« サクラソウ | トップページ | キンラン »

2006/04/26

春の野草(その3)~ドキドキ編~

06426_050

また野草の記事です。

このところずっと、野草の写真ばかりですが・・・。最近ヒマを見つけては、野草の写真を撮りまくっているもので。

でも、野草はこのblogの3大テーマの一つですから。(おやおや、またテキトーな事を言い出したゾ) ちなみに残りの2つは猫と空です。とは言え、空の写真などたぶん半年以上upしていない。で、意味も無く“今日の夕陽”を1枚目に入れてみました。

今日、紹介する花たちは、『ちょっと珍しい、あまり生えていない野草』です。その中でも、私がこの春、初めて見つけた花たちです。もう、初めての花を見つけるとドキドキです。ホントに嬉しいんです。青春の頃のように、何かにトキメク事ってあまりなくなっちゃいましたから。もう、貴重なトキメキですね。

で、ドキドキしながら撮った花たちを見てください。

06423_114

まずはこれ。 タチキランソウ

他の雑草に埋もれるように、ひっそりと咲いていました。花はキランソウそっくり。最初は、「変なキランソウを見つけた」と思ったんです。でも写真を撮りながら、「こいつは初めての花だ」と。後で調べてみたら、タチキランソウらしい。(確証は無いけど・・・) かなり稀少な野草らしいです。

06423_134

これはビックリでしょう。ミズバショウです。

我が目を疑いましたね。ミズバショウなんて、尾瀬に行かないと見れないと思ってましたから。まさか川崎にミズバショウが生えているなんて! 林の奥の小川のほとりに1株だけ生えていました。

06423_155

ヤブニンジン

この野草も、地方によってはたくさん生えているのでしょうが・・・。とにかく初めて見ました。初めての花は名前がわからないから、調べるのに苦労します。図鑑とかを見ても、なかなか同定できないんですよね。ネットであちこちを調べながら、やっとツルニンジンという名前にたどり着きました。

06424_036

ツタバウンラン

石垣の隙間から生えていました。この花は、特徴が顕著なので、比較的調べやすかったです。今まで、あまり検索とかしていなかったんです。過去の野草の写真フォルダの中は、名前不明の花たちでいっぱいです。追々この花たちの名前も、調べていかなきゃ・・・。

06415_142

最後はこれ。 カワヂシャ もしくは オオカワヂシャ

2週間前に多摩川の河原の水際で見つけました。2週間調べて、ようやくカワヂシャという名前にたどり着きました。でも、オオカワヂシャかもしれない。どちらなのかが、わかりません。もしカワヂシャだったら、かなり稀少。レッドデータブックの野草らしいです。オオカワヂシャだとしても、数は少ないようですよ。

 

まだまだ野草の花写真の在庫がたくさん溜まっているので、近々(その4)が有ると思います。どうぞ、飽きませんように・・・。

|

« サクラソウ | トップページ | キンラン »

コメント

初めての花を見るとドキドキ>>解ります(*´艸`)
でも最近調べ方が下手なせいでなかなか花の名前がわからなくてキリキリしたり(^^;
タチキランソウ・・・
私もサクラを見に行った境内の階段の隙間からこれに似た花が咲いてるのを見たんですよ
初めてみた気が・・・と撮っておいたのですがまだ調べてなかった(^_^;
小さくて隅っこの角に生えてたのと、サクラを見るのに上ばっかり見ていたので、一緒に来ていたちびっ子(4歳)に指摘されるまで気づかなかったくらい小さくひっそりと(^^;

あ、そうそう!
先日見ていただいたあの花!
名前解りました(>▽<)
『オオツメグサ(大爪草)』のようです。葉の形がよく見えなかったのですが、よく探してみたら去年撮った写真のデータの中に『ノミノツヅリ』として保存したやつの葉がそれでした(^_^;
オサワがせいたしました~m(__)m

投稿: 狐丸 | 2006/04/27 00:39

野草図鑑風になってきましたネ♪
見たことあっても、名前がわからないものばかりです。
「ツタバウンラン」は、コロセウムアイビーと呼んでいるのと同じかしら?
園芸種にしたのが、コロセウムアイビーなのかな?
細かい種で、勝手に増えてくれます(^^ゞ
キランソウ・ムラサキケマンは、最近庭で発見しました~
またまた、名前がわかると・・・雑草として抜けなくなりますねぇ~(^^ゞ

投稿: orenge | 2006/04/27 02:02

おはようございます。
着々と野草図鑑の準備が整ってきていますね。
私の場合、野草の名前には疎いので、
きれいだなーと思っても名前が出て来ませんが、
野草の花は野趣溢れる可憐な姿がいいですね。

投稿: どてかぼちゃ | 2006/04/27 06:11

shiroさんの目に留まった草花は存在感たっぷりで幸せそうです。カメラを意識して美しい部分を誇張しているようにさえ見えますもの。情緒なく食いしん坊の私は「食べられそう」とお粥の実に考えてしまいます。川崎って大都会のイメージがありますがわざわざ旅行などで探す必要はなく「根性大根」ではないですが自然に相当めぐり合えそうですね。
自分にない所に魅かれるのでしょうか。野草はさりげなく美しく強そうで可憐でいじらしくて好きです

投稿: ちょも | 2006/04/27 21:41

狐丸さん、こんばんは。
ドキドキ感、わかっていただけます? ハハハ、お仲間だ♪
私も、調べ方が下手なんですよ。今迄、あまり検索とか、ネットサーフィンとかした事無いもんで。名前調べるのに、すごく時間がかかります。
タチキランソウ見たんですか? 稀少植物らしいですよ。子供さんに感謝ですね。
オオツメグサだったんですか! って、聞いたこと無い名前です。手元の図鑑を見てみましたが、載っていませんでした。まだまだ知らない野草がいっぱいあるんですね。ドキドキの種は、尽きる事なさそうです。
でも、名前がわかって良かったですね。きっとモヤモヤガ晴れて、スッキリされていることでしょう。このスッキリ感も、快感ですよね。

投稿: shiro | 2006/04/27 22:07

orengeさん、こんばんは。
コロセウムアイビー?
知らなかったので、今ちょっと調べてみました。
ツタバウンランとコロセウムアイビーは、同じ花のようです。野草はツタバウンラン。園芸ではコロセウムアイビーと名前だけ使い分けているようです。
そういえば、以前、orengeさんのページで見たことが有るような・・・無いような・・・。
庭にムラサキケマンやキランソウが咲いているんですか!!いいじゃないですか~。ムラサキケマンは、雑草とはいえ、綺麗な花だと思ってます。ムラサキケマンが咲いている庭って・・あこがれちゃうなァ。

投稿: shiro | 2006/04/27 22:17

どてかぼちゃさん、こんばんは。
着々と・・・なんでしょうか。写真整理と名前調べが、なかなか終わりそうにありません。今まで無頓着だったせいで、名前不明の写真だらけなんです。簡単に調べられると思っていたのですが、これが結構大変です。
図鑑の完成は、いつになる事やら・・・

投稿: shiro | 2006/04/27 22:22

ちょもさん、こんばんは。
>「食べられそう」とお粥の実に
私の友人にも一人いるんですよ。私に劣らず野草好きなんですが、私のように写真を撮ったりはしません。彼の興味は「食えるか、食えないか」なんです。食えそうな草を見つけると、ブチブチちぎって口に入れてます。ある意味、尊敬しています。もしかしたら、私より野草を愛しているかもしれません。
川崎は南部は工場地帯ですが、私の住んでる北部は自然がいっぱい残っているんです。“公害の街”のイメージ払拭のためか、市も自然保護に積極的なんです。ミズバショウも川崎市が『人の手を入れない自然』で管理している里山で見つけました。
私も、何故こんなに野草に惹かれるのか、わかりませんが・・・。なんだか今、1番夢中になっています。

投稿: shiro | 2006/04/27 22:37

こんにちは!飽きないですよ~
野草シリーズどんどん続けて下さいね!勉強になりますm(_)m
…しかし3大テーマに「空」が入ってて良かった(笑)
夕陽、良いですね。ふわぁっと広がる夕焼けの光に包まれて、見ていると気持ちが休まります^^太陽を少し左に置いてる所がニクイですね♪
水芭蕉には驚きました!このまま誰にも汚されずに繁殖していけば第二の尾瀬になるかも…。その他の希少な野草達も、大事にしていきたいですね。

投稿: 天・藍 | 2006/04/29 18:48

天・藍さん、こんばんは。
飽きないでいただけますか~? 嬉しいなァ。でも、気を付けてくださいね。時々、平気で間違った事を書いたりしてますから。
空、好きなんですよ。ホントは。(笑) ずっと写真をupしてなかったのは、いい写真が撮れてなかったからです。この日の夕陽は、まあちょっとましな写真かな・・と。いや・・でも、構図失敗したかな・・とも。
ミズバショウ、驚くでしょ! でも、1株しか無かったので、「心無い人に見つからなければいいな」と祈ってます。

投稿: shiro | 2006/04/29 22:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73531/9778657

この記事へのトラックバック一覧です: 春の野草(その3)~ドキドキ編~:

« サクラソウ | トップページ | キンラン »