« 今年もやっぱり紅葉です 2 | トップページ | 今年もありがとうございました »

2008/12/07

スケッチ ~初冬~

08127_016

何度と無く言ってきましたが、私は冬が嫌いだ。

とにかく寒いのが大っ嫌いなんだ。暑いのはたいがい平気なのだけれど、寒いのはダメ。

だいいち喉が弱くて、乾燥した空気ですぐに喉を痛めてしまう。おまけに乾燥肌で、カサついた肌が痒くて嫌だ。

そして最大の理由は・・・。野の花が咲いていない事。自他共に認める“雑草バカ”ですから、こんなにつまらない事は無いんだ。

08127_023

それでも。ヒマを見つけては散歩に行く。

寒がりだから、外へ行くのは億劫なのだけれど、散歩には行く。これはもう性分だからしょうがない。

カメラを持って外をうろつくのは、もう趣味を通り越してライフサイクルに組み込まれてしまっている事なんだ。

だけどやっぱり・・・

冬の散歩は面白みに欠けるんだ。

撮る写真の枚数もとても少ない。惹かれる風景や光景も少ないんだ。

08127_027

でも・・・

「冬はつまらない」と言っていても、結局は自分がつまらないだけだから。

だから

冬の風景を積極的に探してみようか・・・。きっと冬には冬の、魅力的な光景がある・・・かも。

あくまでも『・・・かも』だけど。

なんて思っている今年の初冬です。

|

« 今年もやっぱり紅葉です 2 | トップページ | 今年もありがとうございました »

コメント

かわいいニャンコに紅葉の写真、丹沢に初冬のスケッチ♪
ゆっくり拝見させていただきました~
なんか落ち着きますねぇ
丹沢には、もう何年も行っていませんが、
後半はほとんど大倉のバカ尾根を登っていました。
なつかしくなりました。
やはり秋後半の彩りの変化が、疲れた体に優しかったことを覚えています。
今は、遠くに見える富士山や丹沢の稜線を眺めるのみです(^^ゞ

投稿: orenge | 2008/12/08 00:32

orengeさん、こんばんは。
orengeさんも塔の岳に登っていたんですね♪ お仲間がいて、嬉しいなぁ。
私はバカ尾根を登りで使った事は無いんです。いつもヤビツ峠か、三の塔尾根を登って、バカ尾根を下ります。ダラダラと長くて登りっぱなしのバカ尾根を登っていくのは、大変でしょうね。
私も冬山には登るつもりも無いので、今年の丹沢はもう終わりですが、来春はバカ尾根を登って、塔の岳から鍋割山へ行ってみようと思っています。
晩秋の山は、標高によって紅葉の変化が楽しめる事に気がつきました。本当に山の中は、心が落ち着きます。

投稿: shiro | 2008/12/08 20:53

shiroさん、こんにちは!ningyoです。寒いですね。
シャッターを押す指がかじかみますね?
ずっとカメラを構えてシャッターチャンスを狙うなんて事は、私には無理です。
shiroさんは手袋をなさらないのかしら?
感覚が鈍るから。
私は、冬の外壁の仕事は皆さん手袋すれば!なんて言ってくださるのですが、自分の手でなくなってしまうので、雪の中でも素手です。指や掌が筆や刷毛になったりもありまし・・・。
ところで、ブログ仲間に「人魚日記」を入れてくださっていたのですね?今頃気がつきました。有難うございます。
だからって訳ではなく(以前からお願いしようと)「雲のような日々」をリンクさせていただいてよろしいでしょうか?
よろしくお願いいたします。

投稿: ningyo | 2008/12/20 10:33

ningyoさん、こんばんは。
すっかり寒くなりました。明日は冬至だそうです。
私は寒がりですから、『カメラを構えてジッとシャッターチャンスを狙う』なんて事はしません。絶対に。(笑) 何気なく目についた景色をカメラに撮っているだけなので、あまりシャッターチャンスとかは考えていない方です。
冬は手袋は必需品です。でも、そう!指の感覚が無くなるのは困りますよね。が・・・、寒さには勝てません。(笑) 薄手の皮手袋を愛用しています。作業着屋とかで売っているやつ。けっこう手指を動かしやすく、オススメです。
勝手にリンクしちゃってスミマセン。そういえば連絡していませんでしたよね・・・。ゴメンナサイ。
リンクしていただければ、とても嬉しいです。
これからもよろしくお願いします。

投稿: shiro | 2008/12/20 21:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73531/43351929

この記事へのトラックバック一覧です: スケッチ ~初冬~:

« 今年もやっぱり紅葉です 2 | トップページ | 今年もありがとうございました »