« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008/04/29

大山登山

「何故山へ登るのか?」と問われて「そこに山があるから」と答えたのは、たしか有名な登山家だったと思う。登山初心者の私には、さっぱり意味がわからない。今日は何度となく自分に問いかけた。「何故登るんだ?」 それほど今日の登山はきつかった・・・。

08429_050

今の季節、丹沢ではフジザクラがとても綺麗です。

4月に入ってから、週末のたびに山へ登っているのだ。高尾山、陣馬山、大野山と6~800mクラスの山へと登っていた。そして今日は丹沢の霊峰、大山を目指したのだ。標高1250m。今までの山とは、格が違うのだ。もちろんケーブルカーなどは使わない。麓から登っていくのだ。出発点の日向薬師の標高が150mだそうだから、1100m登る事になる。この標高差のしんどさを思い知る事となったのだった。

08429_092

山道にはヤマルリソウがたくさん咲いています。

歩けども歩けども、上り坂が続く。このしんどさは、経験するまでわからなかった。本当にきついのだ。おまけに『マムシに注意』だの『ヤマビル注意』だの『熊に注意』だのと看板が立っている。私、蛇や虫が大嫌いなのだ。熊には会った事が無いが、会えばきっと嫌いになるだろうと思う。

そして最初の話になるのだ。「何故こんな所を歩かにゃならんのだ?こんなしんどい思いをして。」

だいたいこういう山は野草の花が少ないのだ。スミレ達やヤマルリソウが山道を彩ってくれてはいるが、丘陵地の野山に比べて圧倒的に花が少ないのだ。環境が苛酷なせいだろうとは思うが、それじゃあ嫌なのだ。私の場合、野草を求めて歩いているのだからね。スミレやヤマルリソウなんて、丘陵地でも見れるんだもの。

08429_078

容姿の良い、美人のエイザンスミレに出会いました。

3時間も登って、ようやく『山頂まで0.6km』の標識を見つける。これで喜んだのがいけなかった。0.6kmと言えば自宅から駅までくらいの距離だ。7~8分の距離だ。「もう一息!」と元気を振り絞ったのに・・・。ここからの登りが、きついなんてもんじゃない。ゼーゼーと喘ぎながら、結局0.6kmに30分かかってしまった。

頂上にたどり着いた時には、本当に苦しかったんです。「もう無理だ」と思いました。こんな苦しい思いをするのはごめんだ、と。

ところが・・・。

頂上を後にして、少し下りた所で・・・見つけてしまったんです。この花を。

08429_087

キクザキイチゲ。

ポツポツと咲いていました。

「ああ・・可憐な花だなぁ」

登ってきて本当に良かったと思いました。ここまで来なければ見れなかったのだもの。

 

そして今。撮ってきた写真などを眺めながら・・・。「やっぱ、キクザキイチゲいいネ」なんて・・・。しんどい思いをした記憶など、薄れつつあります。

そして、たぶん・・・また山登りをする事でしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/04/25

煙草を止めてみたのでした

08411_018

煙草を吸い始めたのは高校生の時からだから、もうずいぶん長い付き合いだ。何故吸い始めたのだろう? と考えてみる。たぶん、カッコ付けのためだったと思う。そうだ。昔は煙草を吸う事がカッコ良かったのだ。反対意見は多いだろう。でも、少なくても、私が憧れたヒーロー達は、煙草を吸う姿がとってもカッコ良かったのだ。『探偵物語』の松田優作しかり。『プロハンター』の藤竜也しかり。ついでに言うなら『ルパン3世』の次元大介しかりだ。

それがどうだろう?今の世の中、煙草を吸う事がカッコ悪い風潮だ。『カッコイイ』ために吸い始めた煙草が、『カッコワルイ』事になってしまったのなら・・・止めるしかないだろう。

というのが、煙草を止めた理由です。・・・と言えば、いかにもコジツケっぽく聞こえるが・・・・・。コジツケです。

が・・・、他に理由らしい理由を、思い当たらないのだ。

08413_133

「煙草・・・止めてみようかな」と、煙草を吸いながらなんとなく思った。そして、その煙草をもみ消して、そのまま止めてしまった。本当に、キッカケも決意も無く、『何気なく』だったのだ。

それがちょうど1週間前。その後、皆が言うような禁断症状も無く、イライラもストレスも無く、1週間が過ぎました。なんだか拍子抜けするくらいあっさりと止めてしまった。

特に感慨深いものも無い。長い付き合いだったのにネ・・・。

ただ・・・。私の場合、酒も飲まない。ギャンブルもしない。女遊びもしない。この上、煙草まで止めてしまっていいのか・・・と。これでも“チョイ悪オヤジ”を目指しているのだ。何で悪さを表現すればいいのだ・・・と。

ああ・・・これもコジツケだ。

『禁煙』という一大イベントを決行したにもかかわらず、なんの苦労も達成感も無い事が、少し気に入らないのだ。

・・・・こんなものなのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/22

棚を作る

08419_070

忙しかった2・3月が嘘のようにヒマになってしまった。喜んで野山を歩き回っていたが、なにしろ仕事がヒマなのだから、喜んでばかりもいられない。いられないが、こればっかりは仕方がない。この分ではGW明けまで、ヒマそうである。

かと言って、毎日野山を歩き回ってばかりいるわけにもいくまい。これでも一応、プータローではないのだ。かと言って、仕事場にいてもやる事がない。(本当は有るのだけど・・・整理とか片付けとか)

そこで、自宅の棚を作る事にした。リビングの壁一面を、飾り棚にするのだ。実はこの計画、今のマンションに引っ越して来た時に立てたものだ。もう10年になる。10年越しの計画を実行する時がきたのだ!・・・なんて言えばカッコもいいが・・・よく考えればずいぶんテキトーな話である。

何よりも、アイカタ(奥様)がこの計画を喜んでくれているのが嬉しい。やる気が出る。たまには、家の事をするのも良いじゃあないか!

という訳で、今日は材木屋に行って必要な材木を買い揃えてきました。塗装は何色に仕上げようか・・・。白系は決めているのだけれど、ベージュやアイボリーじゃつまらない。白に少~し、青を垂らしてみようか・・・。

さて

今日の写真。ミツバツチグリの花です。里山の谷間の田んぼにて。

こういう風景が大好き! こういう風景を探して、野山を歩き回っているんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/17

サクラソウ

08417_028

仕事で浦和へ行く所用があったので、ついでに田島が原へ行ってきました。

田島が原は荒川の河川敷に広がる草原で、サクラソウの自生地として有名な場所です。場所自体が天然記念物に指定されているんだって。今にも泣き出しそうな曇天の日でしたが、たくさんの人が来ていました。

08417_012

ここへ来るのは2年ぶりです。が、一昨年よりもあきらかにサクラソウの数が減っています。私の印象では、半分以下くらいに減っている。

柵を張り巡らし、人が立ち入らぬように厳重に管理されている草原だから、たぶん人為的な原因ではないのでしょう。だとしたら、これも自然の摂理なのだろうか。

などと考えているうちに、雨がポツポツと降り出したので、引き上げました。

今日はなんだか物足りなさが残ります。時間が短かったせいだろうけど・・・。やはり・・・、いくら自生とは言え、管理されている野草を見ても感動が薄いのは気のせいだろうか。野山を歩いていて、「あ!こんな所に!」と思わぬ野草を見つけた時の感動に比べて・・・。

いや・・・気のせいだよ。きっと今日は気乗りがしない日だったんだ。天気も悪かったし。

だって、サクラソウは十分に綺麗だった。ここでしか見れない日本桜草。

08417_021

そんな中で、ヒキノカサという野草が咲いているのを見つけました。絶滅危惧種の珍しい野草なんだって。初めて見た~~。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008/04/15

桜と紅葉

08413_052

桜と紅葉の共演なんてありえるはずがない。

・・・から、我が目を疑った。なんて不思議な光景なのだろう・・・と。

調べてみました。この紅葉、どうやらノムラカエデ(野村楓)というらしい。春の新芽が赤く色づくんだって。やがて緑の葉になり、秋にはまた紅葉するらしい。

なるほどね・・・

枝垂桜と野村楓を並べて植えた人の、粋な心に拍手したい。

さて

今日の夕方。自宅近所の農家の門前に、タケノコがでていました。ここはいつも、野菜類の無人販売をしているんです。「もうタケノコの季節かあ」と、無性に嬉しくなりました。もちろん買いましたとも! 大好きなんです、タケノコ。この季節には、毎日だって食べますとも! 今、この記事を書きながら、タケノコを湯がいています。まずはワサビ醤油で、今年の初タケノコを・・・。

本当に良い季節になりました。

よく見れば・・・。楓にも花が咲いているんだね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008/04/12

高尾山

08412_335_2

ええ・・・

昨日書いたとおり、今日は高尾山へ登ってきました。早朝の京王線に乗って高尾山口駅へ。そして清滝から6号路を登り山頂へ。それから日影沢へと降り、その後蛇滝口からまた山頂へと登り、1号路を降りて高尾山口駅へ。

高尾山を知らない人には、「何の事だかさっぱり」ですよね。つまり・・・同じ日に同じ山へ2回登ってきたわけです。

何故そんなバカな事をするのかと言えば・・・たぶんバカだからなのですが。バカにはバカの言い分がありまして。

私にとって山歩きの目的は、山頂へ登る事とかではないのです。ましてや、何m登ったとか、何km歩いたとか、どうでもいい事でして。ただただ、野草の姿を探して歩いているだけなんです。だから目当ての野草が咲いていそうな山道を、登ったり降りたり。いつもこんな風に山を歩いています。登って、降りて、また別の道を登って・・・。

なのですが・・・。さすがに高尾山クラスの山になると・・・。さすがに疲れました。6時間、ただひたすら山道を歩いていました。駅へ向かって山道を降りている時・・・太ももがつってしまいました。今も太ももがパンパンです。

08412_296

でも大満足の一日です。

お目当てのミヤマカタバミもハナネコノメも、見つける事ができました。その他にもいろんな野草をネ♪

約400枚撮った野草写真はまだ未整理なので、またいずれ・・・。

と言いつつちょっとだけ・・・。本日大発見の野草の写真を1枚。

08412_275

面白い花でしょう? こんなの初めて見ました。先ほど、名前の調べもつきました。コチャルメルソウって言うんですって。花も面白いけど、名前もまた面白いネ。

というわけで・・・

心身ともにリフレッシュした1日でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/04/11

ライラック

08411_005

雨上がりの朝って、本当に気持ちがいいネ。 空気が清らかな気がするからだろうか。雨露がキラキラと光るからだろうか。

今朝、用水路脇の小道でライラックの花を見つけました。綺麗な花だね。香りもいいしね。雨露がついたら、さらに綺麗。

紫色って好きなんです。好きな色をあえて選ぶとしたら、紫かもしれない。特に明るい青紫。そう、このライラック色。

「紫が好きな人って、情緒不安定なんだって」 と、言われた事があります。う~ん。それは否定できない。

さて・・・

明日は久しぶりの休日です。どこへ行くかと、さんざん迷いましたが・・・野草の聖地、高尾山へ行ってきます。観光客が多いから嫌なんだけどね・・・でも・・・あそこは珍しい野草の宝庫だから。ミヤマカタバミが見つかるといいなぁ・・・。まだ実物を見た事がないんだ。あと、ハナネコノメとかも。

仕事が忙しくて、だいぶ乱れてしまっている情緒を、すこし安定させてきます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008/04/08

桜の季節も終わりました・・・いつのまにか

0846_137

お久しぶりです。

このところずっと、仕事漬けの毎日でしたが、ようやくひと段落しました。5日の土曜日に、約束の仕事をなんとか納めることができました。そしてその夜、熱が出ました。張り詰めていた神経が、急に緩んだのかもしれません。こう見えて、意外とデリケートなんです。

熱は出ましたが、休んでいられません。残作業と、待ってもらっていた仕事に追われています。こう見えて、わりと良く働く方だと思います。私のモットーである、“自由気儘”と相反するようでうが、これは同じ事なんです。自由にやっている分、変わってくれる人もいません。身を粉にして働くのも、自由にしていたい代償なのです。

そして・・・。いつの間にか桜の花も散り始めていました。一昨日、仕事の合間に撮ったのが、今年の桜写真となりました。五分咲ならぬ“五分散り”でしょうか。

まあ、いい。桜の写真は撮れなくてもいいさ。気がかりなのは、野山で咲き乱れているであろう野草達。野草フリークにとっては、今が一番素敵な季節なのだ。早く会いに行きたい・・・。あちこちの野に山に。今週末は思いっきり休む。それまでになんとか、風邪っぴきを治さなければ・・・。

0846_140

そして・・今日は雨です。台風のような雨でした。きっと桜の花も、この雨で完全に散ってしまう事でしょう。

仕事場の駐車場の脇に、桜の木があります。今日、仕事を終えて車に乗ろうとした時、ボンネットが淡いピンクの花びらでコーティングされている事に気が付きました。何故だか、ちょっぴり嬉しくなりました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »