« フワフワ | トップページ | 初夏の野草 ~日陰の花~ »

2006/06/01

初夏の野草 ~土手の花~

06528_145

服装には全く無頓着だ。スーツなんて滅多に着ないし、チノパンにポロシャツが多い。それも自分で買うことは、ほとんど無い。だいたいアイカタ(奥様)が買ってきた服をきている。そしてアイカタも、安物しか買ってこない。いつも服を汚したり、破いたりするからだ。だいたい、服なんか汚れてたって、シミが付いていたって、あまり気にしないんだ。極度の恥ずかしがり屋のくせに、人目を気にしない、変な性格のせいだ。

そんな私だが、さすがに今回の服の汚れには『アチャー』と思った。ズボンもシャツもドロドロだ。雨上がりの土手で、はいつくばり、這いずり回っていたせいだ。だって、花の写真は、ネコ目線のローアングルで撮るのが好きなんだ。

家へ帰るなり、アイカタがヒステリックに叫ぶ。

「どうしたら、下ろしたてのズボンを、こんなに汚せるワケ!」

しょうがないから、私も言い返す。

「ズボンなんて、履いてりゃ汚れるさ。」

「こんな子供みたいな汚し方する人、イマセン!!バカみたい!」

ウ~ン、さすがに今回は、「バカみたい」と言われてもしょうがないか。さすがにこれだけ汚しては、自分でも「バカかもしれない」と思う。そして、「バカかもしれない」と思うことが、ちょっと嬉しかったりもするんだ。

だって、「バカみたい」な事って、とっても楽しいんだよね。

Ookinkeigiku

オオキンケイギク

この時期の土手で、一番美しいのがこの花。風に揺れるオレンジイエローは、なんとも綺麗。ずっと眺めていたい。

Hanaudo

ハナウド

白いレースの様なこの花も綺麗です。いつも虫がいっぱい止まっているから、甘い蜜を持っているのかもしれない。が、臭いはちょっとくさい。

Kometubuumagoyasi

コメツブウマゴヤシ

『コメツブツメクサの大きいのがある』と、ずっと思っていました。最近いろんな植物系のサイトを見て、“コメツブウマゴヤシ”という全く別の花だと知りました。ネットの情報力はスゴイ。

Murasakitumekusa

ムラサキツメクサ(アカツメクサ)

これから夏まで、土手の主役はこの花。シロツメクサに変わって、土手いっぱいに咲き乱れます。

Niwazekisyou

ニワゼキショウ

気をつけていないと見落としてしまう程小さいけれど、可愛らしい花です。写真の紫花の他に、白花や青花が有ります。

Matubaunran

マツバウンラン

これもまた、小さな花ですが、蘭の一種です。よく見れば、蘭らしい美しさと気品を持っています。風にゆらゆらと揺れています。

Himejyoon

ヒメジョオン

ハルジョオンが徐々に姿を消しつつあるなか、ヒメジョオンがポツポツと咲き始めました。爽やかな季節から、暑い夏へと変わりつつあるんですね。ハルジョオンも好きだけど、このヒメジョオンは、さらに繊細な感じがして大好きです。

やっぱり土手の花は、風に揺れる姿がいいんだなア・・・。

|

« フワフワ | トップページ | 初夏の野草 ~日陰の花~ »

コメント

おはようございます。
我が家では、親子で怒られています。
まー、洗濯する側からすれば、
次から次へと汚せば、
文句のひとつも出るかなーと思いつつ、
雨が降っていても辞められないのが、
庭園鉄道作業かな…(笑)。

投稿: どてかぼちゃ | 2006/06/03 05:05

どてかぼちゃさん、こんばんは。
そちらは親子でですか(笑)
まあ、男の子は服を汚して遊び回るくらいが、いいですネ。
庭園鉄道の作業も、服を汚しそうですね!
いい大人になっても、土いじりは楽しいですね。

投稿: shiro | 2006/06/03 23:41

こんにちは。
さすがshiroさんのホームグラウンド、どこに何が生えているのか全て把握しているみたいですね^^
泥は揉み洗いしても落ちないんですよね~^^;でも泥なんか気にしてたら楽しくないですから♪子供のように駆け回ってこれからも素敵な写真を見せて下さい^^
あ、そうそう。ハルジョオンとヒメジョオンの見分け方がイマイチわかりません(>x<)茎を折ったらはっきりわかるみたいですが、折りたくないので…。今咲いているのは全部ヒメジョオンで良いのでしょうか?
先週私も河川敷行きましたが、Shiroさんと共通して見た草花はアカツメクサだけでした(゜Д゜;)私まだまだです(笑)

投稿: 天・藍 | 2006/06/04 11:36

天・藍さん、こんばんは。
家の近所では、だいたいどこに何が生えているか把握しています。それでも新しい発見が有るから、ウロウロ歩きはやめられません。
ハルジョオンとヒメジョオンの見分け方ですか・・・。
今の時期は両方咲いています。7月になると、ハルジョオンはいなくなりますけど。よく図鑑には、『茎が中空がハルジョオン』と書いて有りますが、私の経験ではヒメジョオンも部分によっては中空です。『蕾がうなだれているのがハルジョオン』とも書いて有りますが、ヒメジョオンの蕾もうなだれているのがあります。
花の雰囲気としか、言いようがないんです。①ハルジョオンの法が花びらが細く、数が多い。②ハルの花びらはヒメに比べて乱雑。③ヒメの方が、シベ(黄色の部分)の形がきれい。(滑らかな丸に近い)
わかりづらいですか?うまく説明できなくてスミマセン。なれれば、ひと目で見分けがつくのですが・・・。
泥汚れを気にしていたら、花の写真なんか撮れませんからね。
天・藍さんも、また河川敷の写真、見せてくださいね。他の地方では、どんな花が咲いているのか、とっても興味が有るんです。

投稿: shiro | 2006/06/04 22:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73531/10352690

この記事へのトラックバック一覧です: 初夏の野草 ~土手の花~:

« フワフワ | トップページ | 初夏の野草 ~日陰の花~ »