« キンラン | トップページ | 春の野草(その5) ~これで最後~ »

2006/05/04

春の野草(その4)~シミジミ編~

1_1

レンゲ草

いたる所で咲いていたこの花も、近頃はあまり見かけなくなりました。この紫と緑のコントラストはホントに綺麗です。

私の故郷は埼玉の所沢というところです。今ではすっかり東京のベットタウンになりましたが、当時は武蔵野の林と野原に囲まれたのどかな所でした。

子供の頃から変わり者だった、というか・・・。協調性が極端に無く、人付き合いが上手く出来なかった私は、友達も少なかった。(これは今でもそうですけど) いつも一人で遊んでました。遊び場は林か野原。一人で何をやっていたんだろうか・・と思うが、きっと楽しかったんだろう。だから、人よりも季節を感じていたんじゃないかと・・・今思えば。とにかく“原っぱ”が大好きでした。

8

タンポポ

春の野原といえば、真っ先に浮かんできます。これは関東タンポポ。でも、セイヨウタンポポとの見分けは難しい。花の表を見ただけではわからない。まあ、無理に見分けなくても良いと思うが・・・。

中学・高校時代もそうでした。学校へ行くのが嫌になると、野原へ行って本を読んだり、絵を描いたりしていました。平気で学校をサボるのだから、不良といえば不良かもしれない。でも、繁華街とかへは行かず、野原で花の絵を描いていたんだから、“ほほえましい不良”でしたね。(なんだそりゃ?)

3

カラスムギ

花も咲かせないただの草です。(ホントは小さな白い花が咲くんですけど、ほとんど目立たない) でも、風に吹かれてザワザワする姿が結構好きだったりする。陽射しを浴びると、意外と黄緑色がキラキラしたりもするんだ。

今でもそうです。嫌な事があったり、仕事に疲れたりすると、よく川の土手に行きます。草むらに寝転がって、花や雲を眺めていると、不思議とスッキリするんです。物事を深く考えない人間って、こういう点では便利ですね。単純で。

きっと原っぱが、私の心の原点なんです。

2

ハルジョオン

もう、大好きな花です。ヒメジョオンとそっくりですが、今咲いているのはたいていハルジョオンです。ヒメジョオンが咲き出すのは、5月末くらいから。

だから都会の真ん中では住めないでしょうね。近くに野原や林がある所じゃないと。今住んでいる川崎北部は、都市近郊にしては自然が残っているほうだと思います。それでもやはり、もっと田舎で暮らしたいという願望はあります。でも、仕事にも支障がでてきますしね・・・。

4

スズメノヤリ

雀の槍です。触るとちょっとだけチクチクします。だから、ここで寝っ転がるのはあまり気持ち良くない。それでもやっぱり、春の野には付き物の野草です。

アイカタ(奥様)は東京の下町っ子ですから、原っぱも知らないし、川もコンクリート護岸の隅田川しか知らない。賑やかな所で生まれ育ってますから、もうこれ以上田舎では暮らせないと言う。私は、ゴミゴミした所では暮らせない。だから、お互いにギリギリの所なんですね。この川崎北部が。

5

シロツメクサ

原っぱといえば、やっぱりこの花でしょう。寝っ転がるにも1番気持ちがいい。子供の頃は、四葉の葉っぱを捜したっけ。

今日は原っぱの思い出と、原っぱにさく花特集でした。

この花たちを見ると、シミジミとしてしまうのは私だけでしょうか。

草むらで昼寝するには、1番いい季節になりましたね・・・。

|

« キンラン | トップページ | 春の野草(その5) ~これで最後~ »

コメント

おはようございます。
言われてみれば、レンゲの花もすっかり見かけなくなりましたね。
また、純血の関東タンポポも少なくなっているようですし…。
私も、田舎育ちなので、都会の雑踏での生活には馴染めない方かも…。

投稿: どてかぼちゃ | 2006/05/05 05:52

はじめまして。
花のブログ巡り中の者です。
すてきな写真ですね♪
私も田舎に住んでいるのでいろんな野草を見かけます。
れんげの花の色と形がなんともいえず好きです^^
またおじゃまさせていただきますね。

投稿: Kayo | 2006/05/05 12:15

どてかぼちゃさん、こんばんは。
レンゲはすっかり少なくなりました。ウチの近所でも、レンゲが咲いているのは、この写真を撮った1ヶ所だけです。
関東タンポポは『少なくなった』と言われていますが、わりと良く見かけるんです。純血じゃないんでしょうか? セイヨウタンポポと交雑しているという話も聞きますが・・。
都会の雑踏は、私も馴染めません。時々用事で、都心へ出かけますが、ホントに疲れちゃいます。

投稿: shiro | 2006/05/05 22:00

Kayoさん、はじめまして。
遊びに来ていただいて、ありがとうございます。
Kayoさんも野草がお好きですか?
レンゲが一面に咲いていると、ホントに綺麗ですよね。緑と紫の絨毯。
また覗きに来て下さい。
これからもよろしくお願いします。

投稿: shiro | 2006/05/05 22:05

こんばんは^^
いつもですが、今回も良いですね。
お散歩で何気なく見かける草花達を、shiroさんが撮ってまとめて下さるとまた違った魅力が引き出されて素敵です♪
ハルジョオン!これ何て名前だろ~?綺麗だなぁって思ってました。細かい花弁が繊細で可愛いですよね。
シロツメクサは夕方に撮影ですか?私も何度か撮ってみたのですがなかなか上手く撮れません(>x<)横からの優しい光が雰囲気をかもし出す素敵な1枚だと思いました^^

投稿: 天・藍 | 2006/05/06 00:35

天・藍さん、こんばんは。
>また違った魅力
ホントですか~♪ 嬉しいなあ。
何気ない雑草たちの美しさを、最大限表現できたらいいなァ・・と思いながら、いつもレンズを向けています。まだまだですけどね。
ハルジョオンも、綺麗ですよね! “ビンボー草”なんて嫌なあだ名もついてますけど、私は大好きな花です。
>シロツメクサは夕方に撮影
ムムッ! よくぞ見破りましたね。さすが天・藍さん。
薄暗くなってから、ISO感度を上げて、露出をオーバーにして撮ってみました。
白い花には、泣かされますよね。陽射しを浴びた白い花の写真を、上手に撮るコツがあったら、オシエテクダサイ・・

投稿: shiro | 2006/05/06 21:51

世間の結構豪勢なGWが漸くおわりましたね~。
関係ない私は僻んで指を銜えているだけ。
>原っぱが、私の心の原点
そう言われるととてもshiroさんが解る気がします。
私の幼心に原っぱはありません。遊びと言えば男の子をチャンバラごっこで追い回し、夕方になるとタンコブを作った子を連れたお母さんの一人が母に文句を言いに来ている毎日でした。(ノ^▽゚) テヘッだからこんなに情緒のない人間が出来上がってしまったのだと振り返っては苦笑いするしかありません。
>スズメノヤリ
われもこうにちょっと似ているように感じましたが可愛い名ですね。
>ハルジョオン
以前出された薬に同じ名があり、この草から作るのかしらと思ったものです。原材料費タダだわと。
>シロツメクサ
一番強いガキ大将が器用に花冠を作り「お嫁さんだよ」と被せて貰いポッとなったあれこそが初恋でしょうか。
「冗談はよーしこちゃーん」と夫は本気にしていませんがガサゴソの下町でないと和めない部分がどーしてもあるので あと4,5年したら私は生まれ育った下町に絶対戻る、と決めています。

投稿: ちょも | 2006/05/08 22:20

ちょもさん、こんばんは。
GW終わりましたねえ~。と言っても、私も関係有りませんでした。ずっと仕事してました、今年は。仕事が無けりゃ、ずっと連休の身分ですから、仕事が有るからありがたいと思わなくっちゃ・・・。
えッ!? ちょもさんも下町っ子なんですか? ウチのアイカタは三ノ輪なんですよ。やっぱり原っぱ知らないみたいです。草も嫌いだし虫も嫌い。なんだか気が合いませんが、それなりに仲良くやってるから、不思議です。
>男の子をチャンバラごっこ
ちょもさんらしい気がします。子供の頃から、友達いっぱいだったんですね。私、友達少なかったんで、偏屈な人間になっちゃいました。
>>ハルジョオン
薬?? え? ハルシオン? ああ・・・睡眠薬の。まさかこの草とは関係無いでしょう。いや・・でも・・、この花の咲く原っぱに寝転がると、眠くなっちゃうから・・・。
面白い事言うなあ、ちょもさん。
>>シロツメクサ
ウーン。いいエピソードだなァ。是非、そこら辺の話をblogに載せてください。

投稿: shiro | 2006/05/08 23:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73531/9902283

この記事へのトラックバック一覧です: 春の野草(その4)~シミジミ編~:

« キンラン | トップページ | 春の野草(その5) ~これで最後~ »