« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007/01/28

蝋梅

07128_030_1

常々、「四季を楽しむのがモットーだ」とか言っていますが・・・。冬が一番つまらない。

花が無いんだ! 花が!

大好きな植物たちが、お休みの季節だからね。

07128_031

そんな寒中真っ只中ですが、「蝋梅(ロウバイ)が咲いているかも・・・」と思いながら、蝋梅の木の有る公園へ行ってみました。

満開でした。

ああ!久しぶりに満開の花を見る。 少しだけ感慨にふける。

でもちょっと何か変。

そうだ。香りが無いんだ。あの蝋梅の甘い香りが漂っていないんだ。

鼻を近づけてみる。花にくっつけるようにして嗅いでみる。・・・かすかに甘い香り。

どうしちゃったんだろう。これだけ満開に咲いていれば、木の下に立っただけで甘い香りに包まれるはずなのに。

なんだか色んな事が、ちょっとづつ変な今年の冬です。

07128_024

そして梅がちらっと咲き出しているのを発見。

ちょっと早いんじゃ・・? いやでも、こんなもんか。去年は異常に遅かったけど、梅が咲きだすのは今頃でもおかしくは無いか。

これはちょっと嬉しいね。

梅の花を見ると、いよいよ春が近づいてきているのを感じるんだ。

07128_038

モクレンの蕾も、しっかり膨らんできています。

早く春にならないかなぁ。野や山に、一斉に咲きだす花達の写真を、撮りたくて撮りたくてウズウズしているんだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/01/22

犬の糞は・・・part4~世田谷編~

S1_1

少数の『犬糞看板シリーズ』ファンの皆さん、こんばんは。久しぶりのpart4です。

過去3回の記事では、30枚の『犬糞看板』を紹介してきました。まだ未公開の物が約20枚ほどあるのですが、さすがに私の行動範囲内では、“出尽くした”感がありました。

ところが有る所には有るんですねえ。

先日、世田谷界隈(東京都世田谷区)を散歩していて、約10種類ほどの『犬糞看板』を採取しました。2時間ほどの散歩で、10種類もゲットしたのは初めてです。

世田谷は犬糞王国か!!

というわけで、今日は『犬糞看板』世田谷特集です。

S3_1

「大変迷惑です!!」

ストレートな表現がむしろ気持ちいいね。ただ、イラストにはもう一工夫欲しかった。

S2_1

これは・・・ふんは持ち帰るのではなく、埋めろということなのだろうか。犬のイラスト、ちょっと変だが、ギリギリ許容範囲。

S4_1

ふんを持ち帰るだけではなく、おしっこを水で流せという看板。世田谷で犬を散歩させるには、ビニール袋を持ってシャベルを持って水を持って・・・いやはや、大変だ。

S6_1

S7

この2枚の看板、明らかに同じイラストを使っているのに、片方には鎖が有り、片方には無い。どうゆう事なんでしょう? なんだか担当者の葛藤が感じられてしまうのですが・・・。

役所担当者「“つないで飼いましょう”という意味も有るのだから、鎖を描き加えましょう。」  デザイナー「いやぁ、鎖を描くと雰囲気が硬くなってですね・・せっかくソフトタッチのイラストな訳ですから・・・。」  役「雰囲気なんかどうでもいいんだよ!」  デ「どうでもいいって言うな!こっちだって一生懸命考えてるんだ!」  役「どうでもいいんだよ!犬糞看板なんだから!バーカ。」  デ「バカって言う方が、バーカ!」

なんてやりとりが・・・あるわけ無いか。勝手に想像が暴走してしまいました。

 

さて、次はもっと微妙です。

S9

S8

S10

この3枚の看板のイラストに注目してください。可愛らしいイラストですね。でも、この3枚、ちょっとづつ違う。わかりますか? まるで間違い探しです。

何故こんな微妙な違いを・・・?

ただの遊び心でしょうか? それとも「JRAとしては、役所とは違うオリジナリティを出さねば」なんて思ったりしたのでしょうか。

 

さてさて、最後の作品は

今週のグランプリ

S5_1

どうです? グッとくる看板だと思いませんか?

実はこの看板、第1回目の記事にも登場しました。あの時には「落書きか!」などと酷評をしてしまいましたが、全く私が浅はかでした。改めてよくよく見れば、なかなか味わい深い看板です。

「されたら嫌なことしてません?」というコピー  いいじゃない。洒落てるよ。

わざと落書き風に描いたイラストも、一見“バツ”には見えずらいバツ印も、どことなく古臭い書体も。   全ていいです。

今回は、昭和レトロな香りをプンプンさせる、この作品をグランプリとさせていただきます。

では、いつかまたpart5で・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/01/17

07114_018_1

「自然は美しいね」なんて言葉を言うと陳腐になってしまいそうなくらい

時として自然はドキドキするような表情を見せる

いつも歩いている場所なのに

いつも見慣れている川なのに

07114_019_1

光の中に小さな影

よく見ればカモメ 一人で煌きを浴びるカモメ

どこから来たのだろう 海から30kmもあるというのに

ちょっと羨ましかった

煌きの中に溶け込んでみたいと思った

あ・・・いい気持ち

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/01/13

街角の猫達 part9

Matineko2

もう10年以上も前に聞いた話ですが。妙に印象深く残っている話があります。著名な学者の森毅先生が、TVだったかラジオだったかで言っていた話です。

「蟻を観察していると、全てが働き者ではないんです。約3割ほどの蟻は、働かないで怠けている。そこで、その3割の蟻を取り除いて、働き者だけを残してみます。すると今度は、残った蟻の約3割が怠けだす。蟻社会においては、3割の怠け者が必要なんですね。人間社会においても、同じような事が言えるのではないでしょうか。」

 

なにせ10年も前の話なので、細部は違っているでしょうが、だいたいこんな内容のお話でした。怠け者って必要なんですね。何故必要なのか? そこらへんも言っていたような気がしますが、覚えていません。(この話で1番肝心な部分なのに!)

ともあれ、何とか3割の中に入りたいと願っているshiroがお送りする『街角の猫』シリーズも9回目となりました。

Matineko1

ところで、猫社会においてはどうでしょうか。まったく当てはまりませんね。猫社会では約10割が怠け者ですからね。働き者の猫なんて見た事が無い。

猫嫌いの人の決まり文句は「猫なんて何の役にも立たない」です。言い返したくても言い返せません。「猫ってなんの役に立っているのだろうか?」と考えても、思いつかないんですね。ネズミ退治?・・・今時ねぇ・・・。

Matineko6

遊び相手?・・・と言ったって1日の大半を寝ているからね、猫達は。

ホントによく寝るよね。あきれるくらい寝ているよね。

そして起きている時でも、自分の興味が有る事以外はしないからね。まさしく絵に描いたような怠け者だ。

Matineko5_1

でも猫好きの私としては、猫のそんなところが好きなんですね。リスペクトしているんですね。

そうです。猫は役に立ちません。いえ、立とうという気がありません。寝たい時には寝ます。食べたい時に食べます。散歩したくなったら、一人で行きます。散歩の途中でだって、寝たくなったらその場で寝ます。時々、蝿や蚊を退治しようとはしますが、すぐに厭きます。

それが猫なんです。

Metineko4

でも、森先生だって言っていたじゃあないですか。怠け者だって必要なんだ。何故かはよく判らないけれど・・・。

もちろん働く事は大事な事。それは否定しない。だけどそれを全てにはしたくないんだ。怠け心も大切にしたいんだ。猫の様な、自由で気ままな精神を忘れたくはないんだ。

Matineko7

街角で猫に出会うと、何故かホッとします。いつまでも猫達が、のんびりと暮らせる社会であって欲しいと願います。

そして私は、カメラを向けて警戒をしている猫の姿ではなく、「普段どおりのリラックスした猫の姿をカメラに収めたい」と思っています。そんなノーテンキな事を大事にしていきたいんです。

Matineko3

それでは今日はこの辺で・・・。

今年も、猫達と猫好きの皆さんにとって、素敵な1年でありますように・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/01/07

