« 汗ダラダラで・・・丹沢山 | トップページ | それでもバカは山へ登る »

2009/07/30

熊の話

09613_187

最近では毎週のように丹沢へ行き、山を歩き回っています。

「今日も山へ行ってくる」と言うと、アイカタ(奥様)から「熊のいるような所へ行っちゃダメだよ」と言われるわけですが「ハイハイ」とテキトーに答えて出かけるわけです。「熊のいない山なんか無いよ」などと答えると、メンドクサイ事になるものですから。

友人達からもよく聞かれるんです。「熊、出るんじゃないの?」と。そりゃ、山ですから、熊ぐらい住んでるでしょう。『熊注意』の看板も見かけますし。でも、あんまりピンとこないんですよね。と言うか、現実味を感じないというか・・・。「熊に出会うなんて、宝くじに当たるみたいなもんさ」なんてお気楽な事を言っていました。

こないだまでは・・・

それが・・・熊の存在を間近に感じてしまったんです。

いえいえ、熊を目撃したわけではありません。「足跡を見た」という、その程度の話なんですが・・・

0975_037

先日、寄から鍋割山を目指して歩いている時の事です。コシバ沢から鍋割峠へ登るつもりで、寄沢沿いの登山道を歩いていました。途中の涸れ沢を横断する時、沢の上へ向かってうっすらとした踏み後とピンクのリボンが続いているのを見つけてしまったんです。沢の名前はわかりませんが、地獄崩と呼ばれている沢の1本南の沢だったと思います。

ちょっとした好奇心から、登山道を離れその涸れ沢を登り始めました。今から考えれば、バリエーションルート初心者の私としては、10年早い行動でした。

やがて、とんでもない急斜面を四つん這いで登るはめになり、気がつけばうっすらとした踏み後も消え、続いているのは鹿の足跡ばかり。

それでも道迷いしたわけではなかったんです。地図で有る程度の現在地は把握していましたし、登りつめれば鍋割山稜の登山道に出る事は確実に判っていましたから。とにかく鹿の足跡をたどるように登ります。

その時です。鹿の足跡の上に、見慣れぬ足跡が。

熊だ!!

一瞬息が止まりました。熊の足跡なんか見た事は無いのですが、大きさといい形といい、熊以外にありえないと思いました。くっきりとした足跡で、付いたばかりのように思いました。

「まさか熊が通ったばかりか? まだ近くにいるのか?」

青くなりました。冷静さを失いました。だって、歩きながら何でも写真に撮る私が、こんな貴重な物を撮っていないんですから。まったく、写真に撮らなかった事は不覚です。でも、それどころじゃなかったんです。

周りを慎重に伺いながら、わざと手を叩いたりしながら登りました。尾根の登山道に出た時には、本当にホッとしました。

たかが足跡を見たというだけですが、熊の存在を間近に感じた初体験でした。

0975_042

話し変わりますが。

20数年前、まだ私が20代前半だった頃。定職に付かず、アルバイトでお金を貯めては旅して回っていました。今だったらニートと言われるのでしょうが、当時はプータローと呼ばれていました。そんな事はどうでもいいのですが。

北海道を旅しているとき、森という町である農家に数日間お世話になっていた事があります。ジャガイモの収穫などを手伝いながら、寝床と食事を世話になっていたんです。

農作業もひと段落した昼下がり、その家の親父さんから「釣りに行かないか」と誘われました。二つ返事で喜んだ私は車に乗せられ、どんどん山の中へ入って行き、林道の終点で、「ここから沢を歩いて登るぞ」と渡されたのが釣り道具と刃渡り20cmくらいのナイフです。それはナイフと言うより短刀でした。「何ですかコレ?」という私に、「熊に襲われたらこれで戦え」と言うのです。「はあ?」です。でも親父は真面目な顔で言うのです。「熊の張り手を食らったら終わりだ。張り手が来る前に懐へ飛び込め」と。「懐へ飛び込んで、心臓めがけてナイフで突け」と。

オイオイ、何を言ってるんだ。と、ポカンとしている私をさらに驚かせたのは、親父が猟銃を担いだからです。たかが釣りをするのに猟銃かい! でもどうやら、それが当たり前の事らしいのです。 

北海道の人達にとっては、『山へ入る』イコール『熊と出合ってもおかしくない』なんでしょう。そしてこれは北海道に限った話ではない。丹沢でだって、山へ踏み入れば熊に出会うかもしれないんです。丹沢には、それほど多くの熊は生息していないかもしれません。でもいる事は間違いない。

0975_058

熊の足跡を見て以来気になって、“丹沢 熊”でググってみました。

出てくる出てくる。丹沢でも私の想像以上に、熊の目撃談が出てきます。中には、熊と格闘したなんていう猛者もいます。それも昔の話ではなく、最近の話として。

これはちょっと、真剣に熊対策を考えなければならない。山を歩く以上、当然、熊と出会う可能性があるのだ。

もちろん熊鈴は持って歩いています。いや・・・でもこれは熊鈴じゃないかも。

実は、あの熊鈴の『ガラン ガラン』とした音が好きじゃないんです。静寂を楽しむのも、山歩きの魅力の一つ。あの『ガラン ガラン』はちょっと・・・。という訳で、東急ハンズでいろいろと鈴を鳴らしてみて、一番綺麗な音色で上品に鳴る鈴を買ってきて、それを持って歩いています。『チリ~ン チリ~ン』と。こんな上品な音で、熊鈴として役に立つのだろうか? という疑問は常々持っていました。やっぱり役に立たないか・・・。

0975_120

そうそう。それで、熊対策と言ったって、いったいどうしたらいいの?

サバイバルナイフでも買って、持って歩いた方が良いのでしょうか。北海道の親父の言葉を思い出します。

「張り手が来る前に、懐へ飛び込め・・・」

できるわけねぇだろ! そんな事できるの、ランボーくらいだろ。

とりあえず・・・

『ガラン ガラン』とうるさい熊鈴でも買いに行くか・・・。

|

« 汗ダラダラで・・・丹沢山 | トップページ | それでもバカは山へ登る »

コメント

shiroさん
楽しく拝見しました。 先日というか6月20日の
私自身の山行で(戸沢ノ頭東面)実際に斜面の下方を
横切っていく親子熊(子2頭)を発見しました。
その時当方は2名、静かに降りていましたので母熊は
こちらを見上げる事なく左手に歩いていきました。
私は単独でVルートをやる時は熊対策を頭におきます。危険度レベルを勝手に想定し①熊鈴、笛、ラジオ
②カンシャク玉ピストル、皮手袋、ヘルメット、ピッケルと装備を整えます。危険地帯に入ったらイメージトレーニングし「かく闘うのだ・・」と臨戦体勢で進みます。 失礼しましたcoldsweats01

投稿: M-K | 2009/07/31 15:44

M-Kさん、こんばんは。
コメントいただいて感激です!
M-Kさんが熊を目撃した時の山行記録は、もちろん読ませていただいています。
私なんか足跡を見ただけで青くなってしまったのに、実際に熊を目撃なんかしたら、M-Kさんのような冷静な対応ができるでしょうか?
熊対策のアドバイス、ありがとうございます。
カンシャク玉ピストルかぁ。なるほどです。確かM-Kさんが熊に会った時も、カンシャク玉ピストルを使ってましたよね。
皮手袋はいつもリュックに入れていますが(防寒&岩場用として)、熊対策としては何故?
ピッケルはまさか熊と闘うためでしょうか?
闘うイメトレ・・・
ウウウ・・・。やっぱりVルートを歩くには、熊と闘う覚悟が必要なのでしょうか? ちょっとヘコみます。despair

投稿: shiro | 2009/07/31 21:17

熊の足跡!
それは、すごい体験をなさいましたね。
ご無事でなによりです。

私は丹沢山系のはしっこの某神社で巫女さんのアルバイトをしたことがありますが、やはり「熊に注意しろ」と、神主さんに言われたことを思い出しました。(頂上社に行く場合のみ)
で、熊は基本的に「人がいるのがわかっていれば、近寄らない」のだそうで、しかも複数人間がいる場合、おのずと逃げてゆくとかで、ラジオを鳴らしながらがいいそうです。
あと、死んだフリはダメだそうです。
相手が逃げるかどうか、にらみ合いだそうですよ。
向かってきたら、戦うしかないそうです。

聞いた話で恐縮ですが。

投稿: みみこ | 2009/08/01 01:01

みみこさん、こんばんは
丹沢で頂上社が有る某神社と言えば、あそこですね。
あの山にも当然熊はいるのでしょうね。表参道は人が多いから、熊も避けているかもしれませんが、北尾根あたりにはいそうな雰囲気です。
あの神社のお守りをリュックにぶら下げて歩いてはいます。熊よけのご利益が有るのかどうかはわかりませんが・・・。
>複数人間がいる場合、おのずと逃げてゆく
へぇ~! そうだったんですか。ラジオを鳴らしながら歩いている人は、時々見かけます。ラジオにはそういった意味があったんですね。
 
死んだふりはダメですよねぇ。熊を前にして、横たわる勇気もありませんし・・・。
にらみ合いも聞いた事はあります。出くわしてしまったら、とにかく目をそらさずににらみ合うしかないでしょう。相手の熊が気弱で有ることを願いながら・・・。
>向かってきたら、戦うしかない
やっぱりそうか・・・sad
 
いろいろとアドバイスありがとうございます。

投稿: shiro | 2009/08/01 22:07

北尾根に熊はいます。
去年の10月頃一の沢峠から16号鉄塔に向かって歩いているときに木の上でドングリを食べている熊に出会ってしまいました。熊のほうもビックリしたらしく、木から5~6メートル落ちましたがまったくダメージを受けた様子も無く、札掛側の斜面をすごいスピードで駆け下りていきました。ドングリのできる季節には、木の上にも注意が必要だと思います。

投稿: kasihara | 2009/08/10 19:05

kasiharaさん、こんばんは。
熊に遭遇されたんですか!!
いやはや・・・ご無事でなによりです。
一の沢峠から16号鉄塔の間は、私も2月に歩きました。狭い痩せた尾根の木々の間を縫うように歩いた事を覚えています。
あそこに熊がねぇ・・・確かにいてもおかしくない雰囲気でした。人も滅多に歩かないルートでしょうし。
それにしても、木から熊が落ちてきたとは!
さぞビックリされたんでしょうね。

投稿: shiro | 2009/08/10 21:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73531/45786068

この記事へのトラックバック一覧です: 熊の話:

« 汗ダラダラで・・・丹沢山 | トップページ | それでもバカは山へ登る »