« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006/08/30

夜の花

06827_113

今日は夜の花の話です。と言っても、銀座や六本木の話ではありませんよ。

この夏、自分で自分に課していた『夏の宿題』があったんです。それは、カラスウリの花の写真を撮る事。

真夏の夜だけに咲く、この花をご存知の方も多いかと思います。夜の8時頃から開きだして、夜明け前にはしぼみ始めます。

もちろん私も、今迄何回も見ています。でも、まともな写真は1枚も撮っていない。フラッシュ撮影だと、白い花が飛んでしまうし、かといって夜の山の中で、フラッシュ無しでどう撮ったらいいかもわからないし。

でも今年の夏は絶対撮ろうと決めていました。なのにグズグズしているうちに、夏ももう終わってしまう。

06827_099

そこで意を決して行って来ました。撮影方法もわからぬままですが、三脚と懐中電灯を持って行けば何とかなるだろうと。

昼間のうちにカラスウリの蕾を見つけておいたんです。そして、夕食後に三脚を担いで林の中へ。

おお~、咲いてる咲いてる。いつ見ても妖艶な花だなァ~。

いろいろ設定を変えながら50枚くらい撮って、何とかマシなのが5~6枚。夜の撮影は難しい~。

“カラスウリ 花”で検索すると、見事な写真を撮ってらっしゃる方もいらっしゃいます。どうゆう風にとっているんだろう? ちょっと勉強して、来年のお楽しみにとっておこう。で、今年はこの程度の写真で一応満足、という事にしておきます。

06827_114

どうです。妖しくも美しい、不思議な花でしょう。

まさにこれぞ夜の花だなあ。

と言っても、繁華街の夜の花の事は、よく知らないんですけどね。

お酒をほとんど飲まないもので・・・。

| | コメント (12) | トラックバック (1)

2006/08/27

街角の猫達 part7はちょっと怒ってます

Neko72

最近で最も腹立たしい話。

坂東眞砂子という小説家(不覚にも私はこの作家を知らなかったが、人気作家らしい)が、8/18の日経新聞に掲載した『仔猫殺し』というコラム。

もちろん私は日経新聞を読むような人間ではない。経済なんて最も苦手な分野だ。「日経にこういう記事が載って、問題になってます」という読売新聞の記事を読んだのだ。そして、腹が立つやら、悲しくなるやら・・・。

Neko71_1

この坂東という人は3匹の猫を飼っているが、仔猫が生まれるたびに家の隣のがけ下に投げ捨てていると言う。

そしてそんな事をしながら、その行為は飼い猫を避妊手術するのと同じ事だと言う。『子種を殺すか、できた子を殺すかの差だ』と。

Neko74_1

私はウチの飼い猫の避妊手術をしている。毎年のように生まれてくる、仔猫の面倒をみきれないから、飼い主の義務としてそう考えたのだ。それを、仔猫を殺している女に、同じ事だと言われたのだ。

あー、もう!ホントに腹が立つ!

Neko75

確かに、避妊手術をする事にも、賛否はあるだろう。私だって、猫を飼う上でいろんな矛盾を感じているのだ。そう、人間が他の生き物とコミュニケーションをとろうとした時、そこにはいろんな矛盾が生じるのだ。誰もが、その矛盾を自分の中で処理しながら、ペットと家畜とそして野生動物と接していくのだ。

このコラムの内容は、この坂東という人なりの矛盾の処理の仕方かも知れない。でも、一つ言わせて貰えば、「この女は狂ってる」。

Neko76

私が猫好きだから、こんな事を言うのではない。いや、猫好きだからかもしれない・・・。

ノラ猫が好きで、ノラ猫写真を撮り続けているが、決して「ノラ猫が増えればいい」と思っているわけではないんだ。

ノラ猫の避妊運動をボランティアでしている方々の事は、尊敬している。一方で、人目に隠れて、ノラ猫に餌をあげているおばさんも知っている。愛すべき人だとすら思っている。

Neko73

自分でもよくわからない。たぶん正解の無い問題だから。

だから、いろんな意見があるだろうさ。自由に発言していいのが日本の良い所なんだから。

でも、この坂東の意見は絶対違う。そして、こんな文を掲載した日経の姿勢も疑う。

Neko77

なんかガラにも無く、シリアスな事を書いてしまいました。ホントは、こんな事を言うのは好きじゃないんだ。でも、猫好きとして一言、言いたかったので・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (3)

2006/08/21

残暑お見舞い

06820_090

7月は肌寒い日が続き、今年は冷夏かと思っていたけど、やっぱり今年も猛暑でしたね。毎日毎日暑い日が続きます。が、だいぶ暑さにもなれて、炎天下の中を歩き回っても、暑さ負けする事もなくなりました。相変わらず、ヒマを見つけては散歩をする日々を送っています。

06820_050

高校野球も終わりましたね。今日は私も仕事で、試合を見ることはできませんでしたが、先程アイカタ(奥様)から、今日もいい試合だったという話を聞かされていました。

昨日は二人でテレビ観戦していたんです。野球音痴のアイカタに、ルールの説明をしながら・・・。モ~、メンドクサイ。

野球のルールも知らないアイカタが、何故夢中になって見ていたかというと・・・早稲田実業のピッチャー、斉藤君です。巷で評判なんですってね、“ハンカチの王子様”とかって。アイカタも「可愛い~!」と、キャーキャー言いながら見てました。

いくつになってもミーハーな困ったおばさんです。ま、いいですけど。私も人の事言えないし・・・。

06813_056

「暑い暑い」と言いながらも、夏も残り僅かになってきました。マリンスポーツとかと縁の無い私としては、夏はただ暑いだけなんですけどね。

それでも夏には夏しか見れない、風景があるわけですし・・・。せっかく四季の国に生まれてきたのだから、夏の景色も目に焼き付けたくて・・・。暑い中をウロウロと歩き回ってます。

06820_017

そしてホラ、昨日はクズの花が咲いているのを見つけました。

06820_032

そしてツルボの花も。

両方とも秋の花です。もう秋は、すぐそこまで来ているのかもしれません。

そういえば、夕方吹く風が、心地よくなってきたような気がします。こころなしか、秋の匂いがしてきたような気がします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/08/18

ヘクソカズラ

He3

今日の花は、ヘクソカズラです。

どこででも見かける花ですよね。6月くらいから花が咲き始めます。9月いっぱいくらいは咲いています。

でも、たぶん1番美しいのは8月半ばの今頃じゃないかと思うんです。真夏の太陽の下で、まさに咲き乱れるという感じで咲いています。

He2

ヘクソカズラ。漢字で書くと屁糞葛。ずいぶんイヤな名前を付けられたもんだね。屁の上に糞だものね。もし自分がこんな名前を付けられちゃったら、死にたくなっちゃうよね。

『とても臭い』というのが、この名の由来らしいけど。鼻を近づけてクンクンしてみても、クサイ臭いはしないんですよね。無臭に近い。あの『女郎のように美しい』と言われているオミナエシの方が、よっぽど臭い。

いろいろ調べてみると、ちぎるとクサイらしい。興味ある人はちぎってみてください。私はあまり、草をちぎる習慣がないもので・・・。

He1

どこででも見かける、ありふれた花だけど。イヤな名前の花だけど。

でも、この花を『美しい花』だと思っているのは、私だけじゃ無いはずだ・・・。そんな思いを込めて、今日はヘクソカズラを記事にしてみました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/08/12

野菜の花

Nasu

『親の話と茄子の花は千に一つの無駄も無い』なんて言いますが・・・。

私も15年、人の親をやってますが、どちらかと言えば無駄な事ばっかり言ってますからね。中には無駄咲きばっかりする茄子も有るだろうと、そう思っていますがね。

それはさておき、上の写真、これが茄子の花です。畑で見つけて、綺麗な花だなァ、と思いました。いい紫色ですよね。透明感も有って。茄子の花をまじまじと見るのは初めてかもしれない。茄子は大好きな野菜なんですけどね。天ぷら、焼き茄子、揚げ浸し。味噌汁に入れてもいいし、漬物も。野菜の中で1番好きかもしれない。それなのに花は知らなかったなァ。花好きを自認する私とした事が・・・。

Kyuuri

なんて事を考えながら歩いていたら、野菜の花があちこちの畑で咲いているんですね。これはキュウリです。キュウリもいいですね。味噌を付けて丸かじりなんてのも。

Tomato

そしてトマト。トマトはちょっと苦手。いえ、食べれないわけではないけれど、あまり好きではない。なのに、この花の横にぶら下がっていたトマトは、みずみずしくて美味しそうに思えてしまったから不思議。

Ingen

インゲンです。

ちょっと気をつけると、いろんな野菜の花が見つかります。いままであまり畑の花って気にしたことが無かったものなァ。

この時季は野草の花って意外と少ないんです。“花探し散歩”を趣味とする私としては、いい題材を見つけた感じです。

Tougan

Tougan2 この花はなんだろうと思いながら回りを見ると、こんな実が成っていました。

これは・・・・・トウガン?

と言う事は、トウガンは夏野菜? 確か冬瓜って書くんでしたよね。

???

 

Humei_1

最後はこの花。さて、何の花でしょう?

いえ、問題では無くて・・・、知らないんです。周りを見回しても、実が成っていなかったもので。

トウガンの花に似ているけど、地面を這っていたから・・・。

かぼちゃ? スイカ?

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/08/03

ねこ日和

夕方5時。いつもよりだいぶ早く、仕事場を出ました。特に理由があるわけではありません。ただ、チャリンコでブラブラしながら家へ帰ろうと思っただけです。一生懸命こげば20分の距離を、日が落ちるまでの1時間半、写真のネタを探しながらブラブラ帰ろうと思いついただけです。

0683_001

仕事場の周りに住んでいる、顔見知りのノラ君。素敵な場所を見つけたね。ダラっとした足がとても気持ち良さそう。

0683_002

ほら、また猫発見。私、猫には目ざといんです。猫写真が大好きなもんで。ココの家の飼い猫かな。ちょっと不審な目で私の事を見ています。

0683_003

道端でハゼラン発見。三時草の別名のとおり、夏の夕方にしか咲きません。これも夕方の散歩でしか見れません。

0683_005

駐車場で、昼寝をしていた猫発見。私の気配に気付くと、お腹を上にして睨みつけてきました。不思議なポーズに見えるけど、猫ってこのポーズ、良くやるんですよね。野良はあまりやらないかなァ。だから、たぶんこの猫君は飼い猫。

0683_019

ほら、またいた。これは、「ちょっとでも近づいたら、すぐ逃げるよ!」のポーズ。こういう時には遠くから望遠でそっとね。

0683_027

川の土手で。今日はずいぶん猫が多い日だ。猫を全く見かけない日と、今日みたいにやたらと見かける日とがあるんです。外猫ウォッチャーの私ですが、いまだにその日の違いが判りません。でもきっと今日は、ねこ日和なんだ。

昼間はうだるような暑さだったけど、夕方になって爽やかな風が吹き始めたもの。こういう日がねこ日和なのかなァ・・・。

0683_028

ほらほら、また見つけた。でもだいぶ薄暗くなってきて、私のカメラも限界寸前。この写真も、シャッタースピードが遅すぎて、手ブレをおこしてます。

0683_030

西の空を見ると、真っ赤な夕陽。さあ、そろそろ帰ろう・・・。

ヒグラシの声が妙に心地よかった。有意義な夕方の散歩でした。

| | コメント (10) | トラックバック (1)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »