« 雨水 | トップページ | 大山北尾根 »

2009/02/27

ちょっとショックでした・・・という話

0928_015

ムスメが彼氏を連れてきたんです。

どうします?・・・こんな時。

確かに彼氏ができた事は聞いていましたし、「一度家へ連れてこい」と言ったのは私です。だけど・・・なにも本当に連れて来る事はないじゃあないか。

どういう態度をとったらいいの?・・・こういう時。

なんだかずいぶん爽やかな少年でした。

シャクに障る・・・

イヤ・・・なんにもシャクに障る理由なんて無いんですけどね。ムサイ奴より爽やかな奴の方が、良いに決まっているんですけどね。

「○○と言います。○○さんとお付き合いさせていただいています。」なんて言いやがるんですよ。ずいぶんしっかりとした少年じゃあないですか。

シャクに障る・・・

イヤ・・・グズグズの奴より、しっかりした奴の方が良いに決まっているんですけどね。

それよりもっとシャクに障るのは、その時の私の返事です。

「あ・・・。よろしくお願いします。」だって・・・。

バッカじゃないの。なにをお願いしてんだか・・・まったく。

気の利いた返事一つできなかった自分に・・・ショックです。

だけど・・・

どういう返事を返せばいいの?・・・こういう時。

0928_014

先週末は久しぶりに丹沢へ登ってきたんです。新しく買ったイタリア製のトレッキングシューズを履いて。まだ春の花達を愛でるには早すぎましたけどね、冬から春に変わりつつある空気を楽しんで・・・

と言うわけにもいかなかったんです。

2時間半ほど登ったところで、足を攣ってしまいました。いわゆる“こむら返り”というやつ。猛烈な痛さに、1歩も歩けなくなってしまいました。山の中で1時間ほど休んで(というより倒れこんで)、予定の半分で山を降りてきました。

冬の間、運動不足だった事。新しい靴に慣れていなかった事。インナーをはいていなくて足が冷えた事。などなど原因は考えられるのですが。

これは相当ショックでした。

だって歩く事が何よりも大好きな私が、歩いていて足を攣ってしまったのですから。こんなショックはありません。

歩く事だけは自信が有ったのに・・・

今度の日曜日にも、山へ登る予定にしているんですけどね。

実はちょっと恐いんです。「また足を攣ったらどうしよう・・・」と。もし、また攣ってしまったら、歩く事に自信がなくなってしまいそうで・・・。

でも、恐がっていてもしょうがない。本格的な野の花のシーズンが始まる前に、自信を取り戻しておかなければ。野草の花を探して、野山を駈けずり回る季節が始まる前に・・・・・

|

« 雨水 | トップページ | 大山北尾根 »

コメント

ふむふむ・・・。
それはそれは・・・。
先週、同じような事が我家でも有りました。
長く付き合っていた彼女と別れた息子が、新しい彼女を連れてきました。
初めてでも、父親と娘ほどショックは有りませんよ。息子と母親の場合は。
「はいはいいらっしゃい」ってなもんです。

けどね、舐められてはいけない。
言ってやりましたよ。
夜に「始めまして、こんにちは」と入ってきたので。
「夜は、「こ.ん.ば.ん.は」って言うんだよ~~!」って。

娘の彼氏にお願いしちゃいましたかぁ。
これから何人も、お願いしちゃう人を連れてきますよ!
お父さん頑張って!足攣ってる場合かい?!

                  ningyo

投稿: ningyo | 2009/03/01 15:50

ningyoさん、こんばんは。
そちらでもですか!? 奇遇ですね♪
いやはや、本当に困ってしまいました。こういう時ってどういう対応をしたらいいのやら。
でも、こういう時は『母は強し』ですね。ウチのアイカタも、初対面なのに仲良くおしゃべりしていました。
>夜はこんばんは
そりゃそうですよね。でも、「小うるさそうなお母さんだ・・」なんて思われませんよう、お気をつけて。(笑)
 
これから何人も連れてきちゃうんでしょうか?
そりゃ、困るなぁ。ちょっと返しの練習をしておかなくっちゃ。「よろしくお願い」なんてマヌケな事を言わないように・・・。
本当に足攣ってる場合じゃないや。

投稿: shiro | 2009/03/01 21:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73531/44194534

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっとショックでした・・・という話:

« 雨水 | トップページ | 大山北尾根 »