« 何でしょう? | トップページ | 山茶花 »

2006/12/15

等覚院

Toukakuin3

良いお寺や神社は、山門や鳥居をくぐった瞬間にわかる。凛として清らかな空間というか、俗世間とは一線を引いた粛々とした雰囲気というか、境内に入った瞬間にそんな空気を肌に感じるのだ。

そしてその感覚が好きなので、神社仏閣巡りが好きだ。散歩の途中で見つけると、必ず立ち寄る。

だが、良いお寺や神社はそうそう多くはない。先日、久しぶりに良いお寺を見つけたので、今日はそのお寺を紹介します。

神木山等覚院という。自宅から車で20分程の所にある。よく通る所だが、大通りから奥まった場所に有るので、今まで気が付かなかった。

この辺をウロウロと散歩していて見つけたのだが、山門をくぐった瞬間に「ああ・・・良いお寺だなぁ」と思った。

Toukakuin7

ここで言う『良いお寺・神社』とは何かというと、私の独断と偏見で「良いお寺(神社)」だなぁ」と思った所が、“良い”所なのだ。お寺や神社にとってみれば、「お前に良い悪いを言われたかねぇよ!」と言いたいだろう。が、私の楽しみのために私が決める事なんだから、かまわないでしょう。

それでも「良いなぁ」と感じる基準はある程度有ります。

まず人が少ない事。観光客の多い所はパス。これは私が人ごみ嫌いだから。そして、古い建物や石彫・木彫が残っている事。こういうのを見るのが好きなんだ。そして、ただボーっとたたずんでいるだけで、時の経つのも忘れてしまうような所。なんと言うか、和の伝統や心を感じる様な所が好きなんですねぇ。

Toukakuin1

この等覚院にも、素敵な彫刻がいっぱい有りました。

まず痺れたのがこれ。手水鉢を支える小人達。(何か仏教的に意味が有るのかも知れませんが、無学なもので・・・) 見過ごしがちな足元の小さな石彫ですが、妙にインパクトがあるんですね。力強くていい彫り物だ・・・。

Toukakuin4

本堂には、寺社彫刻の定番、龍です。大胆でありながら繊細で、これもまた良い木彫だ。

Toukakuin6

象です。伝統彫刻の一つだけれど、なかなか見かけないんですよ、象は。ちょっと恐ろしげな表情が、好きだなぁ。

Toukakuin5

これはよく見かける唐獅子。でも、躍動感があって、スゴイ彫り方だと思う。

私、一応、美術造形を生業としていますので、彫刻にはうるさいんです。でも、こんな彫刻を目の当たりにしたら、ただただ羨望と憧れの眼差しで見つめるしかないですよね。

古(いにしえ)の名も無き職人たちが彫った、こういう工芸彫刻って、本当に素晴らしい。そして、こういう物を大事に保存している場所って、お寺や神社なんです。

もうそれだけで、頭が下がります。

Toukakuin2

手水舎に供えてあった花。

こういうお寺って、お供えの花でさえどことなく気品が有って、素敵に見えてしまう。

この等覚院、後で調べてみたら、“つつじ寺”としてちょっと有名なんだそうです。つつじの季節になったら、もう1度行ってみることにしましょう。

|

« 何でしょう? | トップページ | 山茶花 »

コメント

おはようございます。
歴史あるお寺のようで、落ち着いた佇まいですね。
手入れの行き届いたお庭が、
裏山を借景に実に馴染んでいますね。
ツツジが満開の頃は、きっときれいでしょうね。
でも、人混みも凄いのでは…!?(笑)

投稿: どてかぼちゃ | 2006/12/16 11:10

どてかぼちゃさん、こんばんは。
>裏山を借景に
あああ!それです、それ!さすが、どてかぼちゃさん、いい表現をしますね!
その、“裏山を借景に馴染んだ”佇まいが、実に落ち着けて、心地よくて、とにかく素敵な場所でした。
ネットで調べた情報だと、色んな種類のツツジがたくさん植えてあるのだそうです。花が咲いていないので、ツツジとは気が付きませんでしたが。
でも、確かにそのシーズンは人が多いのかも。『ツツジ寺として有名』と書いてありましたから。
でも、興味を惹かれるんですよね・・・。人ごみを避けて、平日とか早朝とかに行ってみます。人ごみの中では、満開のツツジも趣が半減し茶いますからね。(笑)

投稿: shiro | 2006/12/16 21:42

素敵なお寺ですね!
これだけ見事な彫刻があるお寺は珍しいのでは?
唐獅子の渦巻いた毛の表現がまるでそのまま動き出しそうなほどリアルでビックリ。
日本独特の造形美、私も大好きです^^

>美術造形を生業
そうなんですか!今までブログを拝見していて多分そっち系のお仕事されてるんだろうな~とは思っていましたが。
私は平面ペッタンコな世界の人間ですから、立体の世界を表現出来る方は尊敬してしまいます♪
shiroさんてやっぱり凄い方なんだ~!(゜∀゜)ノ

投稿: 天・藍 | 2006/12/17 16:54

天・藍さん、こんばんは。
古い建物がそのまま残っている神社仏閣には、木彫装飾がよくあるんです。が、ここまで見事なのは、そう多くは無いですよね。
ホントに毛の表現がスゴイですよね。渦巻き方といい、たなびき方といい、躍動感に溢れています。もう、見ていて痺れてしまいました。
 
はい、そっち系の仕事をしています。いい加減でテキトー系の仕事ですから、もうblogの雰囲気そのままです。
天・藍さんはデザイン系ですよね。平面も立体も同じ事ですよ。
“凄い”だんて、そんな・・・恥ずかしい。テキトーな仕事なんです。

投稿: shiro | 2006/12/17 22:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73531/13080197

この記事へのトラックバック一覧です: 等覚院:

» 20070823 神木不動尊@神奈川県川崎市<第6番> [お~い えっちゃん!]
おーい えっちゃん 聞いてくれ! 今日は時間が取れたし近場やから梯子しました。武蔵小杉で南武線に乗り換えて溝口駅で下車、そっからバスで神木本町っていうバス亭からすぐにある「神木(しぼく)不動尊」へ。 あのな、お昼近くやったんやけど、お天気がめ... [続きを読む]

受信: 2007/09/03 13:24

« 何でしょう? | トップページ | 山茶花 »