« ツリフネソウ | トップページ | 上野界隈 その1 »

2006/09/22

ヒガンバナ

06922_001

この季節の土手を彩る、風物誌ですから。

季節を大切にする当blogとしましては、外すわけにはいかない花です。

06922_031

ヒガンバナ。文字通り彼岸の頃に咲き出します。毎年ほぼ正確に。

『暑さ寒さも彼岸まで』なんて事を、昔の人は言いました。昨日今日と、なんだかムシムシとした残暑でしたが、それももう終わりですね。そう思ったりすると、何故か夏が名残惜しくなったりするものです。

06922_011

野草を食べる事を趣味としている友人がいて、「ヒガンバナの球根は食べれる」と教えてくれました。「確かヒガンバナって毒草だったはず。」と聞くと、「何度も水に晒して毒抜きをすれば食べれる。」と。

そこまでして食べるほど美味いのか?と聞くと、たぶんそれほど美味くは無いとの答え。じゃあ何故、毒抜きまでして食べる?

06918_052

ところで、白いヒガンバナって見たことありますか?

先日見つけて、ビックリしました。「なんだコレ!?」と叫びそうになりました。

調べてみると、シロバナマンジュシャゲという花で、ショウキズイセンとヒガンバナの自然交雑種らしい。赤いヒガンバナも妖艶な美しさだけれど、このシロバナマンジュシャゲもまた妖しい美しさを持っていました。

だいぶ暗くなってから見かけた花なので、ちょっと画像はイマイチ。今度天気がいい日に、撮り直しに行くつもりです。

|

« ツリフネソウ | トップページ | 上野界隈 その1 »

コメント

あ、画像がポップアップした!(・∀・)
見事な彼岸花の群生ですね。
2枚目のツユクサ(ですよね?)の紫色と紅の対比が面白いです~
シロバナマンジュシャゲ(゜◇゜)!
うわー白い彼岸花!
これは取り直し作品期待大です♪
楽しみに待ってます^^

投稿: 天・藍 | 2006/09/22 23:33

白くても赤くても彼岸花、ムクゲは苦手です。
多分、お寺、神社に多いためだろうと自分を分析していますが。神社仏閣を鑑賞して歩くのは好きなのですが直接的に関係する場合は良い思いをしていない時なのでその時の気分が花を見ただけで雰囲気を思い出してしまうのだと思います。
彼岸花は花が終り、冬の間、細い葉が集まりコンモリと茂る塊が折り鶴ランに似ていて葉は好きです。
>ヒガンバナの球根
キャッサバのようなものでしょうか。青酸配糖体が含まれているのを何度も濾しながら無毒にした粉やタピオカになって輸入されていますが現地では相変わらず料理方を間違えた中毒死がありますね。河豚同様素人料理は君子危うきに近寄らずの方が間違いないかと…
売っているタピオカは大好きで食べますし、冬場は白玉の変わりにお汁粉に入れたりして料理にも使いますが^^

投稿: ちょも | 2006/09/23 20:02

天・藍さん、こんばんは。
多摩川の土手にはポツポツと咲いていて、それはそれで良い風景なのですが。たまたま固まって咲いている所があったので、そこで撮影しました。
それほど見事な群生でもないのですが、そう見えるようアングルに苦労しました。
ツユクサの中のヒガンバナもなかなかいいでしょう?けっこう気に入っているんです。
シロバナマンジュシャゲ、撮り直しに行く時まで、咲いていてくれるといいのですが・・・。

投稿: shiro | 2006/09/23 22:00

ちょもさん、こんばんは。
好き嫌いは誰にでもありますから。
ヒガンバナの事は、嫌いな人が多いですね。ウチのアイカタ(奥様)も、好きじゃないと言っていました。なにか気味が悪いと。
>お寺、神社に多い
そう言われれば、そのような気もします。別名が曼珠沙華ですから、なにか仏教っぽい名前ですよね。仏教と関係があるのでしょうか。
キャッサバは知りませんでしたが、タピオカは知っています。あれも毒抜きをした食べ物でしたか。中華のデザートで出てくるタピオカミルクくらいしか知りませんが・・・。お汁粉にタピオカ・・・、ちょっとイメージできない・・・スミマセン。

投稿: shiro | 2006/09/23 22:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73531/11997619

この記事へのトラックバック一覧です: ヒガンバナ:

« ツリフネソウ | トップページ | 上野界隈 その1 »