« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008/01/31

冬枯れの木

Kareki01

全ての葉を落としてしまった冬枯れの木のイメージ。

「寂しい」・・・「寒々しい」・・・

でも何故か、この枯れ木達に心を惹かれてしまうんだ。若い時からそうだった・・・。

Kareki02

若い時。そう・・まだ20代前半の時。枯れ木の絵ばっかりを描いている時期があった。

気に入った枯れ木を見つけると、寒空の下で何時間もかけてスケッチをした。そして部屋に閉じこもって枯れ木の絵を描いた。細い小枝を、極細の面相筆で1本1本描いていく。何百本も何千本も、何日も何日もかけて、チクチク、チクチクと描いていく。今から思えば病気だね。

実際、精神的にはかなり病んでいたと思う。躁鬱の症状もひどかった。気の合う友人もいず、いつも一人だった。何日間も誰とも会話をしない、なんて事もザラだった。でも、不思議と嫌な思い出はないんだ。むしろ楽しかったような・・・気すらする。食費にも困るくらい貧乏だったけど。定職についていなかったからね。でもあれはあれで、幸せだったような気もする。アルバイトのお金が少し溜まると、フラフラと旅に出かけていたっけ。

今はどうだろう。生活に困らない程度の収入はある。狭いながらも家がある。そこそこ仲良しの家族がいる。・・・これはこれで、たぶん幸せなんだろう。でもあの頃は・・・何者にも縛られない自由があった。有り余る気儘な時間があった。そして夢があった。

何かを得れば、何かを失う。それが人生ってものか・・・。などと、わかった風な事を言ってみる。たぶん今はもう・・・枯れ木の絵は描けないだろうな・・・。

Kareki03

さんざん枯れ木と言ってきたけれど。枯れ木という言い方は間違いだよね。かといって、他にどんな言い方があるのかわからないけれど。だって枯れているわけではないのだもの。ただただ、春が来るのをじっと待っているんだ。木枯らしに耐えながら、じっと待っているんだ。

もうすぐだ。春は確実にやって来るから・・・。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008/01/28

菜の花

08127_053

菜の花が好きなんです。大好きな花。

ですから二宮町で寒咲の菜の花が満開だという話を聞きつけ、いてもたってもいられず昨日行ってきました。二宮町は同じ県内とは言え、電車を乗り継ぎ1時間40分ほど行った所です。

吾妻山という小高い丘の山頂に登ってみると・・・そこは一面の菜の花畑。

・・・と言えば、ちょっと大袈裟か。いや、かなり言い過ぎ。菜の花畑としてはかなりショボイ。

でもでも、大満足だったのですよ。

08127_020

だってホラ! どーんと富士山!!

富士山を見ると、不思議とテンション上がるんだよなぁ。これって私だけじゃないはず。

08127_072

そしてキラキラと光る太平洋!

富士山を背景に、そして海を背景に、菜の花を楽しめる場所って、そうそう無いんじゃないでしょうか。初めて行った場所ですが、かなりオススメ。

やっぱり菜の花は晴れた日にかぎるね。陽射しを浴びてハレーションをおこすほどに、光り輝く黄色い花が大好き。そしてむせぶような香り。一足早く、春気分の1日でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/01/24

街角の猫達 part12

よい子は真似をしないでください。

001

車道に飛び出したり・・・

002

道の真ん中で寝転んだり・・・

003

車の下で遊んだり・・・

004

塀の上を歩いたり・・・

005

ゴミ袋を破いたり・・・

よい子は決して真似しないでくださいネ。

006

 

 

         ~~お知らせ~~

 

猫好き必見!!

HP『雑草WALKER』に、猫のアルバムの新作をUPしました。

今回も愉快な猫がいっぱいですヨ!

