« 春の野草 | トップページ | 桜 »

2006/03/27

犬のフンは・・・ part2

前回『犬のフン看板』の記事を書いたのが12月ですから、あれから3ヶ月。コツコツと採集を続けています。まただいぶ貯まってきましたので、性懲りも無くpart2です。

前回も書きましたが、決して『犬のフン持ち帰り運動』を啓蒙しようなんて目的はありません。ただ、看板のデザインと個性を楽しもうというだけです。私、犬も飼っていませんし、犬のフンに迷惑した事もありませんし・・・。あッ!1回だけあります。ある駐車場に車を止めて、降りた瞬間にグニュっと・・・。あの時は、思わず天を仰いでしまいました。アメリカ人だったら「オー マイ ガッ!」と、叫んでいたでしょう。

そして、この駐車場には“犬のフン看板”はありませんでした。そう考えると、この看板、もしかしたら重要かもしれません。いや、きっと重要なのでしょう。こんなにあちこちに貼ってあるのですから・・・。

6 禁止看板の定番ですね。

王道のデザインです。

お尻からポロポロっとこぼれる丸も見逃せません。

 

 

3 いいですね、このイラスト。

完成度高いです。

でも、罰金があるのは知らなかった。

 

 

 

 

8 うん、このイラストも好き。

決して上手なイラストではないけれど、とても好感が持てます。

 

 

 

 

7 “好きです きれいな平尾!”

いい標語だけど、まずこの看板が汚い。

 

 

 

 

 

1 この2枚は、旅行先の伊豆で採集した物。

さすが観光地。フン看板にもリゾート気分たっぷりです。

メルヘンチックですね~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11 おおッ!また見つけました!

川崎市の変な犬シリーズ、4枚目。(他の3枚は、part1を見てね)

このテキトー感がたまりません。

 

 

 

4 毛?

毛もですか?

毛くらいはいいんじゃない?

 

 

 

9 ウ~ン・・・このイラストは・・・

何を意図しているのか?

とにかく『変』としか言いようが無い・・・。 

 

 

 

10 犬の持ち帰れ

??

よく見ると“フン”の字の痕跡が・・・

どうしてフンだけがきれいに消えてしまったのか・・・

 

 

12 これは犬のフンじゃないよ。

きっと子供たちにはオオウケ。

何故か子供は、ウ○チの絵が大好きだから。

 

 

 

 

 

 

いったいどこまで行くんだ、犬のフン看板

というわけで、これからも“犬のフン看板”探しは続きます。

|

« 春の野草 | トップページ | 桜 »

コメント

看板にも作り手の人間性が出ますね。

中には不快感を感じさせるものも見受けますがユーモラスなものは微笑ましくていいです。

犬猫に寛容な地域や人に出会うとそれだけで「文化」を尊敬してしまうワタクシ。

アスファルトジャングルに付随したモラルなのでしょうが地方の畑や道路で用足しする人間よりみっともなくないと思いますが。
罰金まで課するというのもどうかと。

>王道のデザイン、東京都衛生局
スマートですね。
>テキトー感
ウンチが大きそう
>とにかく『変』
最近流行りの「ゴミ屋敷のオッサン?」
>フン”の字の痕跡
絶対仲良くなれない良く見ル最も嫌いなタイプ

あッ確認見たら長ッ!
どーもスミマセン

投稿: ちょも | 2006/03/28 03:06

おはようございます。
普段あまり意識していませんでしたが、
いろいろな看板があるんですね。
我が家では、犬の糞害はありませんが、
時々ノラネコ様の糞害に遭遇して閉口します(泣)。
まっ、無責任な元飼い主が悪いのであって、
ノラネコ様に罪はありませんけど…。

投稿: どてかぼちゃ | 2006/03/28 04:10

ちょもさん、どてかぼちゃさん、レスが遅くなりました。なんだか、ココログのコメントの投稿の仕方が変わったらしく、訳が判らずにいました。今日は無事送信できる事を、祈りつつ書いています。

ちょもさん、こんばんは。
この看板は、ホントに個性的な物が多くて、楽しめます。
看板をデザインする方から見ると、とても難しいテーマだと思うんです。見る人を不快にしがちな“犬のフン”というテーマを、どう処理するのか。一番上の写真のように、無機質な記号としてしまうのも、一つの手でしょう。町田市の看板のように、ユーモアを意識しすぎるあまりに“変”になってしまったり。そこら辺が私の興味の対象です。だから、よく見かける手書きの看板は、犬に対する怒りだけが見えてしまって、好きにはなれません。(ちょもさんと一緒です) でも、“犬の持ち帰れ”は、偶然にもフンの字が消えてしまった事で、ユーモラスになったと思いません?
あれ? 今日はガラにも無く理屈っぽくなってしまいました。要するに、あまり深いこと考えずに、ただデザインの個性を楽しんでいるだけです。
犬猫に寛容な文化で有って欲しいですね。ホントに・・・。
 
 
どてかぼちゃさん、こんばんは。
意識しないと見逃してしまうような看板ですが、意識しだすとそこら中に貼って有るんですよ。いろんなデザインの物が。それを面白がっているわけです。
相変わらず、ノラ猫のフンに庭園を荒らされているんですか!? 猫好きの者としては、『ノラ猫に罪は無い』と言っていただくと、ホッとします。でも、大事に手入れしている庭を荒らされるのは困りますよね。猫は必ずフンを隠す習性があるので、穴を掘りにくくしてやるのも、一つの手だと思います。棒を挿しておくとか、おがくずを撒くとか・・・。

投稿: shiro | 2006/03/29 19:13

看板いろいろあって楽しいですネ
私も近所の看板撮りました~
でも近所のは、市で配付されてる同じものばっかりです。
あと手書きの味気ないものばかり・・・
お隣りの市に行った時に、気にしてみよう~
あと、マンホールの蓋もいろいろあっておもしろいですよネ
(ちょっと関係なかったかな?)

投稿: orenge | 2006/03/29 22:22

orengeさん、こんばんは。
orengeさんも撮りましたか!どんな看板だろう?気になるな~。いつか、blogにupしてくださいね。
私のカンでは、市でも何種類かのデザインを用意しているはずで、きっと探せば、違うデザインの物が見つかると思いますよ。
マンホールは気にした事が無いけど、面白そうですね♪ 全国のマンホール写真を撮り歩いている人もいるみたいですしね。(雑誌か何かで、読んだ事があります。) ああ、マンホールにも気をつけながら歩いてみよう!

投稿: shiro | 2006/03/29 23:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73531/9289934

この記事へのトラックバック一覧です: 犬のフンは・・・ part2:

« 春の野草 | トップページ | 桜 »