無名ノ頭北尾根 (後編)

前回の記事からの続きです

Tizu100111

本間ノ頭の手前、標高1100m付近で落ち葉の吹き溜まりに包まって眠ってしまいました。意外と暖かいんです。30分もウトウトとしたでしょうか。

なんだか元気を取り戻したぞ! なんて気がしましたが、それが気のせいである事はすぐ後でわかります。風邪がそんな簡単に治るわけないよネ・・・。

09131_049

さあ、もう一踏ん張りで山頂だ。

09131_050

11時50分 ようやく本間ノ頭山頂に到着です。ここまで4時間半。自分的には3時間から3時間半くらいの予定だったので、1時間以上遅れています。

体調を考え、おとなしく登山道を降りたほうが良いだろうか? と、一応は考えましたが・・・。一応はね。でも、行くサ。ここまで登ってきたんだもの。

山頂のベンチで10分ほど休んで出発だ。

09131_053

ところが、無名ノ頭への登り返しで、再び症状が悪化。たった30m程の登りなのに、脂汗が噴き出す。2度も3度も立ち止まっては、呼吸を整える。

ナンとかカンとか・・・という感じで、無名ノ頭山頂に到着です。12時10分。

もうここまできたら、予定通り無名ノ頭北尾根を降りるさ。たぶんそれが一番早いルートでもあるはず。

ただ、この体調だ。道迷いだけは絶対に避けなければ。とはいえ、未知のVルート尾根の下降だ。しかもM-Kさんのサイトにも、「道迷いしやすい尾根」と書かれていた気がする。地形図を見ても、枝分かれが激しい尾根だ。慎重にルートファインディングをしなければ・・・。この体調では、ルートをロスして登り返しなんて事になれば大変だ。下手したら倒れるぞ。

09131_054_2

北尾根(あるいは無名ノ頭北西尾根)の下降口は、山頂の真北。穏やかで、「こっちへおいでよ」と誘っているような尾根。

「慎重にRF(ルートファインディング)」と自分に言い聞かせながら、尾根に入ります。

09131_055

西側には蛭ヶ岳の稜線がくっきりと。目をこらせば、山頂の山小屋まではっきりと見えます。

地形図を何度も確認する。最初の注意ポイントは標高1240m付近。ここで尾根は二又になっているはずだ。

09131_063

下降し始めてすぐに、尾根の背は木が鬱蒼として歩きにくくなります。そこで、尾根の右下の山腹を歩きます。こんな時はより注意が必要だという事を、忘れていました。

その時! 左手5mほど先に小さなオレンジのマーキングを見つける。

「あっ! AYマークだ!」

09131_070

間違いない。達人AYさんのマーキングだ。AYさんが何でもない所にマーキングするわけがない。慌てて高度計を見る。標高1320m。地形図を見る。ぼんやりとだけれど、尾根が分岐している。

危ねぇ! このまま右手を進んでいたら、小尾根に引き込まれてしまうところだった。尾根の背を歩いていればなんでもなかったかもしれないが、右下の山腹を歩いていたから危なかった。もしAYマークを見つけていなければ、どん詰まりの小尾根に入ってしまっていたでしょう。

AYさん、ありがとう!! 本当にありがとうございます。

それにしても、このAYマーキング。木に負担をかけないように、小枝にゆる~く、小さく巻いてある。そんな所も大好きです。

コンパスで方角を確認して、北西方向へと進みます。

09131_067

要注意ポイント1240mの尾根の分岐は、なんなくクリア。ここでもAYマークを探しましたが、有りませんでした。こういう簡単な分岐にはマークしないんだよね。

次の要注意ポイントは1170m付近。ここで進路を真西に変えなければいけません。が、実際の地形はわかりづらい。地形を観察しながら慎重に歩く。

続けて1110m付近で尾根の分岐が有る。ここで再び北へ進路を変えないと、円山木沢に引きずりこまれる。ここもまた尾根の地形がぼやけていて、分岐がわかりづらい。コンパスを見ながら慎重に歩くが、「あってるだろうか・・」という不安が拭えない。そんな時AYマークを発見。良かったあ・・・。RFがあってたァ・・・と一安心です。

次の尾根の分岐は1060m付近だ。ここはわかりやすかった。北西に進む。

09131_072

標高1000mを切った辺りで、突然仕事道が現れる。

スリルと冒険を求めるVルートウォーカーとしては、少しガッカリ・・・と言いたいが、今日だけは別。ホッと安心します。ありがたい! これで間違いなく下まで降りられるでしょう。

仕事道に乗っかって、ひたすら下降していきます。未知尾根RFの緊迫感が解けたせいでしょうか、風邪の症状が悪化してきます。鼻がグジュグジュする。頭も痛ぇ。モウ~・・・。

09131_074

林道に降りる直前は急斜面。もし仕事道が無かったら、「ロープだすか?」と悩んでいたかもしれないくらいの急斜面です。そこにもこんな素敵な階段が。とても歩きやすかったヨ。グッドジョブだ。

09131_075

13時45分  早戸川林道に降り立つ。本間橋の少し先の地点。後は1時間弱、林道を歩けば車を止めたゲートだ。

さて・・・今日の冒険はここまで。

体調が悪いのによくやった。  ・・・ってか、体調悪いのに山へ入るなよ・・・

さて、その後の具合はというと・・・。

家へ帰ると熱が出ました。最悪です。・・・でも今は仕事を休めない。・・・山遊びで体調崩したからなんて、意地でも言えない。翌日は雪も降る寒さで、ますます悪化。

でも、同情無用だ! 反省も後悔も、全くしてないからね!

|

« ヌタノ丸~本間ノ頭~無名ノ頭北尾根 (前編) | トップページ | 三ノ塔 »

コメント

shiroさん、後編、ややひやひやしながら拝読。
でも、ご無事に帰れてよかったです。
老婆心ですが、体調の悪いときの単独行はやめましょうね。
といって、コラボも周りに迷惑ですし・・・
良い子は、おうちで大人しくしていましょう。
と、自戒をこめて(笑)申し上げ候。

AYさんのマーキングは、まさに“達人”マーキングなんですね。
在って、ほっ!というのは、本当に稀で、ほとんどが興ざめの範疇です。
思わず、「こんな所に付けるなよ~。自分のレベルを人に押しつけて、楽しみを奪うな~!」(地が出た(笑)品のない言葉ですみません)
と、ぼやきたくなります。
AYさんといえば、鳥や植物のことにも関心がおありのようですね。

私の風邪は、やっとどこかに飛んでいきました。
わが家から見える真っ白な丹沢を眺めて、
気持ちが落ち着きませーん。

投稿: ハッピー | 2010/02/03 10:01

shiroさんはすごい!初めての所でも下降からですもんね。
私もこのコースは歩きましたが、何時もの金魚の〇。単独だったら間違いなく本間沢行きですよ。

また、コラボよろしくお願いします。(これがダメなんですけど・・)

投稿: ミックスナッツ | 2010/02/03 17:07

ハッピーさん、こんばんは。
本当ですよね。体調不良の時に山へ登るなんて、とんでもないですよね。でも、ハッピーさんもそうでしょう?多少風邪気味なくらいで、山遊びをやめるなんて思いもしない。「歩いているうちに調子よくなるさ」なんて思ってしまう。(笑)
歩き始めはそうでもなかったんですけれど、歩いているうちにだんだんと体調が悪くなってきて・・・。その時点で、下山すべきだったんでしょうけれど、こういう性格なもんで・・・。
 
AYさんのマーキングはまさに絶妙です。小さな小さなマーキングが、目立たないようにひっそりとついているんです。山をよく観察した者だけが見つける事ができるんです。
それに鳥や植物にも詳しいし。一緒に歩いていると、色々な事を教わります。
 
それにしても、煩わしいマーキングが多いですよね。山仕事の人達のマーキングは当たり前だとしても、やたらと変なマーキングをしないで欲しい。本当に嫌なのは、缶スプレーでマーキングしているやつ。山に落書きしているとしか思えない。
 
私もだいぶ風邪が良くなりました。丹沢は雪で真っ白ですか?(ウチの方からだと、山並みが見えないんです)行きたいなァ・・・。雪の尾根にザックザックと足跡を付けに!

投稿: shiro | 2010/02/03 21:37

ミックスナッツさん、こんばんは。
いやいや、ミックスナッツさんのほうこそ、単独で凄いところを歩いているじゃあないですか!
私は、すごいというより「アホ」なだけですから。後先をあんまり考えずに、未知尾根に突入してしまいます。
読図力も、ミックスナッツさんの方が数段上である事は、一緒に歩いていてよくわかります。
こちらこそ、またよろしくお願いします。

投稿: shiro | 2010/02/03 21:43

shiroさん
こんばんわ
その後体調いかがですか?
この時季にハンターの巣窟へ!本当にお疲れ様でした。
今週は、丹沢の雪が楽しめそうですね!

投稿: AY | 2010/02/05 23:19

AYさん、こんばんは。
今回の無名ノ頭北尾根の下降では、AYマーキングのおかげで助かりました! あのマーキングが無かったら、小尾根に引き込まれて、登り返しで体力を使い果たしてしまっていただろうと思います。
この時季のあの山域は、ハンターだらけだという事がなんとなくわかってきました。でも、ヤマビル大っ嫌いな私としても、この時季に歩いておきたい山域なんですよねぇ・・・。
今週末はスノーハイクが楽しめそうですか!? 風邪はだいぶ良くなってきているのですが・・・ちょっと仕事に追われていて・・・。今週末は微妙な状況なんです。

投稿: shiro | 2010/02/06 00:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73531/47461641

この記事へのトラックバック一覧です: ヌタノ丸~本間ノ頭~無名ノ頭北尾根 (後編):

« ヌタノ丸~本間ノ頭~無名ノ頭北尾根 (前編) | トップページ | 三ノ塔 »