« それでもバカは山へ登る | トップページ | 遥かなり・・・蛭ヶ岳 »

2009/08/18

残暑お見舞い申し上げます

09818_001_2

毎日暑い日が続きます。とは言え、朝晩の空気はだいぶ涼しくなってまいりました。

夏もあと僅かですねぇ・・・。

私はと言うと。忙しく仕事をさせていただいています。毎年この時期は、わりと忙しいんです。そして仕事の休みは、相変わらず山歩きをしています。

やはり暑さの中での山歩きは、けっこう体力を消耗するのでしょうか。疲れが取れないんですよね。自分でもわかってはいるんです。若い頃のような体力は無い事は。でも、「もう若くないんだから」と言われるのが大っ嫌い。「てやんでぇ!まだまだ若いワ!!」となって無理してしまう。

そういう性分ですから。

どんなに疲れていても、山歩きはやめません。

09816_025

先だっての日曜日にも、やっぱり丹沢へ行ってきました。

マルガヤ尾根という山を歩いてきました。ここはまともな登山道ではない。バリエーションルートというやつです。地図にもガイドブックにも記載されていないルート。もちろん道標もない山道・・・いや道すら無かった・・・。

実はココ、M-Kさんという丹沢の達人が、KAZESAYAGEという小冊子で紹介していたルートです。

素敵な山歩きでした。誰もいない山の中をザックザックと登っていました。楽しかったぁ。この楽しさは、たぶんやった事が有る人にしかわからない。言葉では表現できません。

ミズヒ大滝の横から尾根に取り付きました。が、見ても崖のような急斜面。「おいおい・・・こんなとこ、とても登れないだろ。」としばらく見ていると、不思議な事に「あ~行って、こ~行けば登って行けるかも」とルートが見えてくる。

でもね。これはM-Kさんが『ここから尾根に登る』と書いているのを、読んでいるからできる事です。そうでなきゃ、とてもこんな急斜面を登ろうなんて思うわけが無い。登ったとしたって、その先に歩ける尾根が有るかどうかだって判らないのですから。

だから、こういうルートを開拓している達人達に畏敬の念を感ぜずにいられません。

ホント・・・凄い人達だ・・・・・

09816_030

M-KさんのHPの掲示板に、さっそくカキコミをしたんです。『マルガヤ尾根を歩いて、楽しかったぁ』という事を。

『バリエーションルートを歩く事は、危険に身を投げ出す事。安全に登って無事に帰る事を心がけるよう』という趣旨のレスをいただきました。

なんだか考えさせられてしまいます。・・・そうだよなぁ~。

あまり深く考えず、ろくな装備も持たず、散歩の続きみたいな感覚で山奥へと一人で入って行く私。

一般登山道をチョロチョロしているうちは、それでも良いのだろうけど。先日のようなVルートを歩いていると、フッと「いいのか?」と思ってしまうこともあるんです。前にも書いたけれど、熊が出るかもしれない。足をとられて滑り落ちるかもしれない。動けなくなっても、何日間も誰も通らないかもしれない。そんな所を一人で歩く事に恐さを感じないでもないんです。

でも、Vルート歩きの面白さを知ってしまった。これはちょっと止められない。そんなドキドキ感も、面白さの一つなのかもしれません。

09816_052

さて・・・もうまもなく秋風も吹き始める事でしょう。

自分で決めていた、夏の宿題が残っているんです。

丹沢最高峰の蛭ヶ岳に登る事。

けっこう丹沢は歩き回ってますけど、まだ蛭ヶ岳には登っていないんです。恥ずかしながら・・・。

別に暑い夏に行かなけりゃいけない理由は無いんですけどね・・・。なんか真夏に登る事に意味が有るような気がして・・・・ちゃんと説明はできませんが。

早く行かないと、夏が終わってしまうなぁ・・・。

|

« それでもバカは山へ登る | トップページ | 遥かなり・・・蛭ヶ岳 »

コメント

shiroさん
拝読しました。(^^)v
コマーシャル付きで誠にありがとう
ございます。

>どんなに疲れていても、山歩きはやめません。
 
 素晴らしいです!
 私も同年代の人を見れば狂った?ように
 元気です。正に山から元気を頂いています。

>丹沢の達人・・。

 私はヘロヘロオジンなのです!
 ただ知ったかぶりしてペラペラは達人です。

蛭ヶ岳のお写真がすばらしい!
「山と渓谷」「岳人」のグラビア写真ですか?
ウソ!(馬鹿な私をお許し下さい)
「俺の山紀行」にこんな写真が載っていたら
少しは世間に名が売れるのかも知れません。

>一般登山道をチョロチョロしているうちは・・。
 
 仰ること・・。そうなんです!
 危険なんです。しかし「禁断の木の実」を
 食べてしまったんです!

家電量販店に安価な携帯ラジオがあります。
ホームセンターに折りたたみの小さい鋸が
あります。この二つは是非お持ち下さい。

投稿: M-K | 2009/08/20 08:21

M-Kさん、こんばんは。
無断でお名前を出してしまって・・・スミマセン。coldsweats01
 
>狂った?ように元気です
そりゃぁそうでしょうとも!!
山行記を、いつも読ませていただいていますから。パワフルさには、いつも舌を巻いています。
 
写真をお褒めいただいて、光栄です。
マルガヤ尾根を登りつめて、鍋割尾根から撮った蛭ヶ岳です。この日は夏にしては珍しく、くっきりと見えました。実はまだ1度も、蛭ヶ岳の山頂に立っていません。この夏に白馬尾根か市原新道で登る計画を考えていました。が、M-KさんのHPで早戸川林道が通行止めになっていることを知り・・・どうしようかなぁ・・・と思案しているところです。
 
アドバイスありがとうございます!
携帯ラジオと折りたたみ鋸は、さっそく買いに行きます。

投稿: shiro | 2009/08/20 23:13

またぎのようなみなさんですねえ。

滝のしぶきが飛んでくるよう、見晴らしのよい木陰の風もきっと気持ち良かったことでしょう。

写真を拝見して、涼風を想像しています。

投稿: takaryuu | 2009/08/23 11:47

takaryuuさん、こんばんは。
滝のしぶきが飛んでくる場所は、真夏でも冷涼な空気がとても気持ちがいいです。
真夏に山を登ると、滝のような汗が流れます。が、山を渡る涼しい風が汗をかいた身体を抜けるときの気持ち良さ!
そんな事を表現したかった写真です。takaryuuさんに判っていただけて、とても嬉しく思います。

投稿: shiro | 2009/08/23 21:48

ご無沙汰をしておりました。
ningyoです。

愚息のデキコンで、棲み家探し、家財道具準備、引越しの荷造り、おまけに重~~い家具運びまで、夏中全てに関わってヘトヘト。
どうします?お嬢さんが、「お父さん子供が出来たので、結婚します」なんて言ったら。。。

お~!!きれいですねえ~!山!
なんだろう?この透明な空気!

前回の水墨画の様な雨の山も好きですが・・・

滝、見飽きませんよね?
水は良いヤネ!
音、動き、湿気、想像しただけでもゾクゾクします。
危険な香りもプンプン。

どうか お怪我をなさいませんよう!
また楽しませてくださいませ。

追伸:
庭の手入れを久々にしたところ、ヒルがウジャウジャ!
あのねっとりとした光り具合がたまらなく気持悪い!
小さな三角の頭も、醜悪の極みです。
shiroさんの天敵みたいに、張り付くのでしょうか?
パンツ一丁になりたくないですう。

投稿: ningyo | 2009/08/24 23:00

ningyoさん、こんばんは。
デキコン?  ってことは・・・あ!おめでたい事ですよネ!
とりあえず・・・おめでとうございます!!happy01
とうとうningyoさんにもお孫さんが・・・
私にも近い将来、そうなるのでしょうか・・・う~ん・・考えられない・・・。
 
>前回の水墨画の様な雨の山
雨の中を歩きながら、ningyoさんのお父上が雨の中でスケッチをされていた話を思い出したりしました。
雨の光景もはたから見ている分にはいいですが、でもやはり、雨の中を歩くものではありません。あの後体調を崩して、しばらく尾を引いていました。
 
>ヒルがウジャウジャ
お庭にヒルが!?!?
そりゃ、大変だ!!
とにかく私、ニョロニョロ系が苦手なんです。
三角の頭のヒルなら、きっとそれはコウガイビルというヤツです。私の天敵ヤマビルのように、人の血を吸う事はないようですよ。
くれぐれも、早まってパンツ1丁になりませんよう。一応私も、周りに人がいないことを確かめた上で、パンイチになっていますから。(笑)

投稿: shiro | 2009/08/25 21:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73531/45966480

この記事へのトラックバック一覧です: 残暑お見舞い申し上げます:

« それでもバカは山へ登る | トップページ | 遥かなり・・・蛭ヶ岳 »