« ヒガンバナ | トップページ | 上野界隈 その2 »

2006/09/24

上野界隈 その1

06923_025

知人・・と言うより大先輩の彫刻家から、『新制作展』の招待券をいただいた。そしてまた、友人が『東京展』に出品したからと言って入場券をくれた。奇しくも、両方とも上野の都美館(東京都美術館)で開催中である。

そして秋分の日の朝、上野公園を歩いていた。別に“芸術の秋”を洒落ているわけではない。だとしたら西洋美術館で開催している、『ベルギー王立美術館展』の方に行く。知人が出品しているから、と言うわけでもない。(それはちょっと有るけど) そんな義理堅い人間ではないのだ。どちらかと言えば、付き合いが悪くて有名なのだ。

ただ、2枚のチケットを眺めていたら、「久しぶりに上野界隈をブラブラと歩いてみよう」と思いたっただけなんです。

06923_022_1

上野公園内に有る花園稲荷の狛狐。そんなに古いものではないが、力強い造形が気に入っている。

ここ上野に来るのは久しぶりだ。5年・・・いやもっと来ていないかもしれない。近頃では美術館めぐりも、すっかりしなくなったし。

その久しぶりの上野公園だが、なんだか昔と雰囲気が違う。その理由はすぐにわかった。露店が一つも出てないのだ。たまたまか? いい天気の休日だというのに、露店が一つも無い。昔は地べたにシートを広げて、いろんな物売りがいた。いったいこれは・・・物売り達を公園から締め出しているのだろうか・・・。なんてバカな事を・・・。

06923_027

そしてパフォーマー(大道芸人)達もいない。これはおそらく、東京都が大道芸人の公認制度なるバカな規則を作ったせいだ。こんな事に役所が介入すべきじゃないだろう。「街角のパフォーマンスくらい自由にやらせてやれ」と言いたい。少々やんちゃで無鉄砲な若者達のパワーが、新しい文化を作り上げていくんだ。

06923_035

ようやく見つけたパフォーマー。彼は東京都公認だ。その証拠に、料金箱(?)に東京都のマークが。しばらく見ていたが、面白かった。

かくして上野公園は、露店も無くパフォーマーも無く、人だかりができることも無く、歓声が上がることも無く。人々が動物園や美術館に行くために通りすがるだけの、つまらない公園になってしまった。

そんな事を思いながら、公園を一回りして都美館の前へとやってきたのでした。

06923_034

都美館の入口にあるオブジェ。「きっと誰もがこのアングルで写真を撮るんだろうな」と思いながらもパチリ。青空と美術館が写るこの構図が、このオブジェの作家の狙いなんだろう。

『新制作展』について、あれこれ言う気はありません。巨匠の集まりなんだから、いい作品ばかりに決まっているさ。招待券をくださった照井榮先生の石彫も、相変わらず繊細で素晴らしかった。何より、佐藤忠良先生が出品していた事には驚いた。新制作会の親分だから、出品するのは当たり前だろうけど、もうとっくに80歳はすぎているはずだ。いまだ健在で力仕事の彫刻を彫っていらっしゃるとは。

さてもう一つの『東京展』の方は・・・。『新制作』を見た後ではちょっと疲れてしまって・・・とにかく友人の作品だけを見て失礼しました。二つの展覧会を続けて見るのは、精神的にしんどい。

さてさて、上野公園を後にして、谷中・千駄木あたりをブラブラ散歩してみよう。どっちかというと、こっちの方が楽しみで上野まで出かけてきたんだ。

という所で・・・続く。

|

« ヒガンバナ | トップページ | 上野界隈 その2 »

コメント

>力強い造形
本当に。狼のような形相。顔に筋肉が付いていますもの。
神楽坂近くの豊川稲荷のオキツネ様はひ弱です。
20年前、母が頭部動脈瘤で13時間に及ぶ大手術の時、「私の残りの命を半分に分けて下さい」と毎日通った悲しい記憶が蘇ります。母はその時助かり4年前大往生致しましたがひ弱そうなオキツネ様でも願いを聞き届けて下さいました。御礼が油揚げ二枚という貧弱さも助かりますが首を傾げましたっけ。
上野というと花見より公園にお店の方からご飯を貰える沢山のノラちゃんがいて日向ぼっこの太ったノンキ猫を見る楽しみが一番の目的になっています。11月末には遠くないマンションに引っ越す事にしました。上野、浅草と生まれ育った下町が一番いい。ふるさとに戻る気分です♪

投稿: ちょも | 2006/09/25 21:00

ちょもさん、こんばんは。
豊川稲荷には行った事が無いのですが・・。ちょもさんの願いが通じたのですから、霊験あらたかな神様なんですね。
神社仏閣の彫刻を見て歩くのも、私の趣味の一つなんです。力強い彫りもあれば、ひ弱・・いえ優しい彫りもある。それぞれ、どちらがいいと言う事ではなく、職人の心意気が伝わってくるような彫り物が大好きです。そんな意味でここの狐は好きな彫刻の一つです。
ちょもさんの願いをかなえた豊川稲荷の狐、機会があったら見てきます。
ああ・・上野公園にも猫は多そうですね。この日は1匹も見かけませんでしたが・・。“日向ぼっこのノンキ猫”はホントに心が和みます。
そうですか・・下町に引越しが決まったんですか。前々から、そうしたいとおっしゃってましたものね。良かったですね♪

投稿: shiro | 2006/09/25 23:21

上野はイイ所ですね。
風情たっぷり、飽きずにブラリ歩き。
私も行ってみたくなりました。
3枚目、タマスダレですよね?横顔たくさん(笑)
きっとユラユラ揺れて綺麗だったのでしょう。白が輝いてます♪
最後の1枚は魚眼レンズのようでユニークですね^^
そこでshiroさんが覗き込んでビヨーン顔をパチリとやって頂ければもっとユニークだったのに(笑)なんて冗談です。
その2も含めて楽しませて頂きました^^

投稿: 天・藍 | 2006/09/30 17:14

天・藍さん、こんばんは。
上野界隈は風情が有りますね。あまり行く事も無いのですが、この日は久しぶりに歩いてみて、「やっぱりいい所だなァ」と思いました。
3枚目はご存知のタマスダレです。天・藍さんのタマスダレの写真を思い出しながら、『光をいっぱいに浴びたタマスダレ』の絵を狙ってみました。が、天・藍さんのようにはうまくいきませんでしたけど・・。
最後の1枚は、真ん中に小さ~くカメラを構えた私が写ってま~す。

投稿: shiro | 2006/09/30 20:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73531/12024741

この記事へのトラックバック一覧です: 上野界隈 その1:

« ヒガンバナ | トップページ | 上野界隈 その2 »