よい子は是非、見てください。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008/01/20

ロウバイ

08120_027

日暮れが日に日に遅くなってきているのが実感できる、今日この頃です。

ロウバイが咲き出していました。

いい香りなんだ・・・。ほんのりとした上品な香りなんだ。木の下で深呼吸をしてみた。

08120_018

ロウバイが咲くのは、1年で1番寒い時期なんだ。

でも・・・もうすぐ。ロウバイが咲き出したら、もう冬の出口を感じ始められる。

もうひと月もしないうちに、梅が咲き出すでしょう。

野草大好きの私としては、本当に春が待ちどおしい。

08120_030

ロウバイのそばで、こんな小鳥を見つけました。この渋い緑色がとても気になって。「早春に似合う色だなあ」なんて思ったりして。

名前を知りたくて、さっきからずっと調べているのだけれど・・・サッパリわからない。だんだん面倒くさくなってきたので・・・「もういいや・・・」と思い始めています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/01/14

銀座界隈

08114_015

おそらく銀座なんて1番似合わない街である事は、自分で良くわかってますから。銀座に行く事なんて滅多にありません。それなのに何故突然銀座へ行ったのかと言うと、彫刻家の神林学氏が個展を開いているから、ちょっと見に行こうかと思い立ったわけでして。

個展やグループ展の案内状は、だいたい月に1枚くらい届くのですが、付き合いが悪い事で有名な私はあまり行きません。が、神林さんだけは別なんです。この人との付き合いはもう20年くらいになるでしょうか。私よりも10歳以上も年上の大先輩ですが、なにしろ人生の師と仰いでる人なんです。

08114_016_2

そんなわけで銀座に着きました。有名ブランドが並ぶ中央通りです。やっぱりどうも落ち着きません。場違い感に包まれます。とは言え、滅多に来ない銀座に来たのですから、ギャラリーへ行く前にちょっとぶらつく事にします。もちろん表通りを避けて裏路地をね。

08114_008

残念ながら閉まっていましたが、すごくそそられるコロッケ屋さん。開いていたら絶対食べてみたのになぁ。レトロな自転車が不思議とオシャレに見えてしまう。さすが銀座。

08114_003

巨大な獅子頭を祭っている神社がありました。迫力満点。

08114_005_3

これにはビックリ! ガードレールを包み込んでしまっています。まじまじと見てきたけど、ガードレールが完全に木に取り込まれてしまっている。この後、どうなっていくのでしょう・・・。

08114_018_2

高層ビルに囲まれた小さな時計塔。きっと昔はモダンでカッコ良かったんだろうなぁ・・というような臭いを持ったこういう風景。わりと好きなんです。

08114_022

銀座のはずれまで歩いてきました。これが有名な日本橋です。どうです?がっかりするでしょう? 最初にこの日本橋を見た時には、相当がっかりした事を思い出しました。歴史的建造物である事は間違いないんでしょうけどね・・・。こんなに高速道路に押しつぶされてしまっては・・・。

08114_013

さて。今日の目的は神林学氏の彫刻を見る事です。別に約束をしていたわけでもないのですが、幸いにも神林さんがギャラリーにいました。久しぶりの再会に積もる話もできました。

この神林さん。彫刻家として、素晴らしい感性を持っている事は間違いないのですが・・・。テキトーな人なんですよ。大雑把と言うか、いい加減と言うか。良く言えば心が広い。そのテキトーさに惹かれてしまうんですね。そんな神林さんに憧れる私も、年を重ねるにつれだいぶテキトーさが身に付いてきたかなぁ・・なんて話とかも。(若かりし頃の私、すごい生真面目で堅物だったんですよ・・これでも。)

「今年の夏は一緒に富士山に登ろう」なんて約束を交わして、銀座を後にしました。今日も充実した1日でした・・・一応ね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008/01/11

寒い日が続きますね・・・という話

081057

今朝はとびきり寒かった。

雑草たちも凍りついていた。ホトケノザだってホラ、シャーベットみたいだ。

私、寒いのが大っ嫌い。部屋の中ではストーブをガンガン焚く。

でもね・・・。冬はやはり寒いのがいいと思う。息も凍るような寒い朝。それが冬の朝だから。

明日は雨だそう。さらに寒くなるんだって。もしかしたら夜には雪になるかもしれないと、天気予報で言っていました。

雪か・・・雪が降ればいいなぁ。なんて事をフと思う。

もしも雪が積もったら、誰の足跡も無い林の道を歩いてみよう。ザックザックと音を立てながら。この思い付きに、ちょっとだけ嬉しくなったんだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/01/04

正月雑感

0814_027

早いもので・・・もう4日も終わろうとしています。

「ああ、今年も正月が終わったなあ」なんて・・・特に感慨もないのですが・・・。

今年の初詣は高幡不動に行ってきました。こんな風に毎年違うところへ初詣に行くのも、私のささやかなこだわりでして。

話し変わりますけど、風邪ひいていたんですよ、正月の間。のどが痛くて咳き込んだりして。まあ、風邪をひくのは珍しい事ではないのですが。考えてみれば、毎年、正月のたびに風邪ひいているような気がするんですよね。正月と相性悪いのかもしれません・・・。

0814_033

やっぱり初詣には、この賑わいがなきゃ・・・雰囲気の問題ですから。屋台なんかがズラーっと並んでね。ところでこの屋台ですけど。子供の頃、一番ときめいた屋台ってお面屋でしたよね。私だけかな。今、お面屋って少なくなりましたよね。探したら1軒だけあった。でも客も集ってなくて、寂しそう・・・。今の子供はお面なんか買わないんでしょうね。かと言って、私もこの年でお面を買うのも、なんか気恥ずかしくって・・・見るだけにしました。

話し変わりますけど、指切っちゃったんです。包丁で。滅多に料理は作らないんですけどね、3日の日にカレーを作るのが毎年の決まりなんです。料理作るのは嫌いじゃないんですよ。でも普段はあまりやりませんけど、正月のカレーだけは私が作る。これは自分で言うのもなんですけど、美味しい。午前中から、ひき肉とキャベツとセロリを煮込み始めてですね・・。あ、カレーの話じゃなくて指でした。でね、左の薬指を切っちゃったわけです。別にたいした事無いんですけどね。でもかすり傷ってわけでもないんで、薬塗って包帯巻いているわけですけど。キーボード叩くのが大変なんですね。指1本使えないだけなんですけど・・・。キーボード叩く感覚が狂っちゃうんですね。さっきから打ち間違えのオンパレードです。

0814_037

この大阪焼って好きなんですよ。お祭りとか縁日とかでは必ず食べる。ところがですね・・・。大阪の人に「大阪焼って美味しいよね」という話をしたら、「そんな食い物は大阪には無い」と言われました。「ほら、お好み焼きを今川焼きの型にぎゅっと押し込んだ・・・」と言っても「そんなの食った事も見た事も無い」だって。どういう事なんでしょう? 大阪方面の情報求む・・・。

さてさて・・・

明日から仕事です。土曜が仕事始めっていうのも中途半端な気がしますが・・・。7日からだと休みすぎかな、という気もして・・・。

今年も正月が終わりました。いつもの年と変わらず、両方の実家へ行って・・・、初詣に行って・・・、風邪をひいて・・・、カレーを作って・・・。いつもと違うのは指を切った事くらいで・・・。

あ、もう一つ。今年のカレーはいつもの年より美味しくできました。リンゴを丸ごとすって入れたのが、良かったかも・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008/01/02

謹賀新年

0812_011

明けましておめでとうございます

2008年の最初の記事は初日の出・・・ではないんです。今朝、そう1月2日の日の出写真です。

今朝早起きして、近所の山へ登ってきました。たいした山ではないんですけどね。20分ほどの山道ですが、霜柱を踏みしめながら。霜柱を踏むなんて、久しぶりだなぁ。ザクザクとした音と感触が気持ち良かったぁ。

0812_039

何故、初日の出じゃなくて2日の日の出なのか?

そういうところが“雲のような日々”らしいんです。ちょっとはずした感じがね。ちょっとずれた所に美意識を置いて・・・それがいいんです。私らしくって。

こんな調子でゆるりゆるりと、今年も1年やってまいります。

どうぞ皆様、本年もお付き合いのほど・・・おん願い申しあげ奉ります。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »