« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006/05/26

フワフワ

06521_105_1

     今朝はとても気分がいい

     空は青く 光がまぶしい

     手の届きそうな白い綿雲

     私は何故か フワフワ・WOW・WOW

懐メロシリーズ、今日の歌は 石川セリの“フワフワ・WOW・WOW”でした。あの風の様な歌声が大好きだったなァ・・・石川セリ。

ところで皆さんは、綿毛はタンポポだけのものと思っていませんか? タンポポだけでは無いですよ。今、野原はいろんな花の綿毛でいっぱいです。

という事で、今日は『フワフワ綿毛選手権』です。

さて、エントリーナンバー1番は・・・

Jisibari

ジシバリです。

ちょっと密度が薄いでしょうか・・・。これでは、あまり高得点は望めません。花は可愛いのですけどねぇ・・・。

Noborogiku

続いては、ノボロギクです。

形は小さいながらも、なかなか頑張っています。フワフワ感がいい感じですねぇ。

Aretinogiku

アレチノギク

ウ~ン、色が茶色っぽいのが気になりますね。フワフワ感にもやや欠ける。もっと頑張ってほしいですねぇ。

Nogesi

ノゲシです。

おおッ!これは良いんじゃないでしょうか。白さといい、密度といい、美しさを感じますねぇ。高得点が出そうな気がします。

Kozorina

コウゾリナ

ちょっと粗い。粗すぎます。色もイマイチですね。花はわりと可愛いのですが・・・。あくまでも綿毛の美しさを競う企画ですから。

Onitabirako_1

オニタビラコ

形は小さいのですが、数で勝負してきました。これは意表をつかれた感じです。一つ一つはたいした事無いのですが、これだけまとまっていると美しさを感じます。

Pinktanpopo

唯一の園芸種、桃色タンポポです。我が家のベランダからのエントリーです。

小ぶりながらも、フワフワ感がよく出てます。なんだか耳掻きの尻尾のようですね。これで耳掃除をしたら、気持ち良さそう・・・・・いや、大変な事になりますね、きっと。

Tanpopo

さて、最後は本命の登場、タンポポです。

この大きさ!まん丸の形! さすが、王者の風格を感じます。申し分ないです。

 

私の採点では、僅かの差で、ノゲシがタンポポを抑えて、トップに立っています。

さあ、皆さんの評価はどうでしょうか?

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006/05/22

桃色月見草

06520_075_1

        咲かせて 咲かせて 桃色吐息
        あなたに 抱かれて こぼれる華になる

またまた、古い歌で始めてしまいました。高橋 真梨子の『桃色吐息』です。セクシーな歌ですね。

という事で今日の花は、ちょっとセクシーな名前の花。“桃色月見草(モモイロツキミソウ)”です。

今がちょうど花盛りです。あちこちで咲いていますね。特に、川の土手で群生している姿が好きです。ピンク色の絨毯は、遠目で見てもとっても綺麗。

元々は輸入の園芸種だったものが、野生化しているそうです。近年どんどん勢力を拡大しているように思えます。元祖月見草の待宵草が数を減らしているのに比べて、この花は年々増えているように感じています。でもいいんじゃない。美しい花ですから。

06521_023

しかし一つ疑問が・・・。月見草と言いながら、昼間に咲くんですね。だから別名では昼咲桃色月見草という。おかしいでしょ!矛盾してるでしょ!“昼咲”で“月見草”だなんて。

そしてもう一つ、セクシー系の花を・・・

0655_019

夕化粧です。赤花夕化粧とも言いますが。

ちょっとグッとくる名前です。

野草の名前って、名付け親のセンスを疑うような名前が多いものですが、このネーミングは良いですね。センスの良さを感じます。この花も今が盛り。あちこちで可愛らしく咲いています。

ただ・・・、この花も“夕化粧”と言いながら、昼間に咲くんです・・・。

いったい、どういうことだ・・・。

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2006/05/20

今日の空

06520_037

   流れる雲を追いかけながら

   本当の事を話してみたい

   いつか失った怒りを胸に

   別れを祝おう

空を見上げながら、こんな歌を口ずさんでいたヨ。そうそう、吉田拓郎兄貴の歌だね。大昔の歌だけどね。いつまでも覚えているもんだね。

06520_030

それにしても今日は、いい空だった。ここのところ、どんよりした天気が続いていたから、久しぶりに気持ちのいい空を見た気がする。

でも、暑かった~。むしむしとして。

そして夕方。

俄かに暗雲たちこめて、スコールの様な夕立が。とたんにひんやりとした空気に包まれる。夏の夕立の気持ち良さを思い出しました。

06520_058

そして雨上がりの空。

とてつもなく綺麗だった。

季節が動いている事を感じました。

また夏がやってくるんだ。

06520_075

明日は爽やかな五月晴れなんだって。

このところ仕事に追われているけれど、明日は休みにしよう。

のんびりと多摩川の土手を散歩してみよう。

もう、桃色月見草が咲いているかもしれない。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2006/05/15

街角の猫達 part6

4_1

久しぶりに街猫シリーズです。

野草に夢中になっている間も、ちゃんと猫達の事はチェックしてますから。

今日は猫の思い出などを、つらつらと書きながら・・・。

5_1

子供の頃から、こんなにネコ好きだったわけではないんです。ネコは飼っていませんでしたから。

ネコとの出会いは、大学に入って一人暮らしを始めてから。不思議な出会いでした。ある夜、アパートに帰ると、布団でネコが寝ていたんです。よく窓を開けっ放しで出かけていたから、ノラ猫が勝手に入ってきたのでした。でもそのネコも、私の顔を見ても逃げようとしない。私も私で、『居たければ居れば』という感じで・・・ネコとの暮らしが始まったのでした。

2_1

私、なにかネコに好かれる臭いを持ってるんですかねぇ。その後、次々とノラ猫に好かれてしまって・・・。私の部屋に居つくヤツ。餌だけ食べに来るヤツ。あッ、友人から押し付けられた捨て猫も居ました。なんだかんだで、6匹のネコが部屋に居ました。

1_2

結婚前、部屋に遊びに来たアイカタ(奥様)が、卒倒しました。無精男と6匹のネコ。きっとすさまじい光景と匂いだったんでしょうねぇ。

その後結婚して、猫達は実家へ引き取られていきました。借りたアパートが、ペット禁止だったからですけど、アイカタが「ネコとは一緒に住めない」と譲らなかった事もあります。

もう十数年が経ち、その猫達もみんな天国へ行きました。

3_1

今のマンションはペットOKなので、またネコを飼いたかったんです。でも、アイカタは絶対反対でした。あの時の私の部屋が、トラウマになっちゃってたんでしょうね。

でも5年前、捨てられていた仔猫が震えながら泣いているのを見て、家へ連れて帰っちゃいました。アイカタが怒るのは承知だったんですけど、しょうがなかったんです。

6

でも・・。今ではその子を一番可愛がっているのは、アイカタです。それはもうネコっ可愛がりで! ネコの魅力なんてそんなもんでしょう。

そして・・。その子もアイカタにべったりで。命の恩人の私の事は、知らん顔です。ネコなんてそんなもんですよ。

7

それでは皆さん。またお会いしましょう・・・

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2006/05/09

春の野草(その5) ~これで最後~

ポカポカ陽気だったGWがウソのように、肌寒い昨日今日です。それでも立夏を過ぎ、暦の上では初夏ということになりました。暦の上だけでは無いです。土手では待宵草や夕化粧が咲き始めました。初夏の花たちです。夕方に咲く待宵草の黄色い花を見ると、夏が近づいている事を感じます。川を渡る風の匂いも、夏っぽくなってきています。

で、今日は春の野草の最終回です。もう初夏だと言いながら、春の花を紹介するのもマヌケな話ですが・・・。

今春は例年に無く、たくさんの野草を見てきました。ちょっと自分ではまっちゃって、ヒマさえあれば野山をウロついていましたから。写真も千数百枚は撮ったでしょうか。いくら私でもこれだけの枚数を撮れば、中には数枚、「おおッ、これは良く撮れてる。blogにupして、見せびらかしちゃおう。」という写真もあるわけでして。そういう写真は別口で保存しているわけですが、そこが気まぐれ更新blogの悲しさ。グズグズとupしないうちに春が終わってしまったのでした。

それではあんまりだ・・・というわけで・・・一挙放出です。自分なりに気に入っている写真だけでも・・・せめて・・・。見てやってください。

06428_002

オオアマナ

川の土手の下に群生していました。土手の上から見て、ハナニラだと思ったのですが、近づいてみたらオオアマナでした。白い花を撮るのは苦手なのだけど、この1枚は良く撮れたと自己満足です。

06426_035

オオジシバリ

田んぼの畦に咲いていました。のどかな春をイメージするのは、私だけでしょうか。

06430_170

シャガ

日陰に咲く花ですが、とても美しい。日陰に陽が射す時間帯に、この群落を見つけたのは、とてもラッキーでした。

06423_192

キショウブ

これもまた野草です。もちろん庭で栽培している人もいますが。明治期に観賞用で輸入したものが、野生化しているそうです。

0655_014

アメリカフウロ

その名からわかるように、これもまた帰化植物です。でも、日本の風土に馴染んで、日本で野生化しているなら、それはもう日本の野草でしょう。私はそう思います。

06423_128

ツボスミレ

スミレの仲間はとっても好きなんです。よく見かけるタチツボスミレと比べて、このスミレはとっても小さいんです。林の日陰に咲く、この純白が大好き。

0657_083

ヤマオダマキ

里山の草むらで見つけました。オダマキは園芸種だけだと思っていたので、誰がこんな所に植えたのだろうと、不思議に思いながら写真を撮りました。その後いろいろ調べてみると、ヤマオダマキという野生種じゃないかと思います。ただ、ヤマオダマキの花期は6~7月と図鑑に書いてあるのが、ちょっとひっかかる。

06415_024

タガラシ

ありふれた雑草なのですが、最近はありふれて無くなってきています。ちょっとピンボケ気味の失敗写真かもしれないが、フワ~っとしたトーンが妙に気に入っている1枚。

06430_204

イモカタバミ

これもよく見かける雑草。嫌われ者のカタバミですが、この花はホントに美しい。もっといい名をつけてやりたい花の一つ。イモじゃねぇ・・・。

 

きりが無いので、この辺で止めておきます。

きっとそのうちに夏の野草シリーズが、始まる・・・かもしれない。

| | コメント (10) | トラックバック (2)

2006/05/04

春の野草(その4)~シミジミ編~

1_1

レンゲ草

いたる所で咲いていたこの花も、近頃はあまり見かけなくなりました。この紫と緑のコントラストはホントに綺麗です。

私の故郷は埼玉の所沢というところです。今ではすっかり東京のベットタウンになりましたが、当時は武蔵野の林と野原に囲まれたのどかな所でした。

子供の頃から変わり者だった、というか・・・。協調性が極端に無く、人付き合いが上手く出来なかった私は、友達も少なかった。(これは今でもそうですけど) いつも一人で遊んでました。遊び場は林か野原。一人で何をやっていたんだろうか・・と思うが、きっと楽しかったんだろう。だから、人よりも季節を感じていたんじゃないかと・・・今思えば。とにかく“原っぱ”が大好きでした。

8

タンポポ

春の野原といえば、真っ先に浮かんできます。これは関東タンポポ。でも、セイヨウタンポポとの見分けは難しい。花の表を見ただけではわからない。まあ、無理に見分けなくても良いと思うが・・・。

中学・高校時代もそうでした。学校へ行くのが嫌になると、野原へ行って本を読んだり、絵を描いたりしていました。平気で学校をサボるのだから、不良といえば不良かもしれない。でも、繁華街とかへは行かず、野原で花の絵を描いていたんだから、“ほほえましい不良”でしたね。(なんだそりゃ?)

3

カラスムギ

花も咲かせないただの草です。(ホントは小さな白い花が咲くんですけど、ほとんど目立たない) でも、風に吹かれてザワザワする姿が結構好きだったりする。陽射しを浴びると、意外と黄緑色がキラキラしたりもするんだ。

今でもそうです。嫌な事があったり、仕事に疲れたりすると、よく川の土手に行きます。草むらに寝転がって、花や雲を眺めていると、不思議とスッキリするんです。物事を深く考えない人間って、こういう点では便利ですね。単純で。

きっと原っぱが、私の心の原点なんです。

2

ハルジョオン

もう、大好きな花です。ヒメジョオンとそっくりですが、今咲いているのはたいていハルジョオンです。ヒメジョオンが咲き出すのは、5月末くらいから。

だから都会の真ん中では住めないでしょうね。近くに野原や林がある所じゃないと。今住んでいる川崎北部は、都市近郊にしては自然が残っているほうだと思います。それでもやはり、もっと田舎で暮らしたいという願望はあります。でも、仕事にも支障がでてきますしね・・・。

4

スズメノヤリ

雀の槍です。触るとちょっとだけチクチクします。だから、ここで寝っ転がるのはあまり気持ち良くない。それでもやっぱり、春の野には付き物の野草です。

アイカタ(奥様)は東京の下町っ子ですから、原っぱも知らないし、川もコンクリート護岸の隅田川しか知らない。賑やかな所で生まれ育ってますから、もうこれ以上田舎では暮らせないと言う。私は、ゴミゴミした所では暮らせない。だから、お互いにギリギリの所なんですね。この川崎北部が。

5

シロツメクサ

原っぱといえば、やっぱりこの花でしょう。寝っ転がるにも1番気持ちがいい。子供の頃は、四葉の葉っぱを捜したっけ。

今日は原っぱの思い出と、原っぱにさく花特集でした。

この花たちを見ると、シミジミとしてしまうのは私だけでしょうか。

草むらで昼寝するには、1番いい季節になりましたね・・・。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/05/02

キンラン

06430_065

決して、珍しい花を捜し歩いているわけではないのだけれど。タンポポでもハルジョオンでも、その季節の花が美しく咲く姿を見たくて、カメラに収めたくて、ウロウロとしているのです。それでもやっぱり、珍しい花を見つけると嬉しい。そりゃそうですよね。

一昨日は、また珍しい花を見つけました。山野草の中でも、トップクラスの美しさを持つ花、キンランです。この目で見るのは初めてです。でも、すぐにキンランだとわかりました。図鑑で写真を見ていましたから。「美しい花だなァ。めぐりあいたいなァ。」と、いつも思ってましたから。

だから見つけた時には、天にも昇る気分でしたね。“心躍る”とはこの事でしょうか。とある寂れた神社の社の裏、人が滅多に足を踏み入れない林縁で見つけました。

06430_058

この花も、絶滅の危機にあるそうです。里山が荒廃してきたのと、盗掘が絶えないからだそうです。ここにも1株しか生えていませんでした。

でもこの花は、栽培は不可能に近いんですって。それなのに盗掘が絶えないんですって。とても美しい花だから、気持ちはわかるけれどね・・・。

どうかこの花が、心無い人の目に留まりませんように・・・。

来年もまた、会いに来るから。

1

そして嬉しい事がもう一つ。

ヘビイチゴとミツバツチグリの見分けができるようになりました。上の写真、左がヘビイチゴ、右がミツバツチグリです。

ずっとヘビイチゴだと思ってたんですよね。両方とも。ところが最近になって、ミツバツチグリという花の存在を知りました。この両者、花の形も大きさも、葉っぱの形もとてもよく似ているんです。図鑑を見ても見分けがつかない。生の花を見ても、どちらかがわからない。「これはヘビイチゴ?それともミツバツチグリ?」と疑心暗鬼の日々が続いていました。

それがちゃんと区別できるようになりました。言葉ではなかなか表せないけど・・・。雰囲気が違うとしか言いようが無いのだけれど・・・。茎から伸びてくる感じとか、花の後ろのガクの感じとか、シベの感じが違うんですね。

のどに引っかかっていたものが取れたように、スッキリとした気分です。

ああ!また一つ賢くなった!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »