« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010/02/23

廃道、秦野峠の道を探索する

『秦野峠』というと、今は秦野峠林道の中間地点、虫沢林道の分岐点になっている地点の事だ。が、そこから伊勢沢ノ頭へ向かう稜線の途中に『旧秦野峠』が有る。有名なポイントだから丹沢歩きをしている人ならたいていは知っているでしょう。でもそこが、今は廃道となってしまった寄(やどりぎ)と玄倉(くろくら)を結ぶ道の峠であった事を知っている人は、そう多くはないかもしれません。と、偉そうに言っていますが、私もよく知らない。知らないけれど、廃道には興味がアリアリなのです。当然この秦野峠の道にも、前々から興味を持っていました。

ネットで下調べをしてみましたが、このルート、今はほとんど歩く人がいないようです。廃道なんですから当たり前ですが。当然このルートの情報も少ない。でも『人があまり歩いていないルート=面白いルート』という思考回路を持っている私としては、ますますそそられます。

少ないながらもネットから得た情報は、稲郷から西へ向かう杉ノ沢に沿って径路があった事。菰吊沢の少し先、林道のヘアピンカーブの地点で、林道と合流する事。(地形図に破線で記されているルートだね) 林道からオンバク沢へ入って、途中から西へ向かい秦野峠へ出る事。(この間のルートは地形図からも消されている) 秦野峠からは地形図の破線コースで蕗平橋の南へ出る事。

よっしゃ。これだけ情報があれば充分だ。後は歩きながらルートを探るのみ。

という事で行ってきました。

Tizu10221

2月21日

10221_001

朝7時30分 寄大橋の袂に車を止めて出発です。

さあ、今日も楽しく行きまっしょ!

10221_003

車道を寄方面に10分ほど戻って、みろく山荘の所で河原へ降ります。ここが杉ノ沢出合。山荘の吊橋を横に見ながら川を渡渉します。

10221_008

杉ノ沢の右岸側に立派な作業経路が有ったので、そこを辿り最初の堰堤の上に出ます。そこはこんな可愛い沢。どこでも歩けそうだが、それじゃあ意味が無い。径路跡を探しながら進むが、あまりよくわからない。いったん左岸側に渡渉して歩いてみたが、右岸側に径路っぽい跡を見つけて、再び右岸へ渡渉する。

10221_010

そこにはほら、こんな立派な径路が。

10221_012

はっきりとした径路を辿ると、大きな苔むした堰堤脇を通過。銘盤を見ると『平畑堰堤』と書いてある。

しかしこの先で、道跡があやふやになってきました。なんとなく「ここかな?」という所を探り探り歩きます。

10221_016

するとドでかい堰堤にぶつかる。もう堰堤というよりダムだ。銘盤を読むと『杉ノ沢堰堤』と書いてある。右岸側からは巻けそうも無いが、左岸側からは簡単に巻けそうだ。地形図の破線は右岸についているのだけれどなァ。もっと手前から巻く道があったのか? それとも地形図の間違い? そう。国土地理院の地形図は、登山道の表記に関してはとってもいい加減なのだ。そんな例はいくらでも有る。

と、勝手に解釈して左岸に渡って堰堤を巻く。

10221_021

堰堤の上は、こんなダダ広い河原。秦野峠林道を歩いている時、白水橋辺りで見える異様に広い河原はここだったんだ。

10221_025

径路跡を探しながら、再び右岸へ渡ると、植林地の中にこんな径路を見つける。しばらくはこの道を辿るが、やがてあやふやになり・・・ついに径路跡を見失う。

しかた無しに、沢沿いにしばらく歩く。

10221_030   

ほどなく堰堤にぶつかって行き詰る。戻るのも面倒なので、堰堤脇のこんな崖地をよじ登る・・・が、ちょっと危険。こんなところが径路であるはずが無い。崖をよじ登った先に、薄っすらと道跡らしき痕跡を見つけたので、もっと手前から堰堤を巻く径路があったのだろう。

10221_033

そうこうしているうちにヘアピンカーブの下へさしかかる。事前に調べた情報だと、ここから林道へ上がるはずだが・・・やっぱり径路跡らしきものは見つからない。しょうがない。とにかく林道へ上がるか・・と急斜面を這い上がる。

予定通りヘアピンカーブの地点で林道に出て、しばらくは林道を歩く。

10221_037 

10分ほど林道を歩くと、オンバク橋だ。ここからオンバク沢を上がるのだ。ここで二俣に分かれている沢の間に、新しそうな作業径路がついている。が、旧径路の入り口はここじゃないような気がする。全く根拠は無いけれど、なんとなくそう思った。そこで左俣の右岸に沿って登りだす。

その時の私の考えはこうだ。オンバク沢の右岸を登って、標高700m付近から西側の尾根の鞍部を目指して登っていくのじゃないだろうか。その鞍部からトラバース気味に秦野峠へ向かうのじゃないだろうか。

10221_046

標高700m付近で鹿柵にぶつかる。が、鹿柵に沿って西側の尾根に登る仕事道が有る。ここを登ってみよう。

小ピークに登り詰めてから、目指していた鞍部に降りる。

10221_050

その鞍部にはこんな石柱が有った。『神造公』と書いてある。意味は全くわからない。でも、こんな石柱が有るって事は、ここが旧径路に間違いない!

・・・と小躍りしてみる。

10221_052

そして鞍部の左右には綺麗な径路が続いている。鹿柵を乗り越えてオンバク沢をもう少し遡っていたら、この径路に乗れたのかもね。

さあ。この立派な径路を西に向かって辿ってみます。

ところがこの径路、九十九折に高度を上げていく。しかも北西に向かっている。事前の予想としては『真西へトラバースしていく』だったから「んんん?」と疑問が湧く。

が、なにしろ正解がわからないのだから、とにかくこの目の前の“綺麗”な径路を辿るしかないでしょう。

そう綺麗過ぎるんだ。土留めの杭が新しすぎる。地図から消された廃道がこんなに立派な道で有るはずが無い。次第に頭の中の疑問符が大きくなる。

10221_055 

標高が850mを越えたところで、疑問は確信に変わった。あきらかに間違えた。秦野峠の標高を越えてしまったのだ。径路の中で最も高い地点を峠とするならば、この道は秦野峠の旧道ではない。

どうする? 戻るか? でもこの径路がどこまで続いているのかも気になる。とにかく、この径路を辿ってみよう。

思うに、これはつい最近作ったばかりの仕事道だ。が、不思議なのは、ずっと自然林の中を歩いているという事。仕事道というのは植林地に造るものでしょう? これは何のために造った道なのだろう・・・。

10221_058

結局、伊勢沢ノ頭の南にあるP1086のやや南側で登山道にぶつかりました。そこにはこんな看板が。やはり仕事道でした。看板の綺麗さから見ても、最近できたばかりの道のようだ。

ここから秦野峠へ向かって一般登山道を降りていきます。

この日の山行で一番つらかったのがこの区間。雪が解けを大勢の人が歩いた登山道は、グチャグチャのヌルヌルだ。しかもこの区間は檜岳山稜で一番の急斜面。ズリズリ滑るし、靴がドロドロになる。人が歩かないVルートの方が、よっぽど楽だぜ。

10221_062

でもって、秦野峠に到着。ここでしばし考えます。予定通り、玄倉側へ向かうか? でも、オンバク沢からの径路がわからないままにしておくのも悔しい。今日はここからオンバク沢へ戻ってみよう。なんとしてもオンバク沢までのルートを探るのだ。

ロープが張られて、杭でバッテンが作られている先が旧経路です。

10221_065

通せんぼロープをまたぐと、こんな立派な径路が続いています。

10221_067

が、すぐに道型は無くなります。急斜面地で崩壊しているのです。

なんとなく薄っすらと見える道跡を探りながら歩きます。ズルズル滑る斜面をトラバース。この程度のトラバースは、特に危険を感じないけど、とにかく踏ん張って歩かなければならない。足が疲れるんだよなァ。

10221_071

やがて堰堤が並ぶ沢に出る。すぐ下には林道が見える。地形図で確認すると、あらか沢橋に違いない。なるほど、ここからなら簡単に林道に降りられそうだ。

が、旧径路はオンバク沢まで続いていたはず。・・・と東側に径路跡を探す。

10221_072

すると、この崖の向こうに径路跡らしきものが薄っすら見える。でも、この崖はトラバースできないぞ。さすがに危険すぎる。上から巻いて、崖の向こうに下りる。

10221_073

すると有った、有った。薄いけれど、道の跡が見て取れる。径路跡らしき痕跡を辿り辿り、行き着いたのが石柱の有る鞍部から数十m西側の地点。あの立派な径路からの分岐点は、「コリャ見逃すワ」というくらいの薄さ。知らなきゃ入れないね。

