« 丹沢縦走 | トップページ | センブリ »

2009/09/25

岩沙参の道 ~同角山稜~

09923_049

9月23日

丹沢の中でも、まだ行った事の無い山はたくさんあります。特に、玄倉川北側の山域はまだ歩いた事がありません。私が丹沢歩きを始めた頃には、もう玄倉林道は完全封鎖されていましたから。

丹沢の地図を眺めながら「ここら辺も歩いてみないとなァ」なんて思うわけです。「まずは同角山稜からか」と。大石山・・・石小屋ノ頭・・・同角ノ頭・・・

そこでまずはググってみます。

ウィキにはこんな事が書いてあります。『大石山 : 丹沢山地の山で特にアクセスの悪い山・・・』

別のサイトにはこんな事も『玄倉林道が閉鎖されている今、大石山は丹沢の中でも最も行きにくい山の一つ』

なるほど、なるほど。そういう事ならオイラの出番だ。「行きにくい」なんて言われたら、ますます行きたくなってしまうじゃあないか。

という事で、シルバーウィークの最終日は同角山稜を歩いてきました。

コース及びタイム

新松田駅(7:20)・・・バス・・・箒沢公園橋バス停(8:35)~板小屋沢ノ頭(10:00)~ヤブ沢ノ頭(10:45)~石棚山(11:00)~テシロノ頭(11:25)~同角ノ頭(12:30)~石小屋ノ頭(13:05)~大石山(13:40)~ユーシンロッジ(14:25)~雨山峠(15:15)~稲郷(16:50)~寄バス停(17:10)

09923_038 

西丹沢の箒沢公園橋からまずは石棚山稜を登り始めました。ここの登りはキツイ、キツイ。自分でも不思議なくらい足が上がっていかない。言い訳すると、2日前に丹沢主脈を縦走した時の疲労が抜けきっていないんだ。

3時間弱かかって、ようやくテシロノ頭に到着。自分のイメージでは、2時間半くらいだったんだけどなァ。さあ、いよいよここから同角山稜へと入っていきます。

同角山稜の道は赤実線コースですし、いろんなガイドブックに載っているコースですから、私がコース説明をする必要も無いでしょう。

でも、あえて言わせてもらうと・・・この道はキッツイ。アップダウンが激しいんだ。おまけにザレた急坂を下る時には、足を踏ん張らなくてはならないから、余計に疲れる。

玄倉林道が封鎖されてユーシンロッジが閉鎖されている今、おそらく歩く人がいなくなってしまった道なんでしょう。赤実線のコースなのに道は荒れています。木々の枝葉は登山道に張り出し、倒木が道をふさぎ、しばしば通るのに苦労する。道が崩壊している場所もありました。そのうち、破線コースに格下げになるんじゃないかなァ、なんて思ったりしました。

でも、こういう山道の方が好きなんです。私個人的には。

09923_074

そして誰とも会わない山道(こんなに良い天気の連休だっていうのにね)。これがいいんだなァ~。山を独り占めしているようで。

この山稜で出会ったのは一人だけ。同角ノ頭ですれ違いました。ビックリしたのは彼がトレランの格好をしていた事。こんなキツイ山道を走っているのか!? スゴイ奴がいるもんだ。

そしてこの山稜をとても気に入った理由がもう一つ。

大好きな岩沙参(イワシャジン)の花が、尾根のいたるところで咲いていた。青紫のこの花、とても好きな花なんだ。

09923_082

イワシャジンだけじゃあないよ。ほら、シラヒゲソウも見つけた!

09923_121

あッ、タンザワヒゴタイだ!

なんて珍しい山野草を見つけては喜々としていたわけですが・・・。

 

5時間歩いてようやく大石山へ到着しました。そしてアップダウンの激しい道は、予想以上に体力を奪います。大石山へ着いた時には、もうヘトヘト。山名の由来となった大きな岩もチラ見しただけで、ゆっくり見物する余裕さえ無いほどでした。

なるほど『丹沢で最も行きにくい山』と言われている事に納得。

09923_135_2

ユーシン、雨山峠と越えて、稲郷へ降りた時には本当に疲れきっていた。時計を見ると16時50分。ヤバイ・・・寄発のバスは17時10分だ。これを逃すと1時間待ち。普通に歩けば30分かかる道を、最後の力を振り絞って小走りに駆け下りる。ギリギリセーフでした。

バスの中で今日の山行を振り返る。こんなキツイ山歩きは初めてだ。2日前の縦走の疲れが残っていた事、ロングコースだった事、アップダウンが激しかった事、道が荒れ気味だった事・・・いろんな事が重なって、本当にしんどい山歩きでした。

・・・でも。

面白かったなァ。いい山だった。数々の山野草にも出会えたし。

また来よう・・・同角山稜。

|

« 丹沢縦走 | トップページ | センブリ »

コメント

shiroさん
健脚ぶりに驚きです!コース取りも凄い・・。
自身に満ち溢れているのが伺えます。
石棚山へ登るルートのVコースをKAZESAYAGEで
取り上げる予定でいます。(何号になるか未定)
こちらも楽しんでみて下さい。
岩沙参、白髭草、丹沢肥後躰・・いいですね~!
以前はホトトギスが林道脇にいっぱい咲いて見事だった
のに近年はまるで少ないです。

投稿: M-K | 2009/09/26 11:30

M-Kさん、こんばんは。
>健脚
とんでもないです! 正直言ってヘロヘロでした。同角山稜の道が、こんなにキツイなんて思いませんでした。しかもエスケープルートの無いコース・・・。ヘロヘロになっても歩ききるしかなかったんです。coldsweats01
それでも、山野草にたくさん出会えて、充分楽しめました。写真をUPした花以外にも、シオガマギク、ハンカイシオガマ、タテヤマギク等々。
ホトトギスも少しは咲いていましたが、以前はいっぱいだったんですか!? 鹿に食べられてしまったのでしょうか・・・。
 
石棚山のVルート、楽しみにしています!! 地形図を眺めながら、「ゴーラ沢の方からも登れるのかなァ?」なんて考えていたところです。

投稿: shiro | 2009/09/26 20:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73531/46311997

この記事へのトラックバック一覧です: 岩沙参の道 ~同角山稜~:

« 丹沢縦走 | トップページ | センブリ »