« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008/12/28

今年もありがとうございました

いやはや・・・3週間も更新していませんでした。

081013_013

今月はおかげさまで、仕事も忙しくしておりまして・・・

その忙しい時に実家の母親が入院したりして(たいした事ではなかったんです。もう退院したし)、なんだかバタバタしていました。

写真も撮りに行っていないんですよ、ここ最近。

 

気がつけば、今年も後僅かになりました。

どうだったんでしょうかね・・・今年は。

 

振り返ればそんなに良い年ではなかったかも。

景気悪かったねぇ・・・今年は。仕事の量が少なかった・・・。

リーマンなんたらとかの影響?

そういうのと一番遠い世界で生きているのに、けっこう景気の影響をもろに受けるんだよね。

どうやったらお金儲けできるのかなぁ・・・なんて事を、真剣に考えてしまう今日この頃です。

やっぱ、宝くじか? それともtoto?

そんな事を考える時点で、もう無理だよね。お金儲けなんて・・・。

08111_176_2

さて

今年もこのグータラblogにお付き合いいただきまして、本当にありがとうございました。

こんなblogですが、私にとっては気分転換&息抜きとして大切な場所なんです。

とはいえ、読む人あってのblogですから。いつも読んでくださる方々にはとても感謝しています。

今年も1年、ありがとうございました。

皆様の幸せを祈りつつ・・・

良いお年を!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/12/07

スケッチ ~初冬~

08127_016

何度と無く言ってきましたが、私は冬が嫌いだ。

とにかく寒いのが大っ嫌いなんだ。暑いのはたいがい平気なのだけれど、寒いのはダメ。

だいいち喉が弱くて、乾燥した空気ですぐに喉を痛めてしまう。おまけに乾燥肌で、カサついた肌が痒くて嫌だ。

そして最大の理由は・・・。野の花が咲いていない事。自他共に認める“雑草バカ”ですから、こんなにつまらない事は無いんだ。

08127_023

それでも。ヒマを見つけては散歩に行く。

寒がりだから、外へ行くのは億劫なのだけれど、散歩には行く。これはもう性分だからしょうがない。

カメラを持って外をうろつくのは、もう趣味を通り越してライフサイクルに組み込まれてしまっている事なんだ。

だけどやっぱり・・・

冬の散歩は面白みに欠けるんだ。

撮る写真の枚数もとても少ない。惹かれる風景や光景も少ないんだ。

08127_027

でも・・・

「冬はつまらない」と言っていても、結局は自分がつまらないだけだから。

だから

冬の風景を積極的に探してみようか・・・。きっと冬には冬の、魅力的な光景がある・・・かも。

あくまでも『・・・かも』だけど。

なんて思っている今年の初冬です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/12/01

今年もやっぱり紅葉です 2

081129_098

1ヶ月ほど前の記事で、「今年はもう山へ行かない」なんて事を書いた気もしますが・・・。

先週末に、丹沢を歩いていきました。ちょっとむしゃくしゃする事が続いていたので、「山を歩けば少しはスッキリとするかなぁ」なんて思ったものですから。もう花が無い事は承知の上でしたが、「紅葉がまだ残っているかも」なんて思ったものですから。

歩いてきたのは 『ヤビツ峠~三の塔~塔の岳~大倉』 いわゆる“表丹沢”と呼ばれているルートです。

081129_057

さすがに1000m以上有る表尾根の上は、すっかり冬です。木々は全ての葉を落とし、草や笹も枯れ・・・。寒い寒い。

視界が良ければ、素晴らしい眺めのルートなのですが。あいにくこの日は雲の中。登り始めた時は晴天だったのに、山の天気は気まぐれです。

いい写真も撮れず、がっかりしながら塔の岳を下り始めました。

081129_102

下りのルートは大倉尾根。誰が名付けたか“バカ尾根”と呼ばれている道です。標高1490mから300mの大倉バス停まで下りっぱなしのルートです。

この道が楽しかった。標高6~700m位まで降りると、紅葉真っ盛り。それも道の両側ずっとです。高度を下げるにつれて天気もよくなりました。

081129_086_2

紅葉は山へ行かなくても街中でも十分に楽しめると、常々思ってはいます。黄金色に輝くイチョウなどは、街中の公園や街路樹の方が綺麗だったりします。

でもね。この山の紅葉の爽快感ってなんだろう・・と思いながら歩いていたんです。

それはやっぱり空気感なんだろう。視覚以外の要素が混ざり合っての事なんでしょう。

この空気感を写真で表現しきれないのが残念です。

081129_089

さて

今年山へ入るのは、本当にこれで最後でしょう。

冬山に登るほどの根性はありませんし。

次に丹沢へ来るのは、3月頃かな? 春の花が綻び始めた頃に、また来ることにします。

やっぱり山歩きはいいです。一人ぼっちで歩くのがいい。気持ちが落ち着きます。

081129_113

おまけ

けっこう間近で鹿を見ました。距離にして5mくらい。薮の中で息を潜めていましたが、逃げるそぶりも無く。

近頃、なにかと悪者扱いの鹿たちです。とは言え、それは人間の都合。鹿たちには何の罪も無いのだとは思います。

が・・・。人を恐れぬ野生の鹿には、違和感を感じます。自然の姿が狂い始めているのだろうと。

それはきっと、神々の領域である山の奥深くを歩き回る私にも、責任の一端が有るのかもしれない・・・。

複雑な思いです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »