« 犬の糞は・・・part5 | トップページ | お前にはまだ早い! »

2007/07/14

三年坂

0778_158_1

先日、座間の辺りを散歩してたんです。

ちょっとひなびた、良い感じの石段を見つけたので近寄ってみました。坂の下に『三年坂』と書かれた塔が立っている。あれれ、なんだかロマンチックなにおいがするゾ。傍らに小さな社が有ったりして、それも雰囲気を醸し出している。なんて思いながら、写真をパチパチ撮ったりしていたんです。

そして、塔に書かれている由緒書を読んでみると・・・。

『この坂の途中で転ぶと、三年後に死んでしまうという伝説が・・・』

なんて事が書かれている。

ゲッ!なんだそりゃ!!

なにかロマンチックな伝承でもあるのかと思えば、こんな“三年殺し”みたいな坂だったのか。

恐る恐る登ってみました。一歩一歩慎重に。転ぶなんて事滅多に無いのに、なんだか転びそうな感覚に襲われるから不思議です。

もっとも、登る必要も無かったのですけどね。別に坂の上に行く用事が有った訳でもなし。それでも登ってみたくなるのが人情です。

06716_047_2

さて、世間では3連休だそうです。

私も、3連休というわけにはいきませんが、明日明後日と2連休にしようと思ってます。たまには連休してもバチはあたらないだろうと。仕事がたまってはいるのですが・・・。

というのも、ちょうど今、ヤマユリが咲く時季だからです。梅雨明け間近のこの時季、山の中で咲いているはずです。ずっと前からこの週にヤマユリを見に行こうと決めていたんです。(上の写真は去年撮ったヤマユリ)

このヤマユリの美しさは、やっぱり山で見なくちゃ。山林の中で咲く大輪の花は本当に美しい。孤高の気高ささえ感じる。そして香りがまたウットリとするんだ。

というわけで、ヤマユリはなんとしても探しに行かなくてはならない。去年は2ヶ所で見つけたんだ。今年は、他にもヤマユリの咲きそうな場所の目星をつけているんだ。

問題は台風。明日の午後関東に接近するらしい。たぶん明日はダメでしょう。でも明後日は・・・台風一過のいい天気を期待しているんだ。たぶんそうなると思う。

気がかりなのは、台風後の山道だ。おそらくグチャグチャの泥道になっているかもしれない。そういう山道は転びやすいし、転ぶとホントに惨めなんだ。と言えるのは、実際大雨後の山道で転んだ事があるからです。あの時は服は泥だらけ、手に持っていたカメラも泥だらけ。泣きそうになりました。

それでも、ヤマユリは探しに行かなければならない。ヤマユリの花の時期は結構短いんだ。明後日行かなければ、もう今年は見れないかもしれないもの。

どうか素敵なヤマユリの写真が撮れますように・・・

と・・・、三年坂の事をダラダラと書いているうちに、「あ、三年坂って京都の有名なスポットだった。たしか清水寺の近くの。」という事に気がついた。たぶん、昔行った事があったと思うけど・・・よく覚えていない。あの京都の三年坂も、やはり同じような由来なのでしょうか・・・?

|

« 犬の糞は・・・part5 | トップページ | お前にはまだ早い! »

コメント

え?転んだら三年で死んじゃうの!?
何故そのような恐ろしい伝説ができたのでしょう?^^;
その伝説の根本を知りたいですね。
しかし私だったら絶対昇らないなぁ(笑)shiroさん度胸あります。
もうヤマユリの季節ですか。1年ってあっという間ですね。
去年拝見したshiroさんのヤマユリの写真、覚えてますよ。
今日山に行っているのでしょうか?
気高く美しいヤマユリの姿また見せてもらえるのかな?楽しみに待ってます♪^^

投稿: てぃえら | 2007/07/16 12:12

てぃえらさん、こんばんは。
そうなんです。転んだら死んじゃうんです。しかも『3年後』というところが恐ろしいでしょ!
確かに伝説の元を知りたいですね。ちょっと調べてみますね。
度胸はないんですけど・・・ただ好奇心だけで・・。
 
今日、ヤマユリ探しに行ってきましたが、見事に空振りでした。(とほほ)
5時間、山をうろついて、1本も見つけられず・・・。
こんな事も有ります・・・ね。

投稿: shiro | 2007/07/16 20:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73531/15757837

この記事へのトラックバック一覧です: 三年坂:

« 犬の糞は・・・part5 | トップページ | お前にはまだ早い! »