« 雲の中を・・・大室山・加入道山・畦ヶ丸 | トップページ | 熊の話 »

2009/07/27

汗ダラダラで・・・丹沢山

美しい山の花は数多かれど

夏の女王はヤマユリだ

麗しい容姿

甘い香り

夏の強い日差しが似合う花

09715_004_3

7月26日(日)

この日は午後に用事が有ったので、山歩きをするのはあきらめていたんです。どうせ天気予報ではぐずつくはずだったし。

ところが早朝5時過ぎ。トイレに起きた時にちょっとカーテンを開けてみてビックリしました。眩しい朝日。抜けるような青空。こんな日に山へいけないなんて! そんなバカな事があるか!! 急いで支度して、まだ寝ているアイカタ(奥様)に「2時までには帰る」と言い残して、車に飛び乗りました。

東名高速を走りながら、さてどこへ行こうかと考えます。2時までには帰らなけりゃいけないので、西丹沢方面は無理。そうだ天王寺尾根を登って丹沢山へ、というのはどうだろう。天王寺尾根はメジャールートなのに、まだ歩いた事がありません。そうだそうだ、そうしよう。

という訳で、秦野中井ICで降りてヤビツ峠の向こう側へ・・・

09715_002

7時15分  塩水橋ゲート前へ到着。

春秋のシーズンは、駐車場所にも困るくらいのこの塩水橋ですが、真夏はやっぱり空いているね。そう言う私も、真夏にココへ来るのは初めてです。だってこの辺はヤマビル地帯。ヤマビル大っ嫌いな私が、夏のこの山域に近寄るはずがありません。・・・去年までの私ならね。

でも今年のテーマは『ヤマビルなんかに負けないゾ』ですから。「出るなら出やがれ」です。そして登山靴にヤマビルファイター。頼りはこいつだと入念に吹き付けていると、靴が白く泡を吹いてきた。オイオイ・・・いくらなんでもかけ過ぎだゼ。

09715_008

ゲートをくぐって、林道を歩き出すとすぐにヤマユリを発見。大好きな花を見つけてテンションが上がる。本谷川にかかる橋の上から「なんて綺麗な渓流なんだろう」と、またまたテンションが上がる。そして道端にミツバの花が咲いているのを見つけて、喜々として写真を撮る。

その時だ・・・。目の端にうごめく影が。

出やがった!!

そう。天敵のヤマビルです。

でも今日は自分でもビックリするくらい冷静です。3歩下がって数を数える。2・3・4・・・6匹。こちらへ向かって這って来る。チッ! 忌々しい奴らめ、写真くらいゆっくり撮らせろ!!

アゲアゲだったテンションが一気に下がります。ホントにこいつらのマイナスパワーは凄まじい。

09715_010

30分ほど本谷林道を歩いていますが、天王寺尾根への取り付きが現れません。地図だとこの辺のはずなんだけどなあ。今日は下調べもしていないし・・・見落としたか? なんて少し不安になりかけた時に登山道入り口の道標。なんて判りやすいんだ。さすがメジャールートだ。

09715_022

この天王寺尾根、植物相が貧弱な植林の山ですから、雑草マニアの私としては、あまり面白くない山です。が、時々現れる雑木林。ほら、こんなに素敵なブナの大木も。

そして急坂と緩やかな坂を繰り返す道は、変化があって面白い。なかなか歩きやすい山道です。

が・・・

それにしても暑い。ピッチが上がりません。体調は悪くないはずなんだけど、いつもよりもゆっくりペースでしか歩けません。

汗をかくことは好きなんだけど・・・。

09715_050

マルバダケブキの花も咲き始めました。

決して美しいとは言い難い、雑な感じのする花ですが・・・。鮮やかな黄色い花は、遠めで見ればそれなりに綺麗。

09715_064

10時

堂平からの登山道との合流地点。ここまでで2時間45分かかっています。2時までに帰るためには、12時半には塩水橋へ戻らなければならない。ちょっと急がなければ・・・とピッチを上げようとするも、上がるのは息だけ。暑い・・・。クソ暑い・・・。

09715_070

登山道合流点から先は、こんなに気持ちの良いブナ林の道。下草も豊かで、私が一番好きな山の光景です。

09715_080

おおっ! 鎖場だ。

でもゆっくりなら、鎖に頼らなくても登れる程度。

09715_116

この鎖場からの眺めは最高です。冬の空気が澄んだ日ならば、関東平野が一望できるのではないだろうか。

09715_092

そして嬉しい発見!

初めて見る花だ。 一瞬、「ヤマハハコか」と思ったが、葉っぱが違う。今まで見たことが無い花だ。夢中になって写真を撮る。野草を求めて野山を歩く“雑草WALKER”としては、一番幸せなひと時。

(今、名前を調べ中ですが、どうやらヤハズハハコという花かもしれない・・・)

09715_114

10時45分。 丹沢山山頂到着。 お馴染み、百名山の標識。

汗を拭いて一息入れていたら11時になってしまった。ヤバい。12時半には車へ戻らなければならないのだ。1時間半で降りられるのか? とにかく急ごう。

帰りは時間短縮のため、堂平へ降りる。

09715_131

12時。 堂平の塩水林道へ降りる。ここまで山頂から1時間。山道を早足で下りてきた。ここからは林道を通常ならば1時間ちょっと。30分で行こうと意気込み、小走りで駆け下りる。

走ったり歩いたりしながら12時45分に塩水橋ゲートへ到着です。予定よりも15分オーバーだが良しとしよう。

もともと予定なんて立ててないみたいなものだからね。いつもそう。行き当たりばったりの山歩きだけれど、これはこれで楽しいんだ。

09715_132

それにしても静かな山歩きだった。メジャールートなのに、ほとんど人が歩いていない。天王寺尾根では出会った人0。山頂でも休んでいた人、6人だけ。帰り道でもすれ違ったのは3人だけだ。

やっぱり夏の暑い丹沢、みんな敬遠しているんだろうね。

よしよし。 みんなは、長野でも群馬でも、涼しい山の方へ行ってろ。

夏の丹沢は俺に任せとけ!

てなわけで、来週はどの山へ登りましょうか。

|

« 雲の中を・・・大室山・加入道山・畦ヶ丸 | トップページ | 熊の話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73531/45761176

この記事へのトラックバック一覧です: 汗ダラダラで・・・丹沢山:

« 雲の中を・・・大室山・加入道山・畦ヶ丸 | トップページ | 熊の話 »