さて、今度は鞍部から東側へ続く径路を辿ってみます。

10221_078

堰堤がズラズラと並ぶ、オンバク沢に降り立ちました。先ほど尾根に登り始めた地点より、標高にして2~30m上の地点です。

沢を渡り、径路はさらに続いています。

10221_082

オンバク沢右俣と左俣の間を、くねくねと降りていきます。

10221_086

そして降りついた地点は、第一オンバク橋と第二オンバク橋の間。登る時に「ここは違うだろ」と思った作業道入り口でした。

 

さて

今日の冒険はこれでおしまい。

旧秦野峠道の全線探索はできませんでしたが、ともかく秦野峠東側は解明しました。(杉ノ沢沿いの径路では怪しい部分もありますが・・・)

そして、オンバク橋から伊勢沢ノ頭へ向かう新経路の発見! これはちょっと意義が有るでしょう!? え~っと・・・例えば伊勢沢ノ頭から急いで寄へ降りたい時とか・・・にはいいルートだと思うよ。

10221_015

なにはともあれ、またまた楽しい山歩きができました。

里の近くでは、もうオニシバリが花を咲かせていましたよ。

春の足音が聞こえはじめてきたなァ・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/02/15

三ノ塔

どーよ!この景色。

10214_075

丹沢でもこんな雪山の風景が楽しめるんだネ。

10214_066

今年の丹沢は例年よりも雪が多い。

・・・・ような気がする。 (裏付けなくテキトーに言ってますけど)

10214_023

雪と氷の神秘的な風景を楽しみたいのなら、今がチャンスだ。

10214_037

2月14日

ここのところ、仕事に追われまくっています。それでも14日はなんとしても山歩きをしたいと思い、前日仕事を頑張って、夜10時過ぎに帰宅。パソコンのスイッチを入れるとAYさんから「三ノ塔へ登るけど、一緒にどう?」とメールが入っていました。三ノ塔って・・・そんな有名どころに?といぶかりましたが、「お願いします!」と返事を送る。AYさんの事だから、なんか面白いルートを登るんだろうと。

朝7時前。集合場所の秦野駅で、AYさんまーちゃんと合流。ミックスナッツさんは体調が悪く、集合時間に来なかったら欠席と思ってくれという事だったので、待たずに7時5分の蓑毛行きバスに乗りました。

さっそくAYさんに尋ねます。「今日はどんなルートですか?」 すると「ヤビツ峠から普通に登山道を登りましょう」という返事。「えええ? まさか! そんなバカな!」 と思いましたが、「こんな日のVルートはラッセルだけで疲れちゃいますから。今日は山頂からの雪景色を楽しみましょう。」の言葉に「ウン・・・納得」

10214_007_3

7時30分 蓑毛のバス停を出発です。ここから柏木林道を歩いてヤビツ峠を目指します。

うっすらと雪が積もる道を、おしゃべりしながらポクポクと歩いて、1時間ほどでヤビツ峠に到着。・・・したところで、背後から声が! なんとミックスナッツさんだ。

10214_010

「やっと追いついた~」と言いながら、呼吸を整えるミックスナッツさん。なんと、1本後のバスに乗って、追いかけてきたんだって! つまり僕らが1時間で登った道を、35分で駆け登ってきたわけだ!! もうビックリだよ! なんて人だ・・・。

10214_015

さて、4人でヤビツ峠を出発。富士見山荘の前から、表尾根登山道に入ります。この超メジャーな登山道に入るのはずいぶん久しぶりです。

・・・が、やっぱりメジャーな道は歩けない人達。途中から水沢林道へ入って、ヨモギ尾根の東隣の尾根を登ってみようという事に。そのルートは歩いた事ないし、大賛成。

10214_031

踏み跡の無い雪道。雪の深さは10cmくらいでしょうか。ザクザクという音がとても心地よい。雪の山ってほとんど歩いた事が無いものなァ。

ところが・・・ここで足に違和感を感じ始めます。足がピクピクとつりっぽい感じ。雪中行軍になれていないせいか? 

アイゼンを装着して尾根の急登にかかったところで、「やっぱりきたかァ~!」と足を攣ってしまった。最近、足につり癖がついてしまったみたいで、よく攣るんだよねぇ・・・。寒い日は特に・・・。攣った足の直し方もわかってはいるけど。でも、今日は特にひどい。直しても直しても、またしばらく歩くと攣り始める。そのたびに皆さんを待たせてしまうのがツライ・・・・。ウウゥゥ・・・・。

なんとか三ノ塔山頂まで登ったけれど、これ以上皆さんに迷惑をかけられない。「スミマセン。一人で三ノ塔尾根を大倉へ降ります。」

ところが皆さん 「いい時間になったし、僕らも三ノ塔尾根で降りますよ。」

ウウウ・・・ホントすみません・・・。

10214_068

山頂で一休みしている間にガスも晴れてきて、雄大な表尾根の景色を楽しむ事もできました。

10214_059

塔ノ岳とバカ尾根もくっきりと。富士山が隠れているのだけが残念でしたが・・・。

10214_030

AYさん、ミックスナッツさん、まーちゃん。今日も楽しい山歩きをありがとうございます。そして今日は、ブレーキになってしまって本当にすみませんでした。

それにしても・・・

先々週は山歩きで熱を出してしまうし(これは風邪気味なのに強行したためか・・)、この日はいつもよりヒドイ足攣りをおこしてしまうし・・・どうしちまったんだオイラ・・。

このところ仕事に追われて睡眠不足が続いていたし、この日も3時間ほどしか寝てないし、そのせいか? ・・・いや、そのせいだと信じたい。

山歩きが唯一の楽しみなオイラにとっては、死活問題なんだよ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/02/02

ヌタノ丸~本間ノ頭~無名ノ頭北尾根 (後編)

前回の記事からの続きです

Tizu100111

本間ノ頭の手前、標高1100m付近で落ち葉の吹き溜まりに包まって眠ってしまいました。意外と暖かいんです。30分もウトウトとしたでしょうか。

なんだか元気を取り戻したぞ! なんて気がしましたが、それが気のせいである事はすぐ後でわかります。風邪がそんな簡単に治るわけないよネ・・・。

09131_049

さあ、もう一踏ん張りで山頂だ。

09131_050

11時50分 ようやく本間ノ頭山頂に到着です。ここまで4時間半。自分的には3時間から3時間半くらいの予定だったので、1時間以上遅れています。

体調を考え、おとなしく登山道を降りたほうが良いだろうか? と、一応は考えましたが・・・。一応はね。でも、行くサ。ここまで登ってきたんだもの。

山頂のベンチで10分ほど休んで出発だ。

09131_053

ところが、無名ノ頭への登り返しで、再び症状が悪化。たった30m程の登りなのに、脂汗が噴き出す。2度も3度も立ち止まっては、呼吸を整える。

ナンとかカンとか・・・という感じで、無名ノ頭山頂に到着です。12時10分。

もうここまできたら、予定通り無名ノ頭北尾根を降りるさ。たぶんそれが一番早いルートでもあるはず。

ただ、この体調だ。道迷いだけは絶対に避けなければ。とはいえ、未知のVルート尾根の下降だ。しかもM-Kさんのサイトにも、「道迷いしやすい尾根」と書かれていた気がする。地形図を見ても、枝分かれが激しい尾根だ。慎重にルートファインディングをしなければ・・・。この体調では、ルートをロスして登り返しなんて事になれば大変だ。下手したら倒れるぞ。

09131_054_2

北尾根(あるいは無名ノ頭北西尾根)の下降口は、山頂の真北。穏やかで、「こっちへおいでよ」と誘っているような尾根。

「慎重にRF(ルートファインディング)」と自分に言い聞かせながら、尾根に入ります。

09131_055

西側には蛭ヶ岳の稜線がくっきりと。目をこらせば、山頂の山小屋まではっきりと見えます。

地形図を何度も確認する。最初の注意ポイントは標高1240m付近。ここで尾根は二又になっているはずだ。

09131_063

下降し始めてすぐに、尾根の背は木が鬱蒼として歩きにくくなります。そこで、尾根の右下の山腹を歩きます。こんな時はより注意が必要だという事を、忘れていました。

その時! 左手5mほど先に小さなオレンジのマーキングを見つける。

「あっ! AYマークだ!」

09131_070

間違いない。達人AYさんのマーキングだ。AYさんが何でもない所にマーキングするわけがない。慌てて高度計を見る。標高1320m。地形図を見る。ぼんやりとだけれど、尾根が分岐している。

危ねぇ! このまま右手を進んでいたら、小尾根に引き込まれてしまうところだった。尾根の背を歩いていればなんでもなかったかもしれないが、右下の山腹を歩いていたから危なかった。もしAYマークを見つけていなければ、どん詰まりの小尾根に入ってしまっていたでしょう。

AYさん、ありがとう!! 本当にありがとうございます。

それにしても、このAYマーキング。木に負担をかけないように、小枝にゆる~く、小さく巻いてある。そんな所も大好きです。

コンパスで方角を確認して、北西方向へと進みます。

09131_067

要注意ポイント1240mの尾根の分岐は、なんなくクリア。ここでもAYマークを探しましたが、有りませんでした。こういう簡単な分岐にはマークしないんだよね。

次の要注意ポイントは1170m付近。ここで進路を真西に変えなければいけません。が、実際の地形はわかりづらい。地形を観察しながら慎重に歩く。

続けて1110m付近で尾根の分岐が有る。ここで再び北へ進路を変えないと、円山木沢に引きずりこまれる。ここもまた尾根の地形がぼやけていて、分岐がわかりづらい。コンパスを見ながら慎重に歩くが、「あってるだろうか・・」という不安が拭えない。そんな時AYマークを発見。良かったあ・・・。RFがあってたァ・・・と一安心です。

次の尾根の分岐は1060m付近だ。ここはわかりやすかった。北西に進む。

09131_072

標高1000mを切った辺りで、突然仕事道が現れる。

スリルと冒険を求めるVルートウォーカーとしては、少しガッカリ・・・と言いたいが、今日だけは別。ホッと安心します。ありがたい! これで間違いなく下まで降りられるでしょう。

仕事道に乗っかって、ひたすら下降していきます。未知尾根RFの緊迫感が解けたせいでしょうか、風邪の症状が悪化してきます。鼻がグジュグジュする。頭も痛ぇ。モウ~・・・。

09131_074

林道に降りる直前は急斜面。もし仕事道が無かったら、「ロープだすか?」と悩んでいたかもしれないくらいの急斜面です。そこにもこんな素敵な階段が。とても歩きやすかったヨ。グッドジョブだ。

09131_075

13時45分  早戸川林道に降り立つ。本間橋の少し先の地点。後は1時間弱、林道を歩けば車を止めたゲートだ。

さて・・・今日の冒険はここまで。

体調が悪いのによくやった。  ・・・ってか、体調悪いのに山へ入るなよ・・・

さて、その後の具合はというと・・・。

家へ帰ると熱が出ました。最悪です。・・・でも今は仕事を休めない。・・・山遊びで体調崩したからなんて、意地でも言えない。翌日は雪も降る寒さで、ますます悪化。

でも、同情無用だ! 反省も後悔も、全くしてないからね!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010/02/01

ヌタノ丸~本間ノ頭~無名ノ頭北尾根 (前編)

ヤッホー!

空澄み渡り、ポカポカ陽気の冬晴れときたもんだ。この日は丹沢三峰の北側の山域を探索しようって趣向です。前々から行こうと狙っていた、ヌタノ丸の尾根筋を本間ノ頭まで登って、無名ノ頭北尾根を降りてみようと思います。

実に3週間ぶりの山歩きだ。しかも単独行となると7週間ぶり。

さてさて・・・どうなるんでしょうか・・・。

Tizu100111

1月31日

早朝7時20分 早戸川林道のマス釣り場のちょっと先、現在閉鎖されているゲートの手前に車を止めます。

久しぶりの山遊びに、ウキウキしながら支度をしていると、朝の澄んだ空気を切り裂くような嫌な音。そう・・・猟銃の音です。今日もハンターが入っているのかァ。続けてもう1発。音は、P888尾根の東側から聞こえてきます。栂立あたりだろうか? 幸いこれから向かうヌタノ丸とは方角が違うから、出発するか。林道を歩き出すと、また続けて2発。テンション下がるなァ・・・。

