« K君へ | トップページ | 秋は夕暮れ »

2007/10/24

野菊の季節

071023_055

ユウガギク(柚香菊)

すっかり秋も深まり、野菊の季節となりました。

やっぱり野菊は好きです。「見つけて嬉しい」と言うよりも、秋空の下で咲いてて当たり前の花。日本の秋に、無くてはならない花でしょう?

07107_013

カントウヨメナ(関東嫁菜)

野菊と言っても、いろんな種類が有るんです。が、どれも似ていて見分けが付きにくい。なんとなくわかるようになったのは、去年くらいからかな。今年はさらに少しはわかる。なんとなくですけどね・・・。

それでも、散歩中に見つけて、「これはカントウヨメナだ」とか「こっちはシロヨメナだ」とかがわかると嬉しいものです。まあ、それだけの話ですけど。

071021_220

ノコンギク(野紺菊)

でも、やっぱりわからない物もある。例えば、ユウガギクとノコンギクは花もそっくりで、葉の微妙な形の違いで見分けるのですが、中間型のようなのも有ってどっちかわからない物もある。

野草だって、必ずしも図鑑に載っている特徴が当てはまる物ばかりじゃないんです。1本1本にそれぞれ個性がある。だから見飽きないのかもしれません。

071014_163

イナカギク(田舎菊)

それでも心のどこかで、「微妙な違いを見つけて、『○○ギクだ、○○ヨメナだ』って分ける必要も無いんじゃないの?」と思っている事も事実です。「別に野菊は野菊でいいじゃない」と。

細かな部分が気になっちゃうと、その花の持つ佇まいとか雰囲気とかを見逃しがちになっちゃいますから。どちらかと言えば、そういうイメージの方を大事にしたいんです。

071014_148

シロヨメナ(白嫁菜)

野菊は野草のトリをつとめる花でもあります。

後ひと月も無いでしょうか・・・。野菊の花が終わったら、いよいよ冬の到来です。

|

« K君へ | トップページ | 秋は夕暮れ »

コメント

shiroさんこんばんは。ご無沙汰いたしました。
野菊って本当に種類が多そうですね。私は昨秋ノコンギクとヨメナの違いを学習しましたのに、今年はもうすっかり忘れてしまって…区別できないのですよ。でももう復習はパス。shiroさんちの野菊でしっかり楽しませていただきまーす♪

ところで、お山に行かれたのですね。丹沢はまったく知らないのですが600mの高さの山を縦走で5時間。アップ・ダウンありは結構大変でしたでしょ。でも野花のお好きなshiroさんのこと、ワクワク感はしっかり伝わってきました。

投稿: Tosi | 2007/10/25 22:05

Tosiさんこんばんは。
野菊の種類って、本当に多いですよね。それも微妙な違いで、どれも似ていますからね。区別するのは大変です。まあ、別に区別する必要も無いんじゃないか、とも思っているのですが。
葉っぱを触って、ゴワゴワ・ザラザラしていたら、それはノコンギクかもしれません。
 
『山登り』とは言えないくらいのレベルですが・・。でも、山登りらしい山登りは、初経験でしたので。しばらくの間、足は筋肉痛でガタガタでした。
歩く事には自信が有ったのですが、山登りとなると、また別なんですね。
いつの日かTosiさんのように、高山植物を見に行けるように、少しずつ山登りを始めてみようと思っています。

投稿: shiro | 2007/10/26 20:17

shiroさん (* ^-^)ノこんばんわぁ♪

野菊はお散歩道で当たり前に咲いている花ですが、こうしてジックリ見てみると、とっても愛らしいお花なんですよね。
shiroさんが写すからかな♪(*^^*)v
確かに野菊は種類が多くて名前が覚えられませんですよ。。。
『野菊は野菊でいいじゃない♪』
うん♪そうですね。。わたしもイメージとか雰囲気を大事にしたいと思います。

投稿: びび | 2007/10/26 23:38

びびさん、こんばんは。
>野菊はお散歩道で当たり前に咲いている花
本当に!
当たり前で見慣れている花だからこそ、可愛らしさもひとしおなのだと思います。
道端の野菊をジックリと見るような、心の余裕がいいですね。と言いたいところですが、なかなかねぇ・・・。
野菊の種類は本当に多くて、地方によっても違うらしくて。びびさんの東海地方には、私の知らない野菊が咲いているのかもしれません。
でも、葉っぱの細かな違いを気にするよりも、その花がかもし出す雰囲気を感じ取りたいですね。

投稿: shiro | 2007/10/27 19:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73531/16862596

この記事へのトラックバック一覧です: 野菊の季節:

« K君へ | トップページ | 秋は夕暮れ »