« 春の野草(その4)~シミジミ編~ | トップページ | 街角の猫達 part6 »

2006/05/09

春の野草(その5) ~これで最後~

ポカポカ陽気だったGWがウソのように、肌寒い昨日今日です。それでも立夏を過ぎ、暦の上では初夏ということになりました。暦の上だけでは無いです。土手では待宵草や夕化粧が咲き始めました。初夏の花たちです。夕方に咲く待宵草の黄色い花を見ると、夏が近づいている事を感じます。川を渡る風の匂いも、夏っぽくなってきています。

で、今日は春の野草の最終回です。もう初夏だと言いながら、春の花を紹介するのもマヌケな話ですが・・・。

今春は例年に無く、たくさんの野草を見てきました。ちょっと自分ではまっちゃって、ヒマさえあれば野山をウロついていましたから。写真も千数百枚は撮ったでしょうか。いくら私でもこれだけの枚数を撮れば、中には数枚、「おおッ、これは良く撮れてる。blogにupして、見せびらかしちゃおう。」という写真もあるわけでして。そういう写真は別口で保存しているわけですが、そこが気まぐれ更新blogの悲しさ。グズグズとupしないうちに春が終わってしまったのでした。

それではあんまりだ・・・というわけで・・・一挙放出です。自分なりに気に入っている写真だけでも・・・せめて・・・。見てやってください。

06428_002

オオアマナ

川の土手の下に群生していました。土手の上から見て、ハナニラだと思ったのですが、近づいてみたらオオアマナでした。白い花を撮るのは苦手なのだけど、この1枚は良く撮れたと自己満足です。

06426_035

オオジシバリ

田んぼの畦に咲いていました。のどかな春をイメージするのは、私だけでしょうか。

06430_170

シャガ

日陰に咲く花ですが、とても美しい。日陰に陽が射す時間帯に、この群落を見つけたのは、とてもラッキーでした。

06423_192

キショウブ

これもまた野草です。もちろん庭で栽培している人もいますが。明治期に観賞用で輸入したものが、野生化しているそうです。

0655_014

アメリカフウロ

その名からわかるように、これもまた帰化植物です。でも、日本の風土に馴染んで、日本で野生化しているなら、それはもう日本の野草でしょう。私はそう思います。

06423_128

ツボスミレ

スミレの仲間はとっても好きなんです。よく見かけるタチツボスミレと比べて、このスミレはとっても小さいんです。林の日陰に咲く、この純白が大好き。

0657_083

ヤマオダマキ

里山の草むらで見つけました。オダマキは園芸種だけだと思っていたので、誰がこんな所に植えたのだろうと、不思議に思いながら写真を撮りました。その後いろいろ調べてみると、ヤマオダマキという野生種じゃないかと思います。ただ、ヤマオダマキの花期は6~7月と図鑑に書いてあるのが、ちょっとひっかかる。

06415_024

タガラシ

ありふれた雑草なのですが、最近はありふれて無くなってきています。ちょっとピンボケ気味の失敗写真かもしれないが、フワ~っとしたトーンが妙に気に入っている1枚。

06430_204

イモカタバミ

これもよく見かける雑草。嫌われ者のカタバミですが、この花はホントに美しい。もっといい名をつけてやりたい花の一つ。イモじゃねぇ・・・。

 

きりが無いので、この辺で止めておきます。

きっとそのうちに夏の野草シリーズが、始まる・・・かもしれない。

|

« 春の野草(その4)~シミジミ編~ | トップページ | 街角の猫達 part6 »

コメント

おはようございます。
ヤマオダマキが自生しているんですね。
我が家にもヤマオダマキがありますが、
もうすぐ開花って感じです。

考えてみれば、秋の七草の「フジバカマ」も、
古い時代に中国から渡ってきた帰化植物ですよね。
帰化植物のフジバカマも今や野生化しているものをみつけるのは難しくなっていますね。
確かに、園芸植物やペットとして持ち込まれたものが
野生化していることが問題化していますが、
まー、帰化植物は人の都合によって持ち込まれたもので、
帰化植物自体に罪はないわけで、
全てが「悪」と考えるのもこれまた人間の都合ですかね…!?

投稿: どてかぼちゃ | 2006/05/10 05:21

こんにちは^^
今回は見ごたえ抜群ですね。大甘菜ってこんなに群生しているものなんですね!まるでパールのように艶やかな白、綺麗です。shiroさんの会心の作ですね♪
シャガも見事な群生で!私も少し前に見かけたのですが、なかなかコンディションの良い状態のシャガに巡り会えぬまま、終わってしまいました(;x;)
イモカタバミ…「芋」なんですかね?何でそんな名前なんでしょう?理由を知りたいです♪中心の濃いピンクのすじがクッキリ主張してます^^
いつもながら様々な野草を撮りされていて凄いです。
知識がなければ見過ごしてしまうものもあり、最近私も自分で撮った草花の名前は調べるようにしているのでとっても勉強になります^^

投稿: 天・藍 | 2006/05/10 18:10

またひとつ謎だった花の名前がわかりました(^^)
ちゃんと確認してないからまだなんとも言えないけど、シャガと一緒に咲いてたから、環境自体は間違ってないだろうし・・・
(湿原の入口に今時期に咲いてた)
ツボスミレっぽいのを撮ったんですがずっと名前がわからなかったんです(^_^;
今年はあんまり野草を撮れなかったけど、アメリカフロウとかも去年少し見つけて撮りました(^^)
うちもいい加減写真整理しなきゃ

投稿: 狐丸 | 2006/05/10 19:44

どてかぼちゃさん、こんばんは。
庭にヤマオダマキも有るんですか! いろんなオダマキを育てていらっしゃるんですね。もうすぐ開花ですか! じゃあ、今の時期に咲いていても、おかしくないんですね。どの図鑑にも、6~7月開花と書いてあるもので、ちょっと不安でした。
ええ!フジバカマも帰化植物だったんですか! それこそ純日本種だと思ってました。
帰化植物をよしとするのか、悪とするのか。難しい問題ですよね。「日本本来の植物を駆逐するからダメ」という人の意見も良くわかりますし。
私は、その事はあまり考えないようにしていますけど、どっちかと言うと『いいんじゃない』派ですね。結局、フジバカマや河原撫子を駆逐したのは、外来植物ではなくて、人間ですしね。

投稿: shiro | 2006/05/10 22:33

天・藍さん、こんばんは。
オオアマナの群生は、私も初めて見ました。ポツポツ咲いているのは、時々見かけますけどね。他の写真はシロとびが激しかったんですけど、何とかこの1枚だけはね・・・。
シャガはホントに美しい花ですね。花のコンディションとか、光のコンディションとか、いい状態で巡り合えるのはなかなか・・・野草との出会いは、一期一会です。まったく。
イモカタバミ、漢字で書くと芋傍食です。何故芋なんでしょう?ウ~ン・・・。何故だろう?似たような花に紫カタバミがありますが、ワーッと花が咲いた時の美しさは、芋が1番だと思ってます。
私も去年までは、めんどくさがって、花の名前をあまり調べてなかったんですよ。でもやっぱり、名前くらい知っていた方が、楽しさも増しますね。

投稿: shiro | 2006/05/10 22:52

狐丸さん、こんばんは。
ツボスミレは、可憐ですよね。
スミレの仲間はたくさんの種類があって、聞いた話だと、日本だけでも100種類近い自生種があるそうです。ちょっとした違いで名前が違っていたりするから・・・。『実はこのスミレも“ツボスミレ”ではないかも知れない』という思いも残ってます。9割がた間違えないと思うのだけれど・・。写真フォルダの中には、名前の不明なスミレが、あと3種類残ってます・・。
アメリカフウロ、まだ咲いていますよ。花色がちょっと地味で、あまり目立たないけど、良く見ると可憐な花です。
写真の整理は、頭痛いですね。私の場合は、無駄な写真を撮りすぎなんだけど・・。

投稿: shiro | 2006/05/10 23:05

アメリカフウロ、帰化植物で野生化してるんですか~
知らなかったなぁ~
アメリカと付くと大きなお花を想像してしまいますが、小さそうなお花ですネ
オダマキもヤマオダマキと言うのがあるんですネ
またキョロキョロしてみよう~♪
次は、夏の野草楽しみにしていますネ

投稿: orenge | 2006/05/11 00:48

orengeさん、こんばんは。
アメリカフウロ、小さな花なんです。orengeさんの庭で綺麗に咲いている、フウロソウと同じ仲間かもしれませんけど・・。こちらは一見地味な花です。
なんだか最近、勢力を伸ばしてきているようにも思います。今年は、やたらとあちこちで見かけるんですよね。
ヤマオダマキ、私も初めて知りました。オダマキの野生種が有るなんてビックリです。でも考えてみれば、すべての花が、野生種を品種改良して園芸種にしているんですよね。
またこれからは、初夏の野草を探して、キョロキョロしてみます。

投稿: shiro | 2006/05/11 23:27

我が家のヤマオダマキと思われるオダマキが咲きました。
shiro様の撮影されたヤマオダマキの花の感じによく似ていますが、
本当にヤマオダマキなのかはわかりません。
TBさせていただきました。

投稿: どてかぼちゃ | 2006/05/22 06:32

どてかぼちゃさん、こんばんは。
ヤマオダマキが庭で咲くなんて、素敵ですね。
この写真の花も、本当にヤマオダマキなのかわかりません。
図鑑で見て、ヤマオダマキじゃないかなあ・・・と思っているだけです。
後で、どてかぼちゃさんのヤマオダマキを見に行きますね。

投稿: shiro | 2006/05/22 21:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73531/9995266

この記事へのトラックバック一覧です: 春の野草(その5) ~これで最後~:

» 関東周辺花の名所情報 5月 [無料データバンク]
これから見ごろになる花名所のリンク集です。ぜひご活用下さい。 [続きを読む]

受信: 2006/05/10 10:17

» 渋いオダマキの花 [八木軽便鉄道・社長室]
最近は、八重咲きなど様々な西洋オダマキが花壇を彩っているが、 日本にも大きく分 [続きを読む]

受信: 2006/05/22 06:32

« 春の野草(その4)~シミジミ編~ | トップページ | 街角の猫達 part6 »