« なんだかなァ・・・ | トップページ | ニカニカ集会 »

2009/11/01

丸渕

相変わらず調子悪いです。体調はまあまあなんですけど、精神的に。

まあこれは、私の持病なので気にしないでください。まったくこの躁鬱症には二十歳くらいの時から悩まされてきた。それでも年を重ねると共にだいぶ良くなってきているんです。症状が軽くなってきている。(若いときに発症した躁鬱は、そういうものらしいよ) 今は、気持ちがどんよりとしたり、何もやる気が起きない程度です。

長い間こいつらと付き合っているから、自分でもどうすれば心が落ち着くかはわかっているんです。欝の時にはスポーツで汗を流したり、好きな趣味に集中するのが効果的。今の私の場合は、大好きな山歩きをするのが一番です。

ただ、残念な事に・・・行く気にならない。大好きな事なのに、行きたいという気持ちがわきあがらない。でも、無理してでも行きましょう。それが自分の精神安定のためですから。

1週間くらい前に、KAZESAYAGE(通販で買っている、丹沢Vルートの小冊子)5号が届きました。今号でM-K師匠が紹介しているのは『大タギリ~大タル丸』のルート。このKAZESAYAGEルートは全て歩く事にしている私ですが、今は全く行く気にならない。「だって、危険なルートなんでしょう?」てな感じです。

ただし、これは私のためには良かったかもしれない。だってこのルート、噂は聞いていますが、とっても危険な上級者向けのルートらしい。私の実力ではどうなの? というルートです。が、躁期の私なら「ウヒャ~」とか言いながら突入している事でしょう。危ない、危ない・・・。

さりとて他に行きたいルートもなし・・・。気持ちは萎え萎え状態だから、危なっかしいルートは嫌なんだ。かと言って表尾根を歩くくらいなら、家で本でも読んでるさ。

てな感じで、気分的に盛り上がらないけど、大山北尾根の、まだ歩いていない支尾根を歩いてみる事にしました。そしてついでに、最近M-K師匠のHPで話題になっている丸渕の見物でもしてこよう。M-K師匠も、この日はこの山域を歩くらしい事がHPにそれとなく掲示してあったので、もしかしたらお会いできるかなァ・・・なんて期待もあって。

ゴメンナサイ・・・前置きが長くなりすぎたようです・・・。

09111_003_2

11月1日(日)

朝7時半頃。 札掛のいつもの駐車場に車を入れる。 尾根の名前は知りませんが、大山北尾根のP752から西へ伸びている尾根を登ります。札掛から少し北へ行った場所が尾根の取り付き。さて、どんな尾根でしょうか・・・。

09111_007

ほらほら、そこそこワイルドな尾根です。2本足でやっとくらいの急斜面有り、痩せたコル有り。それでいて危険な箇所は無い。今の私にはピッタリだ。

取り付きから1時間弱で北尾根のP752に乗りました。ここから進路を南へ。北尾根を少し登り、標高800m付近で北東へ伸びる尾根に入ります。これは18号鉄塔が有る尾根。大月尾根と呼ばれているらしい。

この尾根もまた、なかなかワイルドです。落ち葉でフカフカになった急斜面をトットットッ・・・と駆け下りる。気持ち良い・・・。

09111_018

ほどなく18号鉄塔の下へ。ここは眺望がいいので、一休みする事にします。西には丹沢山と丹沢三峰。東には大山三峰。三峰に挟まれて気持ちがいいなァ。

なんだか気分も晴れてきました。やっぱり、好きな事をやって、汗を流すのが一番効くんだ。

そこで予定を変更です。ここから大月橋のあたりへ降りて、黒岩から丸渕まで沢道を歩いていこう。この道は、私の持っている丹沢ガイドブックにも『とても良いハイキングコース』と紹介されているのですが、数年前に径路崩壊で通行止めになっている道です。

そう。廃道を歩く事にちょっと嵌まっているんです。でも廃道歩きに危険は付き物。そこを歩いてみようと思ったという事は、気持ちがちょっと上向いてきた証拠。

09111_026

唐沢林道の大月橋の脇へ降り、少し歩いて黒岩入り口へ。入り口には通行できない旨の立看です。

よしよし。そうこなくっちゃ。

この道が、元ハイキングコースながらとてもワイルド。崩れた斜面を渡ったり、橋の流された唐沢川を裸足でジャブジャブ渡ったり。

09111_029

廃道の定番、腐った木橋もちゃんと有ります。先日の山神径路以来、腐った木橋はトラウマ的に怖いのです。が、ここは簡単に巻けるのでとっても安全!

途中までは径路跡を辿ってきたのですが、物見沢に入ってしばらくした所で径路跡を見失う。

09111_031

しかたなく沢の岩伝いに歩いていたのですが、ついにこんな場所で行き詰ります。

ええい!しかたない!! と、左岸の崖をよじ登ります。 なんとかトラバースできそうな斜面までよじ登り、上流へ向かってトラバースしていきます。

その時!

沢遊びをしている3人組を発見!!

絶対M-K師匠に違いない。 と、斜面を駆け下ります。

09111_032

そこが丸渕でした。そしてM-Kさん、AYさん、ミックスナッツさんの達人3人組でした。

感激です。ネットでいつも感心しながら読んでいた達人達が、今、目の前にいるんです。

ほんの少しの時間でしたが、一緒に水遊びをさせていただきました。

 

さて・・・12時15分。

残念ながら、今日は夕方から他の約束があったのです。もっといろいろ、お話を聞かせていただきたかった・・・と名残惜しみつつ帰途につきました。

でも・・・

久しぶりのVルート歩き。そしてM-K師匠達と出会えた。楽しかったァ。だいぶ心も落ち着きました。今、昨日や今朝と比べて、心のどんよりが晴れてきているのがわかります。

本当に有意義な山歩きだった・・・

 

蛇足

帰りの東名が事故で大渋滞。3時に戻るつもりが、結局5時になってしまいました。約束は、途中でTELしてキャンセルしてもらう事に。それはいいんだけどね・・・。それだったら、M-K師匠達ともっと遊んでいればよかった・・・。

|

« なんだかなァ・・・ | トップページ | ニカニカ集会 »

コメント

shiroさん

こんばんわ
ブログアップ早いですね~!
お会いできて嬉しかったです。
また3日、ニカニカ集会でお会いできますね。
楽しみにしてま~す。

投稿: AY | 2009/11/02 00:04

shiroさん

丸渕探索お疲れ様でした。
明日もよろしくお願いします!

ところで1つ訂正のお願いがあります。
>M-Kさん、AYさん、ミックスナッツの達人“3人組”・・・
これは間違いなんです。
達人はお二方で、私はバック!バック!のよちよち1年生ですよ~。

投稿: ミックスナッツ | 2009/11/02 12:48

shiroさん

どうもでした! shiroさんにお会い出来て
うれしかったですよ~。(^^)v

私は来てくれる人の可能性はshiroさん・・と
思っていたので、イメージと違ってお若いので
頭が混乱した次第です・・。

shiro さんにお願いがあります。(他の方2~3人の
方もおいでですが、お読みでしたらよろしく・・)

我らは皆同等です。私に師匠はBuu-・×なのです!
しかし我らがお師匠さんはお師匠さまです。
しかしネットの上ではあくまでも「○○さん・・」と
呼びあい、書きあうことにしましょうね。

3日、楽しみです!

投稿: M-K | 2009/11/02 15:54

AYさん、こんばんは。
本当に、お会いできて光栄です。
恐ろしいようなヤブ尾根を歩かれている山行記から、“恐い人”をイメージしていましたが、お優しそうな雰囲気にビックリしてしまいました。
またいろいろなお話を聞ける事を、楽しみにしています。
これからもよろしくお願いいたします。

投稿: shiro | 2009/11/02 20:40

ミックスナッツさん、こんばんは。
本当にお会いできて光栄でした。
>達人はお二方で・・・
お二方はもちろんですが、私に言わせればミックスナッツさんも達人ですから。(KAZESAYAGEにだって、そう書いてありましたし!)
またお話をできる事を楽しみにしています。
これを期に、よろしくお願いいたします。

投稿: shiro | 2009/11/02 20:47

M-Kさん、こんばんは。
HPを見て、また丸渕に行かれるのではないかなァ、とは予想していたんです。
でも、時間もルートもわかりませんし、「お会いできたら嬉しいなあ」とは思っていましたが、本当にお会いできるとは!
昨日は、残念ながら夕方から用事が有ったので、ゆっくりお話しすることも、水遊びを楽しむ事もできなかったのが残念です。
明日はまた、いろんなお話が聞ける事を楽しみにしています。
>ネットの上ではあくまでも「○○さん・・」と
呼びあい、書きあうことに
了解しました。“師匠”と呼ぶのは、心の中だけにしておきます。
M-KさんのHPでVルートの歩き方、楽しみ方を教えていただいています。私にとっては師匠なんです。

投稿: shiro | 2009/11/02 20:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73531/46645268

この記事へのトラックバック一覧です: 丸渕:

« なんだかなァ・・・ | トップページ | ニカニカ集会 »