09131_003

林道を10分も歩かないうちに、目指す尾根が見えてきました。広い河原の向こう側がヌタノ丸から続く尾根の突端だ。問題はどうやって川を渡るかだ。渡れない深さじゃ無いけど、くるぶしまで濡れるのは必至。真冬にそれはさけたいなあ。

そうだ。少し前にここを登った、ミックスナッツさんのblogには、たしか丸木橋を渡ったと書いてあったはずだぞ。と、少し上流まで歩いてみる。

09131_006

すると・・有った。こんな立派な丸木橋が。

さて、次はどこから尾根に取り付くかだ。けっこう切り立った斜面。よじ登るのはちょっとしんどそう。ミックスナッツさんはどこを登ったんだろう。あの人、凄い脚力を持っているから、これくらいの斜面でも平気で登ってしまうんだろうか・・・。などと考えながら下流側へ向かって、尾根を観察しながら歩きます。

09131_007

すると、こんな窪地を見っけ! ここなら何とかよじ登れそうだ。

急斜面と格闘する事、7~8分。40m程よじ登ったでしょうか。尾根の背に乗りました。

09131_008

そこは、私好みのこんな素敵なワイルド尾根。

さあ! ヌタノ丸に向かって尾根を辿ります。

09131_014

そこは、こんな広い尾根だったり。

09131_015

岩ゴロゴロのヤセ尾根だったり。

09131_021

急斜面と緩斜面を繰り返しながら、ヌタノ丸に向かいます。

そんな時だ・・・

なんだか体調が変な事に気がつきます。変な汗が出てくる。いつもより、呼吸も心拍数も多めだぞ。何で? 久しぶりの山歩きだから?

09131_024

そうこうしている内に、ヌタノ丸到着~! 三角点も確認しましたが、それ以外にこれといって特徴は無い。植林の山で眺望も無し。この山名板が無ければ、気付かずに通り過ぎてしまうかもしれない、平らなピーク。

この手作りのクマさん型の山名板、他の山でも見た事あったなァ・・・どこだっけ?

09131_026

ヌタノ丸の付近には、こんな焚き火の跡が何箇所も有りました。山仕事の人達か? それともハンター? 銃声もあれ以来聞こえてこないけど・・・どうぞ、今日はこの尾根で猟をしていませんように・・・と願いながら歩きます。

09131_029

やがて尾根のど真ん中に鹿柵が現れる。こんな時、いつも迷う。鹿柵の中を歩くべきか、外を歩くべきか・・・。『隣の芝生は青い』の法則。柵の向こう側の方が良く見えて、穴や脚立を見つけて、反対側へ移る。すると今度は、やはり向こう側のほうが歩きやすく思えてくる。

09131_037

標高850mを越えて、急登にかかった頃。あきらかな体調異状に、ようやく気がつく。ガクッとペースが落ちる。10m登る毎に立ち止まって呼吸を整える。脂汗が出てくる。

風邪だ。あきらかに・・・。朝から鼻がグズグズしてたじゃないか。起きた時、喉が痛かっただろう。

ダメだ・・・本間ノ頭まで、まだ標高差500mはある。こんな体調じゃ、とても登りきれない。途中で降りる事も考えなきゃ・・・。

09131_042

思考は半分停止し、ボーっとしながら歩きます。すると、いつの間にか足取りが少し軽くなる。歩きやすい。あれっと、登山道を歩いている事に気がつく。いつのまにか本間橋から登ってくる登山道と合流してたんだ。何故か「助かったァ~」という気がした。赤破線コースとはいえ、正規の登山道だ。なんて歩きやすいんだろう! Vルートとは体力の使い方がまるで違う。

この分なら、なんとか山頂まで行けそうだゾ! (・・・って、なんで無理する必要があるんだ~!)

09131_046

残雪を見つけて、わざと足跡を付けてみたりしてみます。なんだか再び元気が出てきました。

そうだ・・・一眠りしよう。ちょっと眠れば体力回復するはず。落ち葉の吹き溜まりに横たわり、陽射しをめいっぱい浴びます。火照った身体にはちょうど良い山の空気。

気持ち良いなあ・・・

ウトウトとしてきた・・・

さてさて

この後どうなるのでしょうか!? はたして体力は回復するのか!

つづく・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »