« 神林学 展 | トップページ | レモン牛乳 »

2009/11/17

オバケ沢から三角ノ頭へ  ~初めての沢歩き~

11月15日

この日は、『オバケ沢を遡行して石積堰堤を見物してから三角ノ頭に登る』という、M-Kさんの山行企画に乗っからせていただきました。

M-Kさん達の山行に参加するのは初めてです。そして沢を遡行するのも初めて。おまけに沢を歩くために“忍”という靴を買って、初めて履きます。何もかも初めて尽くしなのでした。

091115_001

8時35分  塩水橋ゲート前に到着。遅刻しないで良かったァ、集合時間の10分前だ。と思ったら、私がドベでした。新人のクセに出遅れちゃった。(汗)

この日のメンバーは、M-K隊長以下、AYさん、Oさん、KATさん、まーちゃん、TIさん、そして私と総勢7名。私以外は丹沢Vルート界のベテランばかりだから、足を引っ張らないように頑張らなければ・・・。

091115_010

まずは本谷林道をテクテクと歩きます。紅葉を楽しみながらの林道歩き。そして穏やかな小春日和。山歩きには最高の天気です。

091115_028

1時間ほど歩いて、本谷林道の終点から大日沢に入ります。さあ、いよいよここから沢歩きだ。

この時はまだ、ワクワクしている。でもこの後すぐに、沢歩きの大変さを思い知るんだ。

091115_029

岩にへばりついたり、流れの中を歩いたりしながら沢を登っていきます。尾根歩きとは全く違う世界なんだなあ。

091115_034

危険な所は巻いて行きます。と言ったって、巻くのもそれなりに大変です。急斜面にへばりつきながらよじ登ります。

091115_041_2

「難所を越えたから、後はゴーロ歩きのお散歩コースだよ」 と、M-K隊長は言う。

確かにロケーションは最高に気分が良い。が、お散歩コースと言うには、あまりにもキツイ。

091115_044

どうやらこの日の大日沢とオバケ沢は、いつもの3倍くらいの水量らしい。M-K隊長も「こんなに水飛沫が飛び散る大日沢は初めて見た。」とか。左岸を右岸をと渡渉して歩くのも一苦労。ベテランの皆に付いていくのに必死だゼ。

091115_051

大日沢からオバケ沢に入る。美しいナメ滝を見つめるまーちゃん。でも、この人きっと、滝をよじ登る事を考えているんだろう。そう、まーちゃんやKATさんは、わざとツルツル岩をよじ登っていく。凄すぎる・・・。とてもじゃないけどマネできない。私は、どうやって巻こうかと山腹を見るのに精一杯で、滝を楽しむ余裕も無い。

091115_055

そして、激流の中をひょいひょいと歩くAYさん。超人だ・・・(ため息)。無理、無理・・・。とてもじゃないけど、こんなルート取りはマネできない。「この人の後を付いて行ったら死ぬな」と思った。私は私で、ちょっとでも安全そうなルートを必死で探る。

091115_060

11時30分 ついに最初の目的地、石積堰堤に到着です。自然石を積み上げた堰堤は迫力充分。堰堤博士のTIさんが満足そうに眺めていました。TIさんに伺ったら、昭和30年代頃の作品(?)じゃないかと。重機の入れない山奥に、よくぞこんな大岩を積み上げたものだ・・・。

091115_067

さらに上流へと詰めていきます。写真で見ると可愛い滝だけれど、実際巻くのも大変だ。

でも、本当に危ない場所ではKATさんがお助けロープを出してくれます。ホントにホントにありがとうございます・・・。

091115_068

13時半 オバケ沢の最上流部に近い二俣に到着。予定より2時間遅れ。今日はかなり水量が多かったらしい。昨日の雨のせいか?

ここで登山靴に履き替えて、三角ノ頭に登っていきます。上で丹沢写真館さんが待っているかもしれないからと、AYさん、TIさんと私が一足先に登る事になりました。

091115_069

よっしゃ。尾根歩きなら任せとけ。・・・と歩き始めますが・・・。情けない・・・。足を攣ってしまった。沢歩きで岩をよじ登っている時に、ふくらはぎをピキピキっとやっちゃったんだよなァ・・・。AYさんとTIさんに先に行ってもらって、スジを伸ばして足の攣りを治してからゆっくりとした足取りで登る。あああ・・・情けねぇなァ・・・。

AYさんが開拓したと言うこの三角ノ頭の南ルート。話を聞いた時から登ってやろうと思っていたルートです。その念願のルートで足攣っちゃうなんて。

そしてかなりの急登です。途中の崩壊斜面を渡るのは良しとしても、標高差300mずっと急斜面です。キツイ、キツイ。これぞ本当のV尾根だァ。

後からAYさんに「良い尾根だったでしょう。」と言われて「ハイ」と答えましたが・・・正直キツかったっス・・・。

091115_076

三角ノ頭の山頂に全員到着。丹沢写真館さんは、待ちくたびれて出発してしまったようでした。一休みしたら、時間はもう3時。日没まで1時間半しかないので、下山は仕事道をキュウハ沢出合へ向かって降りる事になりました。

そうそう。先月、この山へ登った時の記事では、この山の名前を『三角沢ノ頭』と書きましたが、昔からの呼び名は『三角ノ頭』だと丹沢写真館さんに教えていただきました。

091115_086

16時 歩きやすい仕事道をダダダっと降りて、本谷林道に到着です。

そしてここで丹沢写真館さんとようやく合流できました。この丹沢Vルートファンの間では超有名人の丹沢写真館さんには、初めてお目にかかります。挨拶をして握手をしていただきました。

ここから車を止めて有る塩水橋まで約1時間。日も暮れてきてどんどん暗くなってきます。が、おしゃべりをしながら歩けば、薄暗い林道歩きも、それなりに楽しいものです。

 

尾根歩きの途中で、ちょこちょこ沢を歩く事はあったにせよ、ちゃんと沢を歩くのは初めてでした。ちょっと怖い部分もあったけれど、楽しかったなあ~。大日沢もオバケ沢も、風光明媚で素敵な沢でした。自分の足で沢を遡上しなければ、決して見ることができない景色に感激もしました。

でも・・・

M-Kさんはじめ、この達人連中。本当に凄いワ! 付いて行くのが必死だった。この人達と一緒に山歩きを楽しもうと思ったら、もっともっと実力をつけなきゃダメだね・・・。 

|

« 神林学 展 | トップページ | レモン牛乳 »

コメント

shiroさん

オバケ沢ー三角ノ頭。
お疲れ様でした。コラボご参加、誠にありがとうございました。私はshiroさんの歩みを見て「アッこの人は全く問題なし!」と直ぐに分りました。
文中ではご謙遜なさっておりますが、ナニナニ全然何でもありませんね!今回はAY特攻隊長の先導でしたが、いずれはshiro さんも引っ張りの先導を良かったらやって下さい。(^^)v
沢のロケーション。未知尾根のロケーション。
夫々堪能された事と思います。素晴らしいですよね!
良かったらまたコラボにご参加下さい。

投稿: M-K | 2009/11/18 01:59

M-Kさん、こんばんは。
今回は本当にありがとうございました。
謙遜ではなく、本当に付いて行くのが精一杯でした。
が、沢の景色の素晴らしさには本当に感激しました。大日沢、オバケ沢、三角ノ頭南尾根。素晴らしいルートに同行させていただいて、心から感謝しています。
『いずれは引っ張りの先導を・・・』 嬉しいお言葉ですが、そんな実力がつくまで何年かかる事やら・・・。どうぞ、長い目で見てやってください。(汗)
またの機会、どうぞよろしくお願いします。
本当に楽しい1日でした。

投稿: shiro | 2009/11/18 21:18

shiroさん

ブログを拝見しました。
小滝上のAYさんの写真も凄いけど、花の写真が綺麗ですね。

やはり一眼系のデジカメが威力を発揮しているのでしょうか。
あるいは、大型のCCDを積んでいるのでしょうか。
いやいや、shiroさんの腕前の方が勝っていますね。
花の写真もアングルが素晴らしい。

来春ころ、花を撮るだけのコラボでも組んでみたいですね。
これからも宜しくお願いいたします。

投稿: 丹沢写真館 | 2009/11/19 12:41

shiroさん、追加です。

お会いした時、画像の容量について0.3MB位にしているとの話が出ましたが、
私は撮影時に約2300×1700ピクセルを圧縮した状態で0.8~1MBに抑えています。
しかしホームページに載せる時は、大きい写真でも600×480ピクセルに縮小し、
更に画質も圧縮して0.05~0.1MBにしています。
shiroさんの写真を右クリックして「プロパティ」を見ると、
0.2~0.35MBとかなり大きいですね。

契約しているサーバーの容量が大きければ問題ありませんが、
最近まではサーバーの価格が高くて、画像がぼけない程度まで更に圧縮してましたので、
私の古い写真には半ぼけも結構あります。

投稿: 丹沢写真館 | 2009/11/19 14:51

丹沢写真館さん、こんばんは。
山中でお会いできた事は、本当に光栄でした。いつもHPを拝見して、山歩きの参考にさせていただいていますから。
こんな拙いblogにご訪問いただき、ありがとうございます。おまけに丹沢写真館さんに、写真の事を褒めていただき・・・恐縮です。
 
このblog(ニフティのココログ)は、サーバーの容量が5Gと大きいので、写真の容量は気にせずにUPできるところが気に入っています。記事の内容や、写真の内容によって、サイズは変えていますが、圧縮はほとんどしていません。
ただ、HPの方はサーバーの契約容量が300Mと少ないので、1枚の写真を0.1Mb以下にするように、ピクセル数を抑えたり、高圧縮にしたりしています。でも、どうしても落としたくない写真もあって、0.2~0.3Mbになってしまう事もしばしばですが。
丹沢写真館さんのHPも写真がふんだんに使われていますから、サイズの加工には苦労なされている事だろうと思います。
 
元々は野草の写真を撮るのが趣味で、野草を追いかけて山奥へと入り始めたクチなんです。花の写真を撮るための山行にご一緒できたら、とても嬉しいです。
こちらこそ、どうぞよろしくお願いいたします。

投稿: shiro | 2009/11/19 21:23

サーバーの容量

5Gとは随分大きいですね。
私は10数年来のAsahi-netで、100M(1050円)でしたが、最近M-Kさんに教えてもらって、yahooの1G(525円)を契約し、大きな写真はYahooからリンクさせています。

shiroさんのカメラも素晴らしいのではないですか。
私は代々オリンパス派で、望遠、広角、接写オールインワンタイプの大型コンパクトデジカメ愛好家です。
最初はインチタイプのCCDで140万画素、落として壊したり水没の度に買い換えて、現在は1/2インチのCCDで1200万画素と、画像が鮮明になっても色調が悪くなってきました。
今流行りの一眼デジカメにすれば、インチタイプのCCDを搭載しているのですが、複数のレンズを持ち歩くのは大変です。
その点、shiroさんのレンズが固定された一眼レフは興味津々です。

投稿: 丹沢写真館 | 2009/11/20 01:00

丹沢写真館さん、こんばんは。
私はルミックスFZ-50というカメラを愛用しています。『デジイチの機能と操作性を備えたコンデジの最高機種、ネオ一眼』という触れ込みで発売されたカメラです。が、やはり中途半端な位置づけだったのでしょうか。デジイチと同じ大きさでありながら、レンズ交換ができない点が不人気だったのかもしれません。今年の夏頃、後継機種が出ないまま製造中止になりました。
でも、丹沢写真館さんがおっしゃるとおり、山歩きに交換レンズを持って歩くのは大変です。でも、花はマクロで撮りたい。鳥は望遠で撮りたい。マクロから光学12倍ズームまで対応し、しかも大型で明るいレンズのこのFZ-50は、とても気に入っているカメラです。
 
オリンパスは良いですよね! ルミックスの前は、ずっとオリンパスを使っていました。とてもシャープな画像が撮れるという印象があります。
 
また、カメラの事なども、いろいろと教えてください。実は、Vルートを歩くようになってから、あの大きなカメラが邪魔に感じ始めて・・・小さくて高性能のカメラは無い物か・・・などと考えているところです。

投稿: shiro | 2009/11/21 00:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73531/46791648

この記事へのトラックバック一覧です: オバケ沢から三角ノ頭へ  ~初めての沢歩き~:

« 神林学 展 | トップページ | レモン牛乳 »