« 梅雨明け | トップページ | 汗ダラダラで・・・丹沢山 »

2009/07/21

雲の中を・・・大室山・加入道山・畦ヶ丸

09715_096_2

7月19日

前回の記事での予告通り、西丹沢の山々を歩いてきました。

西丹沢自然教室から犬越路~大室山~加入道山~モロクボ沢の頭~畦ヶ丸~自然教室という周回コース。

夏山の花、シモツケソウが咲き始めていました。大好きな花です。美しい花だよねぇ・・・

09715_001

朝7時、西丹沢自然教室前の駐車スペースに車を入れます。もうすでに10台以上の車が止まっています。でも、5月に来た時にはこの時間でもう3~40台止まっていましたから。真夏の丹沢は人が少ないから好き。みんな暑いのを敬遠しているんでしょうね。

さて、これから歩く予定の大室・加入道は初めての山です。ワクワクします。今日は初めての山域ですから、バリエーションルートではなく、ノーマルな赤実線ルートを歩きます。のんびりと楽しく行きましょう。仕度とストレッチをして7時15分に出発です。

09715_009

自然教室から用木沢出合を経て犬越路へ。このルートは5月に檜洞丸から下ってきた時の逆コース。

西丹沢と静岡の一部にしか自生しないというヒトツバショウマ(上の写真)を初めて見つけたり、準絶滅危惧種のタチキランソウを確認したりと、雑草WALKERとしては幸せを感じながら登っていきます。今日も気分は上々です。

09715_057_2

犬越路からは尾根に乗って、大室山山頂を目指します。

風が強い。夏の登山で風は本当にありがたいのだけれど、それにしても強い。風速10mは超してるな。木々がきしんでいます。

時折見える富士山は、頭にすっぽりとベールをかぶっています。う~ん・・・こんな富士山もまたいいね。

09715_108

10時半。大室山山頂に到着。

えっ?山梨百名山!? この山、神奈川じゃないんだ。いつの間にか山梨まで来ちゃったの? と思って地図を確認すると、神奈川と山梨の県境でした。

09715_121

山頂付近ではバイケイソウが咲き始めていました。

この山は、ブナの森の山。本当に気持ちの良い山だ。

09715_176

ところが次のピーク、加入道山へ向かって上機嫌で歩いている間に天候急変。気が付けば尾根の下は真っ白に! 谷から雲が湧き上がってきているようです。

09715_182

そしてあっという間に、尾根道も霧に包まれます。いや、これは霧じゃ無い。雲だ。雲に包まれてしまったんだ。真昼間とは思えないくらい薄暗い。10m先が見えません。

これがホワイトアウトか!!

いや・・・大袈裟です。

09715_187

11時45分。加入道山到着。

先ほどから雨がバラバラと降ったり止んだり。

09715_189

12時。白石峠に到着。

さて、どうしよう。

計画ではここからモロクボ沢の頭~畦ヶ丸と回って西丹沢へ降りる予定だったけど、この天候だ。ここから用木沢出合へ降りる方が正解かもしれない。ここから畦ヶ丸方面へ向かってしまえば、西丹沢へ降りるエスケープルートはなさそうだ。どうする、どうする?

いったん落ち着けと、とりあえずおにぎりを食べながら『山と高原地図』を取り出す。そしてコースタイムを計算する。ええ~っと・・・1時間10分に30分足して25分足して・・・・ああっ! もうめんどくさい!! なんかパッと見た目で3時間ちょっとくらいじゃないの? ここから用木沢出合へ下りても2時間ちょっとはかかりそうだ。たとえ雨が本降りになったとしても、1時間余分に歩く程度なら。それに、本降りにはならないんじゃない? カンだけど。エエ~イ! 行っちゃえ行っちゃえ! とモロクボ沢の頭へ向かって歩き出します。

こういうテキトーでいい加減な判断が、山では命取りになることはわかっているんですけどねぇ・・・。こういう性分なもんで。

それに丹沢あたりで遭難して死ぬ事もあるまい。・・・って、だからその甘い考えがイカンのだって、判ってはいるのだけど・・・性分なもので・・・。 でも、マジで『山を舐めるな』を肝に銘じないと。判ってはいるんですけど・・・。

(この記事を書くに当たって、地図のコースタイムを計算してみました。白石峠~モロクボ沢の頭~畦ヶ丸~西丹沢は4時間25分になっていました。が、この日実際は3時間半で歩いていますので、パっと見た目のカンもあながちはずれではない。)

09715_191

相変わらず雨は降ったり止んだりの繰り返しです。でも、こんな真っ白な空気に包まれた山道も悪くは無い・・・なんて思ったりもしてました。決して負け惜しみじゃないよ。だって、こんな光景も神秘的でしょう? 雲の中を歩くのも、また良し・・・としよう。

09715_230_2

水晶沢の頭、ジャガクチ丸、バンの木沢の頭、モロクボ沢の頭といくつかのピークを越えて、13時45分畦ヶ丸に到着です。

白石峠からここまでの尾根道は、ベリーグッド!! 適度なアップダウンが、とても気持ちが良い山道でした。それに何よりもいいのは、人が歩いていない事。犬越路~大室山~加入道山は、ガイドブックには必ず載っているコースですから、さすがに多くの人が歩いていました。(それでも表尾根に比べたらとっても静かな山ですが) それに比べ白石峠から畦ヶ丸までは、1組のパーティとすれ違っただけ。こういう静かな山道が大好きです。

09715_262

畦ヶ丸から西丹沢までの道も、また素敵だったなぁ。途中から沢沿いを歩くルートなのだけれど、この沢がまた気持ちがいい。沢道も数々歩いてきたけれど、その中でもこの沢道は格別だ。沢の景観がとっても美しいんだ。水音も綺麗だし。それにしても水の流れる音って、なんでこんなに癒されるんだろうね。

09715_268

3時半。無事、西丹沢自然教室に到着です。降りてきた山を眺めながら、しばし余韻を楽しみます。

それにしても、今日はバテた・・・。8時間15分の山行。最近では一番長く歩いたかも。

今日も楽しませてくれた山々に感謝。雲の中を歩いた事も、素敵な思い出さ。

 

今日のオマケ。 『これって何??』

09715_260

畦ヶ丸から西丹沢への道標に付いているこのマーク。 これ何? 他では見た事が無いけれど、畦ヶ丸のマーク? 何の意味が有るの?

なんだか気になるんです。とても良いデザインだから。

|

« 梅雨明け | トップページ | 汗ダラダラで・・・丹沢山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73531/45703793

この記事へのトラックバック一覧です: 雲の中を・・・大室山・加入道山・畦ヶ丸:

« 梅雨明け | トップページ | 汗ダラダラで・・・丹沢山 »