« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007/02/26

街角の猫たち ~特別編~

Matineko

1匹の猫と出会いました。たぶん野良猫。

これは別に珍しい事ではありません。が、こんなに何カットも撮らせてもらえるのは、とても珍しい事です。

たいていは1~2枚撮ったところで逃げられてしまうか、ひどい時はカメラを構えただけで逃げられてしまうのですから。

この猫君はカメラを向けても全く動じる事は無く、そういえばどことなく風格も有ったりして。もしかしたらここら辺の親分さんかもしれないと、そう思ったりしたのでした。

今日は、この猫君に敬意を表して、特集を組んでみました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/02/21

我が家に光がやってきた

061121_053

ええっと・・・お久しぶりです。

いえね、我が家にもとうとう光がやってきたんですよ。

何がって? 回線ですよ。インターネット回線。

何が光なのかはよくわからないのですがね。とにかく“光”ですからね。スゴそうでしょ。“光”なんですから。

その回線の変更やら、パソコンの設定変更やらで手間取ってしまって、ネットにつなげない日が数日間続いていたわけですが。先程、ようやく開通しましたよ。

061210_047

で、先程からネットであちこちを回りながら、「いやあ、光はやっぱり速いなあ~」なんて一人悦に入っちゃっているわけですよ。

が、ちょっと冷静になって考えてみろ!

そんな言うほど速いかァ? 今迄のADSLと比べて、そんなに違いがわかるかァ?

いやいや、それを言っちゃァおしまいだよ。こんなのは気分の問題なんだからサ。「速い速い」って喜んでりゃいいんだよ。実際、速くはなってるんだろうからさ。

それにしても・・・

最初にネットを始めた頃は、電話回線を使った“ダイヤルアップ”というやつでしたからね。まずネットにつなぐのに2~3分かかる。写真の多いサイトなんかは、開くのに1~2分かかる。その間も電話代はどんどんかかる。アイカタには「電話かけたいから、パソコン止めて!」なんて言われる。電話とネットが一つの回線でしたからね。

そんな頃から比べたら、夢のような話です。それもそんなに大昔の話ではないでしょう。ミレニアムだ新世紀だと騒いでいた頃の話ですから。

ほんの数年の間にどんどん進歩していくんです。錆び付き始めた私の脳ミソでは、付いて行くのに必死です。いや、付いて行けてないかも・・・。“光”がなにかもわかってませんし・・・。もっともADSLがなにかも、わかってませんでしたけどね。

07211_078_1

何はともあれ、光です。この記事も光になってUPしていくんでしょうなあ。

(そういう事かあ?)

光を使ったUP第1号は、在庫帖の中から、『光ってる』写真を探してみました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/02/15

春1番も吹きました

07212_057

昨日は春1番が吹きました。去年よりも20日も早いとニュースで言っていましたが、去年は特別に春が遅かったですから。それだけに今年が特別に早く感じてしまうんでしょうね。

先日はここで、オオイヌノフグリやハコベが咲き出したと報告しました。そして今週はほら、ホトケノザが咲き出しましたよ。

もう春になったと言ってもいいんでしょうね。今日も暖かだった。気持ちもホワ~ンとしてしまいます。

07212_040

07212_042

ホトケノザばかりじゃありません。

カラスノエンドウが・・・

オランダミミナグサが・・・

おいおい、ちょっと早すぎだろう?

07212_043

ヒメオドリコソウまでもが!

なんだか今年の春はせわしないねぇ。まだ2月なのに4月の花が咲き出して・・・。

野草といえば・・・

「HPで野草図鑑を作ろうと思っている」と言ってから、早1年近くが過ぎました。忘れていた訳ではないんです。あれから、数千枚ある野草の写真を整理して分類していたんです。暇を見つけてはコツコツと・・・

あ、嘘をつきました。

『暇を見つけては』というのは嘘です。時々思い出したようにやっていました。だから、1年近くたっても、まだ終わってないんですね。

いつまでも写真の整理をしていても仕方が無いので、整理半ばですが、いよいよHPつくりに取り掛かりました。先日から。3年前に買ったっきり、1度も使う事の無かったホームページビルダーが、ようやく日の目を見るわけです。

そう、『野草図鑑のようなもの』を作っています。

この“のようなもの”の部分が大事なんです。だって野草図鑑なんて本屋にもネット上にも、たくさんありますからね。それに専門的な知識も無いから、書けませんし。だいいち専門的な事を書いても面白くは無いでしょう?図鑑を見ていていつも思うんです。花弁がどうのとか、総苞がこうのとか、「そんな事言われても、わからん」と。

できる限りの綺麗な写真と共に、野草の魅力を紹介したいなあ・・・と。野草に詳しくない人が読んでも、面白いHPにしたいなあ・・・と。

(おいおい、自分でハードルを上げてるぞ!)

が、何せ初めての事ですから、四苦八苦しながらやっています。いつ公開することができるようになる事やら・・・。

07212_023

そうそう、アメリカフウロの花まで見つけちゃいました。さすがにこれにはビックリです。

これ、初夏の花ですよ! 5月頃から咲き出す花なのに。

いくらなんでも早すぎ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/02/11

07211_036

暖かな日が続きますね。

例年なら、今頃は一番寒い頃のはず。「この寒さを乗り切れば春だぞ」なんて言っている頃のはず。今年は、一番寒い時期を飛び越して、一気に春になってしまった感じですね。寒がりの私にとっては、ありがたい話ですけどね。

07211_020

例年なら「そろそろ咲き始めたねえ」なんて言っているはずの梅も、今年はずいぶんと早くから咲き始めていました。「もうそろそろ満開かもしれないなあ」と思ったので、今日は梅見に行ってきましたよ。

世田谷の羽根木公園。ちょっとした梅の名所です。

実はもう何回も行っている所なので、今年はどこか他の名所に・・・とも思っていたのですが、他に良い場所も思いつかなかったので。

07211_048

思ったとおり、もう満開に近い状態でした。天気も良く、絶好の梅撮り日和だったかも。

それにしても、梅の花には青空が似合いますよね。私は好きだなあ、青空をバックに写した梅の写真。桜は逆に、ピーカンの天気よりも曇り空の方が、あの淡いサクラ色が綺麗に見えるよね。私の私見ですけど。

07211_046_1

この羽根木公園では、おりしも『梅祭り』が開催中でした。まあ・・私は人気の少ない所でゆっくりとできる方が好きだけれど・・・賑やか好きの人は行ってみる価値はあるかも。2月末までの土日に開催だそうですよ。

07211_022_1

この写真の花は、“飛梅”だそうです。そう書いた石碑がありましたから。あの菅原道真の後を追って、一夜にして京都から大宰府へ飛んでいったという伝説の梅です。太宰府天満宮から挿し木で分けてもらったんですって。

伝説の真偽はともかく、「道真公が『東風吹かば・・・』と歌った梅はこれかあ」と思うと、他の梅よりもまばらな一重の花も、「どことなく気品が有る咲き方だなあ。」などと思ってしまうのでした。

07211_018

最後は今日1番の写真。

“梅にメジロ”

目の前の梅の木にメジロが止まっているのを見つけて、「なんたるラッキー!」とシャッターを押しまくったのですが・・・どれもこれもピンボケばかりで・・・なんとかマシな1枚です。

メジロって梅の花の蜜も吸うんだねぇ・・・。

梅にメジロってスゴクお似合いでした。鶯よりも似合うんじゃないかなあ・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/02/06

春・・・なの?

0724_020

一昨日の事ですけど・・・

オオイヌノフグリが咲いていました。

ポツンとじゃないですよ。ワーっと咲いていました。

私的な決め事としては、『オオイヌノフグリが咲いたら春』という事になっています。ですからここで「春ですよ~!」と高らかに宣言したいところなのですが・・・。

いくらなんでも2月になったばかりですしねぇ・・・・。

「去年はどうだったのかなあ」と去年のblogを覗いてみました。2月25日の記事で「オオイヌノフグリを見つけたから春です!」と書いていました。2月も末くらいになればねぇ。大手を振って「春!」と叫ぶのですけどねぇ。

0724_014

それはそれとして、大好きなんですよ、この花。綺麗なブルーでしょう。待ちに待った春への憧れとも重なるんでしょうね。この花を見つけると、心が躍るんですよ。「野草シーズンの幕開けだア!」ってね。

でもこんなに早くに咲き始めるとね・・・。

「おいおい、もう春かよ」と頭の中に“?”マークが浮かんでしまいました。確かにここ数日、春のような陽気でしたけどね。但し日中はです。朝晩はやっぱり寒いですよ。春と言うにはちょっと早い気もするんですよねぇ。

まあ、それでも咲き乱れるオオイヌノフグリを見つけたのですから。

今年も恒例の宣言をしておきます。

少し遠慮がちに・・・

「春になりました。今年も野草探しを始めます。」

0724_065

ハコベの花も咲いていました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/02/03

Tori3

今日は鳥の写真です。

このblogで鳥写真をUPする時には、鳥とは全く関係無い話題を書く、というのが今迄のパターンでした。

それは何故かというと、私に全くと言っていいほど鳥の知識が無いからです。鳥の話題が書けないからです。だって名前すらわからない。

例えば上の写真は、白鷺だと思うが自信は無い。もし「本当に白鷺か?」と聞かれたら「エエぇぇ・・・たぶん・・」としどろもどろになってしまうでしょう。

Tori4

例えばこの写真。鴨だと思うが、なんだかちょっと違う。いつも見ている鴨とは違い、こいつらは頭が緑色に光っている。

Tori5

じゃあこれは?

明らかに鴨じゃない。

Tori7

とにかく鳥に関しては、全く無知なんです。

それでは何故、鳥の写真を!

だって・・・

冬の多摩川には、野鳥がいっぱい居るんです。

冬は野草の花も咲いていないし、野鳥をやたらと目にするので・・・。

丁度いい被写体なんです。

Tori1

ところで

1番好きな鳥は何かと聞かれたら・・・

千鳥です。

と言っても実際、千鳥を見た事は無い。いや、有るかもしれないけど千鳥の姿を知らないので、気がつかないだけかもしれない。

じゃあ何が好きなのかって?

文様です。

このblogのタイトルバックにも飛んでいるのを気がついていただけたでしょうか?

Tidori ← こいつです

これは私が描いた絵ですが、デザインしたのはもちろん私じゃありません。

江戸小紋などにも使われる、日本の伝統文様の一つ。千鳥文様です。

この文様が大好きなんですねぇ。

だいたい、日本の伝統文様って、花や鳥をモチーフにしたものが多いんです。

Tori6

それから、日本では昔から“花鳥風月”というのが風流の代名詞になっているわけで。

風流に憧れている私としては、鳥も押さえておきたい題材の一つなんですね。

だから、鳥写真を撮りながら、「よく見りゃ、いろんな種類の鳥が居るんだなぁ」なあんて思いながら、ちょっとずつ鳥の勉強もしていこうかなと・・・。

Tori2

この写真、今回の中で私の1番お気に入りの鳥。

なんだか哀愁を感じちゃうんですよねぇ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »