« バケモノ沢上流部探険 | トップページ | 今年の歩き初め 仲ノ沢径路~東沢乗越~同角ノ頭 »

2009/12/29

檜岳 雨山 周辺探索

なんで年末ってこんなにあわただしいんでしょうかね・・・

こんなせわしない時こそ、山を歩いてこなくっちゃ。ストレスが溜まってしまうからね。・・・なんて勝手な理由をつけてでも、山歩きは止められません。

今年最後になるであろう山歩きは、先週に続いてM-K隊にご一緒させていただきました。この日の企画は、檜岳南東尾根にシチミさんが新たに作ったという仕事道を見学。そして檜岳の北西尾根と、その北側の尾根という未知ルートの探索だって。面白そうな企画でしょう。乗っからないわけにはいきませんから。

Tizu20091227_

今日のルート図はKATさんから頂いたGPSの軌跡です。やっぱスゴイなァ、GPSって・・・。GPSロガー、買おうかなァ・・・。

091227_003

12月27日

朝8時に寒桜の咲く寄大橋に集合です。今日のメンバーは師匠のM-Kさん、ミックスナッツさん、KATさん、シチミさん・・・と私。

シチミさんは突然の参加です。作った仕事道を歩く企画を聞いて、いてもたってもいられなくなったらしい。

091227_010

寄沢の滝郷沢出合のすぐ北側。鉄製の仮設階段が取り付き口です。シチミさんの先導で出発だ。

091227_017

おお~。真新しい綺麗な仕事道だ。

091227_022

シチミさんが山仕事の表話、裏話、色々と教えてくれます。皆、興味津々で聞いています。ホント楽しくてためになる。

091227_026

なんだかいつも歩いている、暗い植林地帯とは雰囲気が違うゾ。地面まで陽が差し込んでいるんだ。ちゃんと適正な間伐をすれば、こんな明るい森になるんだって。ここら辺は、最近シチミさん達が間伐をした一帯。檜の切り屑が良い香りを漂わせています。

091227_034

標高900m付近になると、楽しい仕事道歩きも終わり、自然林の尾根に変わります。これはこれで、また素敵な尾根だこと・・・。

091227_038

10時20分 檜岳山頂に到着です。途中おしゃべりしながら、かなりゆっくりペースで登ってきました。たまにはこんなのんびり歩きも良いものです。

091227_040

ここでシチミさん。「やっぱつらくなってきたから帰るワァ」と一人下山です。登りながらも「痛ぇ、痛ぇ」と言っていたんです。だって、手術をして昨日退院してきたばっかりなんだって! 医者からしばらくは安静にするように言われているんだって! それなのに山登りだよ! やっぱりこの人も相当イカレてる・・・。

もちろん『イカレてる』はカッコイイ男の代名詞さ。

091227_041

さてと。残った4人は檜岳の北西尾根に突入です。目ざとく鹿柵の穴を見つけてしまうんですねぇ。

091227_052

私の知る限り、この尾根を歩いたという話は聞かない。(もちろん、誰か先人はいるんだろうけどね) M-Kさんだって初めてだって言うんだから。 こういう踏み跡の全く無い尾根を歩く時って本当にワクワクする。

091227_055

ヤブこそ無いものの、なかなか渋い尾根だよ。ミックスナッツさんの的確なRFで迷う事も無く降りていきます。

そして下降開始から50分ほどで、山神径路へ降り立ちました。

091227_058

山神径路をモチノキ沢へ向かって北進します。この山神径路、3ヶ月ほど前に単独で歩きました。次々と現れる崩壊斜面に「ドキドキ」と「ワクワク」と「ビクビク」が入り混じった複雑な心境で歩いたっけ。今日はこんなザレザレ斜面もハイキング気分だ。単独行をやめる気は無いけれど、「仲間と歩くのって楽しいんだなァ」とつくづく思う今日この頃です。

 

さて。モチノキ沢でランチ休憩を取った後、モチノキ沢の右岸尾根の取り付を探します。

091227_064

ですが、どこも急斜面で、楽に尾根に上がれそうな場所はありません。「ここを登ってみる?」というノリで取り付きましたが、かなりの急斜面。

こういう急斜面になると、ミックスナッツさんにぐんぐん置いていかれる。この人の脚力、ホントに凄い・・・。

091227_067

急斜面が終わると、ナント、素敵な広場のような尾根。「こりゃ、良い尾根を見つけた」と一同はしゃぎます。

091227_068

ほらほら。緩斜面の素敵なプロムナード歩きです。しかも踏み跡無し。マーキング無し。人が歩いた気配を感じません。 誰も知らない尾根を見つけた、喜びを感じながら歩きます。

091227_072

が・・・。やがて尾根は再び急斜面に。そして痩せてきて、両側は切り立った崖だ。ガランガランと自然落石の音もする。岩がゴロゴロの鋭い痩せ尾根を緊張しながら、慎重に通過する。僅かに付いている、獣の踏み跡を辿る。

こんな尾根を単独で、しかも下降で入り込んだとしたら、きっとビビッていただろうなァ。怖い怖い。ちょっとやってみたかった気もするが・・・。

091227_076

檜岳と雨山の中間に有る、P1145付近で稜線に登りつめました。そして13時30分、雨山山頂に到着です。

ここから雨山南東尾根を下降します。この尾根は、M-Kさんは既知の尾根ですが、私は始めてのV尾根。

091227_084

傾斜はきついですが、歩きやすい良い尾根です。

091227_086

標高1000m付近。 M-Kさんがルートを知っていましたが、私単独だったら迷っていたかも・・というポイントです。はっきりとした尾根をそれ、ぼやけた南向きの尾根に乗ります。

ブッシュに突入か! と身構えましたが、ブッシュの中にはっきりとした仕事道がありました。

091227_091

今日はいったい、何回鹿柵をくぐってきたのだろう。

かなりの急斜面ですが、仕事道が付けられているので歩きやすい尾根でした。

091227_105

無事、寄沢へ降りてきました。あれ!新しい木橋が渡して有る。ここは、雨の翌日などは水量が多くて渡るのに苦労していた場所なんだ。ありがたいねぇ~。

091227_106

15時ちょい過。寄大橋の駐車場に戻ってきました。今日は未知の尾根を何本もこなして、本当にお腹いっぱいです。充実した一日でした。

M-Kさん、ミックスナッツさん、KATさん、シチミさん・・・ありがとうございました。

 

そして・・・

いつもblogを読んでくださる皆様。今年一年、お付き合いありがとうございました。

来年も『おバカ』の追求は続きます。どうぞよろしくお願いいたします。

それでは・・・

良いお年を!!

|

« バケモノ沢上流部探険 | トップページ | 今年の歩き初め 仲ノ沢径路~東沢乗越~同角ノ頭 »

コメント

shiroさん

お疲れ様でした~。
そして楽しいコラボ、ありがとうございました・・。

シチミさんのガッツ! 凄いです!
(なんか悪い時に予定したな~と後悔しています。
 シチミさんの病院行きは勿論知りませんでしたが)
お陰で有意義な山行になりましたね。
感謝したいと思います。

後半の未知尾根! これまたチョベリグでありました!

よろしかったら来年もまたお願いいたします。

投稿: M-K | 2009/12/29 09:21

M-Kさん、こんばんは。
シチミさんのガッツと山バカぶり、本当に凄いです。さすがM-Kさんの1番弟子です。そしてカッコイイです。
檜岳の北西尾根もモチノキ沢の右岸尾根も、本当に素敵でした。人の歩いた気配が全く無いところも、また気に入りました。
この雨山山稜の北側には、まだ何本か歩いた事のない尾根がありますから、折を見て歩いてみたいと探索してみたいと思っています。
今年はいろいろとお世話になりました。ありがとうございます。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: shiro | 2009/12/30 00:38

「バケモノ沢上流部探険」に続いて、
「檜岳 雨山 周辺探索」を拝見すると、
それまでのVルート登山が
普通の山登りに見えてくるから不思議です(笑)。
山登りというよりは、まさに探検ですね。
ブログ上で拝見するだけでワクワクしますが、
私のような素人が知識も経験もなくできることではないですが、
山登りの醍醐味って感じですね。
私は小学校2年か3年の頃、父と筑波山(ケーブル側)に登った時、
途中で道に迷って、
とにかく上に登れば頂上に着くだろうという
父の安易な素人考えで、
そのままクマザサの中をひたすら登って、
頂上手前で登山道にぶつかったという経験がありますが、
道なき道を進むのは実に楽しかった思い出があります。
今思えば、地図もコンパスも持たずに、
実に無謀なことをした(させた?)ものだと思いますが…。

投稿: どてかぼちゃ | 2009/12/30 05:01

どてかぼちゃさん、こんばんは。
おっしゃるとおりなんです!
前回のバケモノ沢と今回の山行は、登山ではなくて探険です。一人ではビビッて尻込みしてしまうような山域なのですが、先輩方の後をくっついて楽しんできました。
 
>道なき道を進むのは実に楽しかった思い出があります
それなんです! 私が今はまっている山歩きも、まさしくそれなんです。
クマザサやヤブを掻き分けて、山中を歩く楽しさは格別です。
 
本年も拙いblogにおつきあい、ありがとうございました。
来年もまた、よろしくお願いいたします。

投稿: shiro | 2009/12/30 21:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73531/47141026

この記事へのトラックバック一覧です: 檜岳 雨山 周辺探索:

« バケモノ沢上流部探険 | トップページ | 今年の歩き初め 仲ノ沢径路~東沢乗越~同角ノ頭 »