« 等覚院 | トップページ | 冬至 »

2006/12/19

山茶花

S1

花の少ないこの季節に、今が花盛りですからねぇ。

今日は山茶花の写真をUPします。街のあちこちで撮った写真です。公園の、街路の、そして人様のお庭の山茶花。

S2

さて、この山茶花ですが、椿との区別がどうしてもつけられません。山茶花と椿の見分けが付かない。

マナカナの三倉 茉奈と 佳奈くらい区別が付かない。あるいは、『ちょっと、ちょっと~』のザ・タッチくらい見分けが付かない。

山茶花と椿の違いってどこにあるんでしょうかねぇ。自分でもちょっと調べてはみたんです。『シベの形が・・・』とか『葉っぱのつやが・・・』とか書いてありますが、イマイチわかりません。

ちょっと前までは、『晩秋から初冬に咲くのが山茶花、春の兆しが見え始めた頃咲くのが椿』だと思っていたんです。でも、そういう事でも無いらしい。寒椿と言って、この時季に咲く椿も有るらしい。そうなるとわからないんですよね、山茶花と椿の違いが。

S3

先日の事。時々一緒に仕事をする絵描きの女史と、山茶花の咲く(もしかしたら椿かも知れないが)道を歩いていました。そして、「山茶花と椿の区別が付かないんだよねぇ・・・」なんて話をしていました。彼女はウンウンとうなずいて、「そうそう、椿とツツジも見分けつかないよねぇ」

「・・・・!!」そんなバカな!椿とツツジの区別ができないなんて!

「君、ホントは花好きじゃ無いだろ!」と言うと、彼女は「正直言うと、全く興味が無い。女だというだけで、花が好きだと思われるから困るんだよねぇ」だって。

ああ、それはわかる。男というだけで車好きだと思ったら大間違いだ。逆に私は「花が好きだ」と言うと、エ゛~という顔をされる。変な奴と思われるのは全くかまわないが、「オカマ系?」と思われるのは嫌なので、若い頃は花好きである事を隠していたりしたもんだ。

こういうのを“ステレオタイプ”というんだ。あるいは“先入観にとらわれている”と。

S4

このステレオタイプという奴は、本当に厄介だ。こいつらは知らず知らずのうちに人の心に住み着いて、創造力の邪魔をするんだ。

例えば、子供に絵を描かせてみる。ほとんどの子は太陽を赤の絵の具で描き、水を青で描く。それが自分の目で見て、自分で受けた印象から出てきた色ならかまわない。でも、たいていは『太陽は赤、水は青』というステレオタイプに染まってしまっているんだ。子供のうちから!

そうなってしまったら、もう何も創造は生まれない。

S5

そう言う私だって、いつもステレオタイプには苦しめられる。いつの間にか心に入り込んでいて、創造力の邪魔をする。“常識”という名を語って、入り込んでくるんだ。それに気づくと、そこから脱却しようともがく。もう数え切れないくらい叫んできた「常識なんてクソクラエだ!」

でも、世間ではそういう人間を変人と言う。別に変人だっていいさ。それが変人であるのなら、私は一生、変人でいたいんだ。

S6

山茶花から、変な方へ話が行ってしまいました。(いつもの事だけど・・・)

ともかく・・・

山茶花と椿、どこを見たら違いがわかるんでしょうか・・・。

そして今日の写真は、山茶花で良いのでしょうか?

|

« 等覚院 | トップページ | 冬至 »

コメント

こんばんは^^
今、山茶花真っ盛りですよね!
色とりどりで八重もあり、見ごたえありました。
今日も素敵な写真をありがとうございます♪

私も椿と山茶花の区別、よくわかりませんが…どうやら藪椿は花ごとボトリと落ちるらしいですね。寒椿と山茶花は花びらが1まいづつハラハラと落ちる…。我が家の庭に咲いているのは寒椿と山茶花のどっちなのでしょう?(謎)
お力になれなくて申し訳ないですm(_)m

でも良かった、私かろうじて椿とツツジの区別はつきます(笑)

投稿: 天・藍 | 2006/12/19 22:42

天・藍さん、こんばんは。
天・藍さんに遅れること1ヶ月(位かな?)、ようやく撮りためていた山茶花の写真をUPしました。もしかしたら、寒椿の写真も混ざっているかもしれませんが。(笑)
そういえば椿の花は、花ごとボトっと落ちますね。それが縁起が悪いとか言われたりして。
でも寒椿の花は、山茶花のように1枚づつ落ちるのですか!?
ああ・・、それでは区別の基準にならない・・・。(笑)
でも、天・藍さんが、椿とツツジのわかる人で良かった!(笑)

投稿: shiro | 2006/12/19 23:16

おはようございます。
サザンカとツバキは交配種もあるから
開花時期も重なるし、
花も似ているしって感じで、
厳密に区別をつけるポイントはわかりません。
そんなわけで、私は、 天・藍様同様、花全体がポトって落ちるのがツバキ、
花びらがパラパラと落ちるのがサザンカと決めつけています(笑)。
乏しい創造力に日々打ちひしがれる毎日なので、
「常識なんてクソクラエだ!」ととても言い切れるほどではありませんが、
既製品をそのままコピーするのではなく、
せめてほんの少しアレンジしたりして使いたいナーとは思っています。
そんなわけで、「ガーデニング」も中途半端、
「鉄道模型」も中途半端な「庭園鉄道」作りが、一番性に合っているのかもしれません(笑)。

投稿: どてかぼちゃ | 2006/12/20 04:14

どてかぼちゃさん、こんばんは。
どてかぼちゃさんでもわからないのですか! やっぱり椿と山茶花の区別は難しいのですね。
私もあまり深く考えず、ボトっと落ちるかパラパラ落ちるかで決めることにしましょう。
>「鉄道模型」も中途半端
エ゛~~~!!! 庭に鉄道を敷いて、汽車を走らせてしまう人が!!
全然中途半端だとは思わないです。むしろやりすぎ・・・。(笑)
どてかぼちゃさんのガーデニングが中途半端だったら、私のなんて中途までも行かないくらいです。

投稿: shiro | 2006/12/20 21:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73531/13128450

この記事へのトラックバック一覧です: 山茶花:

« 等覚院 | トップページ | 冬至 »