朝焼け

0717_011

朝起きて窓を開けたら、東の空の雲がオレンジ色に染まっていた。

朝焼け・・・

しばらくの間、ただボーっと見ていた。その美しさに見とれていた。

いつも空を見ているけれど、朝焼けを見る事は滅多に無い。

目覚めと日の出の時間が一致するのは、日の出が遅いこの季節だけだから。

0717_013

ベランダに出て、ふと西の空を見る。

あ・・・月だ。

モーニングムーン・・・

なんだかとても嬉しかった。東に朝焼け、西に月。理由は無いけど嬉しかった。

こんなちょっとした事から、力を貰っている気がするんだ。自然界のエナジーを。元気の基を、創造の基を。言い過ぎだろうか・・・。でも本当にそんな気がするんだ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/01/03

初詣

正月って、のんびりできていいですねぇ。

ここ数年、正月は何にもしないで、ただただボーっとするって決めているんですよ。正月くらいでしょう。こんな事しても誰にも叱られないのは。別に私の場合、平日に休んだって1週間休みにしたって、叱られる事も無いのですけどね。なんとなく出来ないんですねぇ。気が弱いんですかねぇ。

ただそれも3日目になるともうムズムズしてきちゃう。家の中でジッとしてられない性分なんです。

それだもんで、「ちょっと正月らしい光景でも見てくるか」なんて訳で、初詣に行ってきました。今年は川崎大師に行ってみるか・・と。・・・確かこのblogの去年の初詣の記事では『明治神宮や川崎大師など、人ごみのすごい所に行けるか!』なんて書いた気がしますが・・・そんな事を気にする私じゃありませんので。

さて、川崎大師。なにしろ毎年、正月の人出では全国でもBest5に入る所ですから。すごい人だよ!!

0713_041

ホラ!!歩けないよ、こんなトコ!

0713_046

境内の中なんてこんなだヨ!人人人!ギュウギュウ詰めだ!!

自称野良猫として、普段は人目を忍んで暮らしている私なんか、恐れおののいちゃいましたね。でも正月でハイになっていたんでしょうね。「エーイ、突っ込め~」なんて、人ごみに突入しましたね。

人に揉まれ揉まれて、なかなか本堂に近づけない。後悔しましたね。でも、人に押されて後戻りも出来ない。30分以上も揉まれ揉まれて、やっとお参りしてきましたよ。ホントに神頼みも命がけだ。

0713_042

でも並ぶ屋台にはちょっと興奮。いいもんですよねぇ、こういう屋台が並ぶ風景って。いくつになっても嬉しいんだよね。

1件1件覗き込んでは、色んな物を食べ、色んな物を買い、参道を抜けた時には両手イッパイに物を持っていたんですね。何しろ「これは何だろ?」なんて覗いていると「ちょっと食べてみて~」なんて売り子さんに声かけられる。「ふ~ん、美味しいねぇ~」なんて言っていると、いつの間にか買わされている。典型的なカモだね。

でもまあいいか。正月だしね。こっちもそんな事がちょっと楽しかったりするから。

そんなこんなでお参りを済ませ、プラプラと川崎駅に向かって歩いていると・・・。15号線にスゴイ人だかりが。

そう!ちょうど箱根駅伝が!!

0713_050

なんだか得した気分。声援を送ってきましたよ。

隣で応援していたオバサンに、「今のはどこの大学?」と聞かれたのですが「さあ~~、どこでしょう?」  

声援を送っておいてこれだから、みんないい加減なものだね。もっとも1~2秒で目の前を走り過ぎて、どこの大学かを見る間もないもの。こういうスポーツは、TVで見ているほうが面白いのかもね。

 

という事で、今年の正月も有意義に過ごせました。

ちょっと仕事が押しているもので、明日から頑張ります。

では・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/01/02

謹賀新年

0711001

明けましておめでとうございます

今年の抱負だの目標だのを、語るようなキャラではないのですが・・・。

しいて言えば『健康』でしょうか。

去年はメタボリック症候群を指摘され、さんざんと健康を考えさせられた年でした。悲しい事に、『意識しなければ健康を維持できない』年齢になってしまった事が、何よりのショックでした。

まあ、『ポジティブ』が売りの人間ですから。開き直って前向きに取り組んでいきましょう。

0711_002

そして水鳥のように。

のんびりと暮らして生きたいものです。たとえ水面下ではバタバタと足を動かしていても、はた目では悠然としているようにね。

水の流れにまかせてボーっと浮かんでいるように見えて、しっかりと行きたい方へ進んでいる。そんな風に生きて行きたい。

今年もまた、よろしくお願いいたします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »