« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009/06/28

幽玄

09628_051

今日は早起きをして、山へ行ってきたんです。

昨夜の天気予報では、曇りながら雨は降らないはずだったのに・・。

登っている途中で雲行きが怪しくなってきて、ついにはポツポツと。

慌てて山を降りました。

良かったぁ。早めに山を降りる決断が正しかった。麓に下りた時には、本降りに。

それにしても、当たらんねぇ・・・天気予報。

でも

悪い事ばかりじゃなかったんですよ、今日の山行。

鍋割山の山頂から見た富士山には感動した。

こういうのを“幽玄”と言うのだろうかと、しばし見とれていました。

いろんな山からいろんな姿の富士を見てきましたが、こんな富士山は初めて見た。

雲の海原にうかぶ西丹沢の山々と、富士の山。

写真が下手なのが残念です。実際はこの写真よりもずっと神秘的だったんだから。

この直後でした、ポツポツときだしたのは。

09628_021

そしてもう一つ。

フフフ・・・・・

ずっと探していた野草、ナツノタムラソウをついに見つける事ができました。

これは嬉しい。

あまり咲いていない、希少種なんです。

 

てなわけで

きょうも良い山歩きができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/26

今日は暑い日でした

それにしても今日は暑かった。

32℃だったんですって・・・。

暑いのはわりと平気だし、好きなんですけどね。きゅうに暑くなったものだから、身体が付いていけない。

車がね。もうダメなんですよ。前にも書きましたけど。結局、買い換える事にしたんですけど、納車にまだしばらくかかるみたい。

なにしろエンジンルームから、オイルの焦げた匂いがするんですよ。エアコンを付けると、その匂いが車内に充満して気持ちが悪くなるので・・・。

エアコン無しの車はきついですね。

今日はどうしても荷物を持って動かなければならなかったので、しかたなく車を動かしました。ホント、しんどいワ。こんな日にエアコンの使えない車は。

09614_026_2

基本的には暑いのは得意です。今日みたいな梅雨の晴れ間は「気持ちいいなぁ」なんて言いたいところなんですが・・・。

これが平日だからムカつく。

ラジオの天気予報で「日曜からまた梅雨空が戻ります」なんて言ってるからムカつく。

いいんだよ、仕事の平日はいくら雨が降ったって。日曜さえ晴れてくれたら。

このところずっと、日曜日が天気悪いでしょう。いい加減にして欲しいよ。休みの日に野山を歩く事だけが楽しみなんだからさぁ。

先週の日曜も雨で、一日退屈だったっけ。もう今週は、何が何でも行くけどね。雨が降ろうと、槍が降ろうと。

いや・・・もちろん槍が降ったら行かないけど・・・。

雨が降っても行かないか・・・。ずぶ濡れで歩いたって面白くないしね。

でも、小雨くらいなら・・・。

問題はヒルだ。あいつら、ジメジメした日には必ず出てくる。

ホント、大っ嫌いなんだヤマビル。雨なんか降ったら最悪だ。山道の傍らで無数のヒルがうごめいているんだから。

・・・・やめようね・・・こういう話。想像しただけで気分が悪くなってきた・・・。

とにかく。

明後日の日曜日。晴れてくれ、とは言わないから。なんとか雨が降らないでいて欲しい。

09614_037

ゴメンナサイね。なんだかグチっぽくなっちゃって。

それでは・・・

マイケル・ジャクソンの冥福を祈りながら・・・。

若い頃、さんざんムーンウォークの練習したっけなぁ・・・。

結局、上手くできなかったけど。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/06/15

スリルを求めて・・・雨山・檜岳

6月13日(土)

最近、マイナールートを歩く事の面白さに目覚めてしまったのだ。誰ともすれ違わない山道。整備されていない山道。道標の無い山道。道なのかどうかさえわからない山道。そんな道をドキドキしながら歩く面白さ。雑草WALKERとしては、誰もが歩くハイキングコースよりもそういう道の方がお似合いでしょう?

この日のコースは丹沢で一番人気の塔の岳・鍋割山の隣に位置しながら、ほとんど人の訪れない雨山山稜に狙いを定めました。ここら辺の山は、まだ歩いた事がありません。ネットで探ってみると、『道が険しい』とか『迷った』とかの情報が目に付きます。昭文社の山と高原地図でも赤実線コースながら(危)マークと(迷)マークが付いています。

ヨシヨシ。冒険心がくすぐられる。

という訳で、今回のルート決定です。いざ出発!

寄~寄沢~雨山峠~雨山~檜岳~伊勢沢の頭~秦野峠~シダンゴ山~寄

 

09613_005

7:20 寄(ヤドリギ)バス停に降り立ったのは私ひとり。静かな山歩きを予感させます。きっと山向こうの大倉バス停は、今日も大混雑でしょう。

上の写真は寄バス停付近の山間風景。こういう風景、本当に心が癒されます。

09613_017

林道を50分ほど歩いて、登山道入り口に到着。なんて賑やかな登山道入り口でしょう。

さあ、ワクワクしながら山へ踏み入ります。

09613_020

寄沢の右岸を左岸をと渡渉を繰り返しながら登っていきます。

09613_022

事前のネット情報では、『道迷いしやすいルート』との事でした。が、いたるところに道標が立てられており、迷いようがない。まるで高尾なみの親切さ。道標の新しさから見て、つい最近ルートが整備されたのかもしれない。

09613_047

おお! 警告看板だ。いよいよ危険ゾーンへ突入か!

09613_055_2

土砂で崩れた橋が!! これは危険だ。

と思いきや、橋の上に新たなルートが付けられていて、安全に歩く事ができました。

09613_080

10:00 雨山峠に到着。 ここまで危険な道も迷いそうな事も全く無く・・・少し拍子抜け。

ですが、途中若者2人に抜かれた以外は人に会わず。静かなマイナールートで有ることは間違いない。

09613_081

雨山峠から雨山山頂へ向けて登ります。写真では判りづらいですが、かなりの急登。この日で一番きつい道でした。

が、ブナの山道を歩くのは本当に気持ちが良い。きつい坂でも気分は爽快です。

09613_082

10:30 雨山山頂到着。

が、取り立てて眺望も無く、そのままスルーです。

09613_098

11:10 檜岳到着

この山の名前を読める人は、かなりの丹沢通。 ヒノキダケではなくて、ヒノキダッカと読みます。

09613_097

檜岳山頂で、北側の山並みを眺めながらおにぎりを食べます。

見た事の無い山々だ。ずいぶん丹沢に来ているけど、まだまだ見た事の無い山もたくさんあるものだ。1/25000の地図を広げて、山座同定を試みるが、地図に山名の記載が無い。山と高原地図を広げてみる。向山ノ頭とか裸山丸とか女郎小屋ノ頭とかいう山々だろうか。カッコの良いやまだなぁ。いつかあの山々にも登らねばなるまい。

09613_109

次のピーク、伊勢沢の頭へ道はアップダウンの緩やかな雑木林の道。そして林床はマツカゼソウの大群落。きっと花の咲く秋には見事な光景だろうなあ。

09613_113

11:45 伊勢沢の頭に到着。

雨山からここまでの尾根道は、とても気持ちの良い道でした。冒険を求めてきた身としては拍子抜けですが、本当に良い山道。こんな素敵なルートなのに、何故人気が無いのでしょう。と不思議になります。が、いつまでも静かなまま残っていて欲しいとも思います。

09613_119

伊勢沢の頭山頂付近は、トリカブトの大群落。猛毒を掻き分けて歩く道・・・と考えるとちょっと不気味。

それにしてもいつも思います。丹沢は隣の箱根山塊や高尾山塊と比べて、山野草がとても貧弱。これはきっと増えすぎた鹿が、草を食べつくしてしまうせいでしょう。そしてトリカブトやバイケイソウやマツカゼソウなど、鹿が食べない毒草が大群落を作るのでしょう。このまま丹沢は毒の山になってしまうのか・・・。

09613_145

12:30 秦野峠到着です。

伊勢沢の頭からここまでの道は、傾斜の急な道です。下りでも急すぎてしんどいくらい。逆コースだととてもきついかもしれない。

09613_146

秦野峠から林道秦野峠へ向けて、少し歩いた場所。道標の裏にはっきりとした尾根道が。1/25000にはこの道の記載は無い。山と高原地図を開いてみると、なるほど、日影山から大野山へ抜ける尾根道の入り口かもしれない。この道もいつかは歩かねばなるまい。

09613_149

両側を鹿柵に挟まれた細い道。鹿柵はしょうがないとしても、有刺鉄線を使うのはヤメロ! 山椒の木をよけようとして、有刺鉄線で腕に擦り傷を作ってしまった。有刺鉄線で怪我するくらいなら、山椒のトゲに刺さった方がよかった・・・。

09613_166

13:00 林道秦野峠に到着。

車両通行止めでハイカーも少ないこの峠に、この立派な石碑は・・・。こういうのを無駄使いって言うんじゃない?

まあ・・・どうでもいいけど。

09613_168

林道秦野峠から虫沢林道を少し歩くと、すぐに山道の入り口が始まります。地図で確認すると、ダルマ沢の頭を経てまたこの虫沢林道に降りてくる道です。以前ダルマ沢の頭は登った事があります。登りがとてもきつかった事を思い出して、このまま林道でショートカットする事にします。

09613_188

シダンゴ山山頂直下の急登。それほどきつい坂ではありませんが、長い事歩き続けてきた足には、とてもこたえます。

09613_194

13:45 シダンゴ山到着です。

この山へ来るのは2度目ですが、眺め良くとても気持ちの良い山頂。草むらに寝転がってしばし昼寝。あ・・・風が気持ち良い。15分ほど寝て、体力復活です。

09613_191

歩いてきた山稜を眺めます。みぎのピークから雨山、檜岳、伊勢沢の頭でしょうか・・・。テキトーにカンで言ってますけど。

さあ、ここから一気に山を駆け下りて、15:00無事に寄のバス停に到着です。

 

スリルと冒険を求めた山行でしたが、とても快適で素敵なルートでした。一部険しい場所や崩れた場所もありましたが、とても気持ち良く歩ける道。それでいて人が少なく、(何しろ雨山峠から林道秦野峠まで、出会った人はゼロ)静かな山歩きができる。

という事で

またまた有意義な山歩きを楽しめました。

満足じゃ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/06/11

さよならレガシィ

車のエンジンルームから白煙が! もうビックリです。

09531_254

愛車はスバル レガシィ  もう10年も乗っています。

別に車好きではありません。しいて言うなら、あまり興味が無い。

それでもこのレガシィは気に入っていました。いい車だなあ、と思っていました。

そんなレガシィのエンジンが白い煙を吐きだしたんです。兆候はあったんです。最近なんだか焦げ臭いなぁ、と思っていました。

調子良く走っていたのに・・・ショック。

09531_140

いつも見てもらっている整備工場の言う事には・・・

別にそんな深刻な事ではないと。

スバルの水平対向エンジンの宿命なんだって。(よくわからないけど・・・) エンジンが古くなってくると、オイルが染み出して、それがエンジン熱で燃えるのだそうな・・・。

「近距離なら大丈夫。長距離を乗って、エンジンが過熱してくると、煙が出てくるけどね。」

その近距離と長距離のボーダーラインって何kmなんだよ。

「まあ、煙は出るけど、染み出したオイルが燃えてるだけだから、そんなに心配する事もないけどね。」

エンジンから煙が出てるのに、『心配する事もない』だって? その感覚がわからない。

「でも、火が出る事も有るかもしれないから、気をつけて。」

ホラ! 深刻じゃん! 心配あるじゃん! 走行中に火が出たら、死ぬじゃん! とにかく直してくれ~。

が・・・

直すにはエンジンをオーバーホールせねばならず、30万くらいはかかるだろうと・・・。

それを聞いた時に悟りました。 「ああ・・・こいつとは、もうお別れなんだ」・・・と。

もう10年も乗っている車です。これからあちこちのパーツが壊れだすのでしょう。高額の修理代をかけるのなら、買い換えた方が得策なんだろう。

09531_048

とりあえず考えると乗って帰ってきましたが・・・。たぶん買い換える事になるのでしょう。

そう思うと、感慨が深まります。急に愛着が出てきたりもします。なにしろ10年も一緒にいたんですから。

思えば、それほど大切に扱っていなかったかもしれない。可哀相なことをした・・・。ろくに洗車もせず。『汚い車だなあ』なんていつも言われて。

というわけで・・・

ちょっとセンチメンタルになっています。

そうだ・・・

洗車してやらなくっちゃ・・・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/06/08

ヒルとかヘビとか・・・塔の岳

昨日、6月7日の話です。

5361

まだ梅雨入り前だと言うのに、うっとおしい天気が続いていましたから。久しぶりの晴れの日曜日と言う予報に、いてもたってもいられなく、早起きをして小田急に飛び乗っていました。この日は夕方から用事が有り、早く帰らねばならないので、お手軽な塔の岳にでもと思ったものですから。

7時半頃、大倉へ到着してビックリしました。いつも登山客で賑わう大倉ですが、いつもの10倍くらいの混雑ぶり。イヤ大袈裟でなく。「なんだコリャ?」と思ったら、バカ尾根でボッカ駅伝大会の日でした。

こんな日のバカ尾根はのんびり歩けるはずもありませんから、政次郎尾根を登るつもりで戸沢林道を歩き始めます。

5429

1時間ちょっと歩いて戸沢に到着。塔の岳はこんな重たい雲の中。ピーカン天気の予報だったはずなのに。

政次郎尾根に取り付いて、前日までの雨で湿った山道を歩きます。おまけにジトジトした空気。嫌な予感がしてたんです。そしたらホラ! 濡れた枯葉の上にうごめく影が・・・。

出た!!!

私の天敵ヤマビルです。今年、初の目撃。もうとにかくヤマビルは大っ嫌い。実際に咬まれた事も有るんです。気が遠くなりましたっけ。

のんびりと歩いていたらヒルに襲われますから、急登を駆け上がるように登ります。やがてご年配のハイカーに追いつく。即行で抜かねばならない。何故なら、『ヤマビルはパーティーの後ろの人に襲い掛かる』というジンクスがあるからです。(真偽の程は判りませんが・・・) 抜きざまに「ヤマビルがいましたよ」と挨拶すると、「ええ。何匹か見かけました」とにこやかに返される。なんてのんきな! と思いながらどんどん急ぐ。休憩もできない。立ち止まると奴らにヤラれるのだ。やがて親子3人のパーティーに追いつく。これも即行で抜かねばならない。でも、今回はヒルの事は言わない。子供をビビらせちゃ可哀相かなと思ったもので。

5538

そんな感じでぐんぐん登っていると、今度は道の傍らに不吉な影が・・・

ヘビ~!!

これまた天敵、ヘビの登場だ。もうヘビは生理的に無理。立ちすくんでしまった。が、立ち止まるとヤバイ。ヒルに襲われる。さあさあ、どうする、どうする! と、ヘビとにらみ合ったまま長い時間が経った(ような気がするが、実際は数10秒位か?)。やがてヘビは林の中へ消えていく。

勝った・・・!

ヘビとの戦いに勝った。さあ急ごう。靴にヒルが取り付いていない事を確認して、また先を急ぐ。

結局、戸沢から書策小屋まで1時間15分で駆け上がる。これは恐ろしく早いペースだ。ヒルへの恐怖心がこのスピードを生むのだ。恐るべしヤマビル・・・。

5543

廃墟と化した書策小屋の前でこの日初めての休憩を取りながら、ようやく気持ちが落ち着く。ここまでくれば大丈夫。ヤマビルは1000m以上の高地にはいないはずだ。

さあ、ここから塔の岳まで気持ち良いアップダウンの表尾根を約1時間。・・・のはずだったが・・・。あれれぇ? 足が思うように上がらない。飛ばしすぎたのだ。結局塔の岳山頂まで1時間半かかってしまった。これはおそろしく遅いペースだ。恐るべしヤマビル・・・。

5611

塔の岳山頂はこんな感じ。晴れていましたが眺望はゼロ。でもこれはこれで、雲の上にいる気持ち良さがありました。

下山路は、バカ尾根に決めました。「人が多いだろうから、ヒルに襲われづらいんじゃないかな。」と思ったからです。そうとう曖昧な根拠ですが。

でもバカ尾根の下りは大好きです。トントン、トントンと気持ちよく下れる尾根です。

この日のバカ尾根は、ボッカ駅伝の競技が終わった選手達が、走りながら尾根を下っていきます。それにつられて、私もちょっと走ってみます。

あ、気持ちイイ!

『山道はのんびり歩く』を信条としてはいますが、ちょっと走ってみるのも意外と気持ちいい。歩いたり走ったりしながら、大倉まで1時間45分で下りてしまいました。いつもは2時間15分くらいですから、驚異的に早い。

結局この日の山歩き、早かったり遅かったりの、めちゃくちゃペースで・・・こんなので筋肉に影響ないわけありません。今日はすごい筋肉痛です。両太ももが痛くて、階段を登るのも一苦労です・・・。

5630

というわけで、写真を撮る余裕も無いほどの、変な山歩きでしたが・・・。

この日の収穫。初めて見る花です。今名前を調べ中ですが、ヒメマイヅルソウとかいうやつかな? 可愛い花だったぁ・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »