« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007/07/29

暑中お見舞い申し上げます

07729_146

1週間前には「今年ははたして、暑い夏が来るのでしょうか?」などと心配をしていたものですが、全く余計な心配でした。「暑い夏が恋しいねぇ」などと言った事が恨めしいくらいに、連日暑い日々が続きます。

肌寒いくらいだった梅雨の後半から、いきなり暑い日々が続き、まだ身体が暑さ慣れしていないんでしょうねぇ。ちょっとバテ気味です。

でもそんな事は言っていられません。『四季を楽しむ』のが私のモットー。真夏の光景を求めて、今日もウロウロと歩いています。

07729_151

「夏の暑さと冬の寒さ、どっちがいい?」

よくありがちな質問です。今まで何度となく話題に上りました。

この時「どっちもイヤ!」と言うのは反則です。だってそりゃそうだよ。春と秋がいいに決まっているもの。それをあえて、夏と冬とどっちが耐えられるのか考えるんです!

私は夏かな。寒いのがとにかく苦手だしね。暑いのも苦手だけれど、まだ耐えられるかな。

決してアウトドア派ではないんです。海遊びも山遊びもしないしね。でも、部屋の中にいるのが苦手。“なんか外に出ていたい”派。ちょっとカッコつけて言うと、「外の風に吹かれているのが好き」

だから夏かな。冬の寒さは、外でじっとなんかしていられないからね。夏の木陰なら耐えられるでしょ?川風に吹かれるのも気持ちがいいしね。

07729_149

何はともあれ、これから夏本番です。暑さ厳しい日々が続くことでしょう。

とは言っても、写真好きとしては家でじっとしているわけにはいきませんからね。夏の光景を撮るなら、やっぱり陽射し燦々の下で撮りたいしね。

熱中症には気を付けましょう。

皆々様も夏バテなどなさいませんよう・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/22

山百合

07722_155

山百合って美しい花だなぁ、とつくづく思う。

それなのに、やっぱり変な花だ。

その華奢な茎に、不釣合いなくらい大きな花を咲かせる。そして花の重さに耐えられず、大きく垂れてしまう。

山百合の花を見る時は、いつも地面につきそうなくらいに倒れた姿だ。

でも、そんな山百合の姿が好きなんだ。林の中で倒れながらも、大きな花を咲かせている山百合の姿が好きなんだ。

きっと山百合もわかっているはず。花を咲かせれば倒れてしまう事を。

それを承知で、大きな花を咲かせるんだ。

07722_061

今日、園芸用の支柱に支えられている山百合を見た。

きっと誰かが支柱を立ててあげたんだろう。

人の優しさを感じた。

支柱に支えられて、まっすぐに立ちながら3輪の花を咲かせていた山百合。

それはそれで美しかった。人の優しさが加わって、美しさを増しているようにも思えた。

でもきっと僕は支柱を立てないだろう、とも思った。

上手く理由は言えないけれど、それが僕のスタイルだから。

07722_160

雨上がりの山林の中で山百合の花が咲いていました。

爽やかな香りと美しい花。

今年も出会えた事に感謝・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/17

お前にはまだ早い!

今、1番気に入っているTVCM。

ソフトバンクのCM。あの上戸彩ちゃんが出ているCMです。

犬が彩ちゃんに、「全てのものには理由がある」と言います。「理由ってなによ?」と聞く彩ちゃんに「お前にはまだ早い!」と犬が一喝するあのCMです。

犬が喋るというナンセンスさ(だいたいこの犬は彩ちゃんの父親の設定になってます)に加え、「お前にはまだ早い!」で済ます理不尽さ・・・。

いやいや、野暮な解説は止めよう。面白い物は理屈じゃないんだ。とにかくこのCMを見るたびに「クッ、クッ、クッ・・・」と笑ってしまいます。アイカタ(奥様)は、「おんなじCM見て、よく何回も笑えるね」と呆れています。

07716_173

里山ではコマツナギが咲き始めました。

さて、6月半ばにPCのOSをVISTAに変えたんです。あれから約1ヶ月、VISTAとの戦いの日々でした。

メールの保存フォルダが消えてしまったのは痛恨だが仕方がない。ファイルの管理が不便になってしまったのは、我慢しよう。これは単に慣れの問題だから。最大の問題は音が出ない事だ。ただ単にスピーカーが動作しないだけではないのだ。オーディオデバイスが認識されていない事は突き止めた。

これは厄介な問題だった。オーディオデバイスが無いせいで、メディアプレイヤーもクイックタイムも動かない。CDを焼くこともできないし、i-Podの編集ができないムスメからは「早く直してよ!」と怒られる。

できる限りの努力はしました。パソに詳しい友人にも聞いてみたし、DELLのサイトももちろんチェックしました。あの英語を日本語に直訳した、読みづらいマニュアルもすみからすみまで読みました。あちこちのお助けサイトも覗いてみました。もちろんその間に、オーディオドライバーのインストールは何度も試みました。

結局わかったことは、『XPからVISTAへのアップグレードは、不具合が多いらしい』という事です。もうどうしていいかわからず頭を抱えていたその時、天の声が聞こえたんです。

「お前にはまだ早い!」

そうだったんだ。生半可なPCの知識で、自分でアップグレードしようというにはまだ早かったんだ・・・。

一昨日の台風の日曜日、XPに戻しました。綺麗サッパリとリカバリーをしました。

また調子良く、サクサクと動くようになったPCを前に、晴れ晴れとした気分です。

07716_045

チダケサシ・・・だと思うが自信は無い。アカショウマかもしれない。

今週の記事は、ヤマユリの美しい写真をUPする予定でした。前回の記事の予告どおり、昨日はヤマユリを探しに里山歩きをしてきたんです。

見事に空振りでした・・・

5時間も山をウロウロと歩いた挙句、結局ヤマユリを見つけることはできませんでした。

もちろんヤマユリなんて、そうあちこちに咲いている花ではないのだけれど・・・なんとなく見つける自信はあったんですけどね・・・。

ヤマユリはその名のとおり山林の中で咲く花だけれど、草ボーボーの山には無い。適度に人の手が入っている山林の中で咲く。

そんな風に思っていて、目星をつけて「あそこの山なら絶対咲いている」と自信の有った場所があったのだけれど・・・。いい加減歩き疲れてきた時、天の声が聞こえました。

「お前にはまだ早い!」

はいはい。まだ野草の“や”くらいがわかってきたばかりで、「あの山には絶対ヤマユリが咲いている」なんて言うには10年早かったです。

07716_056

アサザ

沼に咲いていました。これは初めて見た花です。嬉しかった・・・。

まあ、いいですよ。ヤマユリは見つけられなかったけれど、他にいろんな野草の花を見つける事はできましたから。

それに「お前にはまだ早い!」と言われているうちが華ですよ。

まだ青臭い感じでいたいんだ。それになんでもわかっちゃったら、もうそれでつまらないしね。いろんな事がわからないうちの方が、面白いって。

来週の日曜日には、もう一度ヤマユリ探しにチャレンジする予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/14

三年坂

0778_158_1

先日、座間の辺りを散歩してたんです。

ちょっとひなびた、良い感じの石段を見つけたので近寄ってみました。坂の下に『三年坂』と書かれた塔が立っている。あれれ、なんだかロマンチックなにおいがするゾ。傍らに小さな社が有ったりして、それも雰囲気を醸し出している。なんて思いながら、写真をパチパチ撮ったりしていたんです。

そして、塔に書かれている由緒書を読んでみると・・・。

『この坂の途中で転ぶと、三年後に死んでしまうという伝説が・・・』

なんて事が書かれている。

ゲッ!なんだそりゃ!!

なにかロマンチックな伝承でもあるのかと思えば、こんな“三年殺し”みたいな坂だったのか。

恐る恐る登ってみました。一歩一歩慎重に。転ぶなんて事滅多に無いのに、なんだか転びそうな感覚に襲われるから不思議です。

もっとも、登る必要も無かったのですけどね。別に坂の上に行く用事が有った訳でもなし。それでも登ってみたくなるのが人情です。

06716_047_2

さて、世間では3連休だそうです。

私も、3連休というわけにはいきませんが、明日明後日と2連休にしようと思ってます。たまには連休してもバチはあたらないだろうと。仕事がたまってはいるのですが・・・。

というのも、ちょうど今、ヤマユリが咲く時季だからです。梅雨明け間近のこの時季、山の中で咲いているはずです。ずっと前からこの週にヤマユリを見に行こうと決めていたんです。(上の写真は去年撮ったヤマユリ)

このヤマユリの美しさは、やっぱり山で見なくちゃ。山林の中で咲く大輪の花は本当に美しい。孤高の気高ささえ感じる。そして香りがまたウットリとするんだ。

というわけで、ヤマユリはなんとしても探しに行かなくてはならない。去年は2ヶ所で見つけたんだ。今年は、他にもヤマユリの咲きそうな場所の目星をつけているんだ。

問題は台風。明日の午後関東に接近するらしい。たぶん明日はダメでしょう。でも明後日は・・・台風一過のいい天気を期待しているんだ。たぶんそうなると思う。

気がかりなのは、台風後の山道だ。おそらくグチャグチャの泥道になっているかもしれない。そういう山道は転びやすいし、転ぶとホントに惨めなんだ。と言えるのは、実際大雨後の山道で転んだ事があるからです。あの時は服は泥だらけ、手に持っていたカメラも泥だらけ。泣きそうになりました。

それでも、ヤマユリは探しに行かなければならない。ヤマユリの花の時期は結構短いんだ。明後日行かなければ、もう今年は見れないかもしれないもの。

どうか素敵なヤマユリの写真が撮れますように・・・

と・・・、三年坂の事をダラダラと書いているうちに、「あ、三年坂って京都の有名なスポットだった。たしか清水寺の近くの。」という事に気がついた。たぶん、昔行った事があったと思うけど・・・よく覚えていない。あの京都の三年坂も、やはり同じような由来なのでしょうか・・・?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/07/10

犬の糞は・・・part5

0641_066

なんでも有りの当blogですが、たった一つだけ決まりがあります。

『お下劣ネタの禁止』 そう、これは大事な事です。

それなのに犬の糞かい?

という声も聞こえてきそうですが・・・。断じて言います。犬の糞は、決してお下劣ではない!

正確に言うと、犬の糞ではなくて、犬糞禁止看板。街に溢れる犬糞看板。それぞれ工夫を凝らした素敵な看板。そう、犬糞看板は一つの文化だ!!

というわけで、私の犬糞看板コレクションもだいぶ溜まってきました。その1部を紹介する記事も、今日で5回目となりました。

さあそれでは、『犬の糞は・・・part5』です。

06109_066

まあまあ、可もなく不可もなくといったところか・・・。

06107_015_2

イラストはまあ、いいでしょう。気になるのはコピーのほう。

“犬のフン・毛などは・・・”

毛・・・ 毛ぐらいいいだろう?と言いたいが、どうなんだろう。

07513_081

おおッ!なんか好きだなあ、このイラスト。犬の屈託無い表情がいいなあ。ウンチのとぼけた顔も見逃せないゾ。

061029_053

はっきり言って下手。レタリングはしっかりしているのに、このデッサンの歪みは・・・。でも、なんか好感持てるんだよなぁ。ほのぼのとしてるんだよなぁ。

07321_075

これは、今迄に無いパターンだ。犬が説教をしているパターン。首に繋がる鎖が気になるが、“引き綱をつけて!”と書いてある以上しょうがないのか。

07114_052

Oh! ストレート

07211_065

こっちはもっとストレート。もはや犬の糞の文字すらない。“もちかえれ”ではなくて“もちかえり”であるところが微笑ましい。

061210_014

このイラストは・・・(絶句)  何故にこんな不気味なイラストを・・・。

07527_022

07527_023 このイラストはとっても気になるので、アップで紹介します。

なんなんだ、このシュールなタッチは。

決して下手な絵ではない。ただ、役所が設置する看板とは思えないようなシュールさ。

堅苦しい文面に、このポップな書体とシュールなイラスト・・・う~ん、アバンギャルドだ。

 

 

 

 

 

さて最後は

今回のグランプリ作品です。

0748_249

ウンチ袋を持って、とっても嬉しそうなワンちゃんにグッときてしまいました。「何がそんなに嬉しいんだ?」と問いかけたくなる笑顔。頭の周りに鳥が飛んでいるところなんかも、私の琴線をつつきます。

見た瞬間に好きになった作品でした。

 

さて、このblogに「犬糞看板」の検索で飛んでくる方も多いのですよ。犬糞看板のファンって意外と多いのかもしれません。

世に犬糞看板のファンが増えることを願いつつ・・・

犬糞看板に愛を!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/07/07

七夕

PCの日付を見て、「今日は七夕かぁ」と気が付きました。

ベランダに出てみると星が瞬いている。ああ、ロマンチックだねぇ。なんて言っても、どれが織姫でどれが彦星かも知りませんけど・・・。

そういえば最近では、軒先の笹飾りもあまり見かけなくなった・・・ような気がします。あまり家庭ではそういう事しなくなったのでしょうか。

七夕といいクリスマスといい、そういう行事は若い恋人たちのものになりつつあるんですかねぇ。

いえいえ、決して中年のやっかみではありませんよ。若いうちは大いに恋を楽しむがいいさ。

なんて思いながら、今日は先日撮ったラブラブ写真を。

159

「チュッ!」

「おいおい、やめろよ。人が見てるぜ」

なんてね。

私だって若かりし頃はこんな事が・・・・あったかなぁ?

無かったかも・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/04

やっぱり温泉はいいネ!

箱根へ行っていたんですナ。3日間。実はこれ、仕事でなんですけどね。箱根の某有名ホテルからお仕事をいただいていましたので。仕上げにいっていたんですね。

もうこういう仕事、大歓迎ですね。ルンルン気分で行って来ましたね。なんたって箱根ですからね。温泉も楽しみだけれど、箱根の野草を撮りまくってこよう、なんて思いながらね。

ところがですよ! ずっと雨ですよ。3日間ず~~っとネ!!

こういうのが『普段の行いがナントヤラ』ってやつなんですかねぇ・・・。

一瞬陽が射す時間なんかもあったんですけどね。「ちょっと野草の写真を撮ってきます」なんて、勝手に抜け出すわけにもいかないでしょう?クライアントさんの手前。一応仕事しているフリしなくちゃね。

というわけで、今日は写真ナシです。3日間箱根に居て、1枚も写真撮ってませんから。

がっかりダヨ!!

でもなかったんですね。

やっぱり温泉はいいワ。 たっぷりと入りまくってきましたから。 のーんびりと温泉に浸かっていると、普段滅多にお酒飲まない私でも、「ちょっと一杯」なんて思っちゃうところが不思議ですね。そしてまた、朝湯なんてのがいいね~。もう、こういう所に居ると、人間バカになっちゃうね。なんかね、フニャフニャっと腑抜けた感じになっていくのがわかるんだけど、それが心地良いんですナ。

てな感じで、すっかり温泉を堪能してきました。

あー、またバカになりに行きたい・・・。

温泉場の仕事大募集中です。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »