« 梅雨の情景 | トップページ | ワルとブタ »

2006/06/24

マンネングサ

Tu

もう大昔の話ですが、中学の入学祝に親戚から万年筆を貰いました。昔はそういう習慣がありましたよね。入学祝と言うと、万年筆という。結局使った記憶は無いですけど。今じゃ、万年筆なんて滅多に見なくなりましたね。絶滅危惧種と言っていいのじゃないでしょうか。

今日も唐突かつどうでもいい話で始まりましたが、今日の話題はマンネングサ(万年草)です。

今の季節、綺麗な花を咲かせています。野山の野草と言うより、街中の雑草ですね。コンクリートの隙間や、道端のちょっとした土の部分とかに、逞しく生えています。強い植物なんですね。でも、そうやたらに生えているわけでもないから、繁殖力はそれほど強くは無いのかも。

Me_1

このマンネングサは、太陽がとても似合う。梅雨の晴れ間の陽射しを浴びて、キラキラと輝いています。道端で黄色く光る塊を見つけたら、それはきっとマンネングサです。梅雨のこの時期に、もっとも美しい雑草の一つだと思っています。

でも、輝きが強すぎて、写真を撮るには難しかったりするんです。曇りの日の方が、ちゃんと撮れたりするのですが、なんとか強い陽射しを受けて光り輝く姿を撮れないものかと、日々苦戦しています。

Ko

さて、マンネングサにはたくさんの種類が有るのです。今日の写真、1枚目はツルマンネングサ。2枚目はメキシコマンネングサ。3枚目はコモチマンネングサです。違いがわかりますか? ほとんど見分けがつかないくらい、そっくりでしょう。私最近、ようやくその違いがわかるようになりました。これは私にとっては、かなり大きな事です。ちょっと自慢です。ところが悲しい事に、自慢する相手が回りにいない。「マンネングサの違いはね~」なんて言っても、相手にされません。そりゃ、そうか。雑草の事ですものね~。

そんな事にもメケず、雑草探求の道を進みますよ~。

マンネングサ、本当に美しい雑草です。

|

« 梅雨の情景 | トップページ | ワルとブタ »

コメント

おはようございます。
確かに、万年筆は絶滅危惧種かも…(笑)。
私なんかワープロばかりでペン自身もあまり使わなくなりました(笑)。
一口に言って、万年草と言ってもいろいろな種類があるんですね。
我が家にも万年草らしき花が雑草化しています。

投稿: どてかぼちゃ | 2006/06/25 09:10

この3枚種類が違うんですか?
ちょっと花の数が違う位しか違いがわからないです…
私が良く見るのは3枚目のに似てるような気がします。
雑草といってもここまでクローズアップするととても綺麗ですね^^
2枚目の背景ボケの柔らかい感じが素敵。お気に入りです♪
私も黄色の輝きは白と同じ位苦手です(>x<)ていうか私は全部苦手か(笑)

万年筆は使わないですね。
万年筆どころか、今は筆記用具で文字・文章を書く事すらしない世の中ですよね。
私も仕事がらパソコンばかりで3日に1回!?手書きで字を書くか書かないか…(汗)

投稿: 天・藍 | 2006/06/25 12:50

どてかぼちゃさん、こんばんは。
私も、手書きで字を書くことって無くなりました。たまに書くと、漢字が書けなくなっている自分に、ちょっとあせったりします。
庭にマンネングサが咲いているんですか! マンネングサはこの3種類以外にもたくさんの種類がありますから。どてかぼちゃさんの庭のマンネングサはなんでしょうね。と言っても、私もこの3種類以外は見分けがつきません。どれも同じ様な花ですから・・・。

投稿: shiro | 2006/06/25 22:10

天・藍さん、こんばんは。
この3枚、違う種類なんですよ~。同じに見えますでしょ。
花はほとんど同じなのですが、葉っぱと茎が見分けるポイントです。1番良く見かけるのは、ツルマンネングサかな。これは、茎が赤紫色なので、すぐ判ります。
黄色の輝きを撮るのは、ホントに難しいです。露出をアンダーにすれば、とばないで撮れますが、そうすると光輝く雰囲気が出ないし・・・。もうどうしていいのか判らない状態です。
ペンで字を書くことって、ホントに少なくなりましたね。パソコンに馴れちゃうと、紙に字を書くのがメンドウになっちゃうんですよね。どんどん漢字が書けなくなっていく、今日この頃です。

投稿: shiro | 2006/06/25 22:20

マンネングサって、雑草なんですか・・・
昨年秋にわが家で咲いていたピンクのオオベンケイソウに花がなんか似ているなと気になって調べてみたら、やはり同じ
ベンケイソウ科でした。
間近で見ると美しいですよねー!!!
なかなかウチの近所では見かけません、また、発見したら
嬉しいだろうな・・・。
万年筆?今の子は知らないでしょうねー
安くて書きやすいペンがたくさん出ていますしね
書くという作業は、だんだん大人にとっては日常から遠ざかっていますね、私なども真剣に書くのは、毎月の課題提出の時ぐらいですから・・・・これがまた、大変なんです、楷書、行書、草書、隷書いろいろ課題があって
でも、やはり書くという事は、心静まりいいものですよ。
多分、これからもずっとこの悪戦苦闘は、続けていくつもりです、生涯学習として・・・。

投稿: popo | 2006/06/27 20:51

popoさん、こんにちは。
マンネングサって、もともとは園芸種だったんじゃないかと思います。そういうのって意外と多いんですよね。園芸種が野生化して雑草かしている例って。
ウチの近所では、時々見かけるんです。目に鮮やかな黄色が、ホントに美しい花ですよね。
万年筆はホントに死語になりつつあります。たぶん今では、子供には通じない単語でしょう。
popoさんは、字を書くのがお仕事でしたね。そういえば、日常生活で筆を持つことは、万年筆より先に廃れてしまいましたね。唯一の出番だった、年賀状も手書きのものは珍しくなってしまいましたし。
私、“書”の事はさっぱりわからないんですけど、絵でも彫刻でも作品を造る気概は一緒でしょう。創作は一生、自分との戦いである分、心の糧でもあります。感性が高まれば、人生も楽しいものになってきます。
あッ、偉そうに言っちゃった・・・。

投稿: shiro | 2006/06/28 14:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73531/10664966

この記事へのトラックバック一覧です: マンネングサ:

« 梅雨の情景 | トップページ | ワルとブタ »