« あけましておめでとうございます | トップページ | 信楽焼きの狸 »

2006/01/04

大山参り

06

1月3日、神奈川県伊勢原市の大山阿夫利神社へ初詣に行ってきました。

初詣は、どこと決めているわけではありません。毎年、色々な所へ行きます。かといって、どこでもいい訳ではない。初詣なんてお祭りみたいなものだから(違うよ!)、参拝客も多く、テキ屋さんの屋台なども並び、賑わっていないと正月らしくないのだ。とは言っても、明治神宮や、川崎大師のように身動き取れないほど人が多すぎるのも嫌だ。そこで毎年、そこそこ有名な神社仏閣を選んで行くわけです。

今年選んだのが、この大山阿夫利神社です。落語の『大山参り』でも有名な、ちょっとした神社です(だと思う)。住まいと同じ小田急沿線だから、そんなに遠くは無いだろうと思っていたのですが、遠かった。伊勢原まで急行で40分。そこからバスで30分。バスを降りて、徒歩10分。さらにケーブルカーに乗って10分。乗り換え待ちも入れて約2時間かかって着きました。

でも、一度行ってみる価値はありますね。『山の上に来たんだ~』という感じで気持ちがいい。眺めもいい。空気もいい。

06

相模湾を一望する最高の眺め。江ノ島も見えるよ。

06

なんか気になる狛犬。のけぞり過ぎだろ。

着いてから知ったのですが、ここは下社で、本社はここからさらに1時間半、山を上った所に有るそうです。今日は下社で勘弁することに(いや、勘弁してもらうことに)して、帰りはバス停まで歩いて下山する事にしました。約30分の山道です。

歩き始めてほどなく、男坂と女坂に分かれます。男坂のほうがちょっとだけ近道らしいのですが、迷わず女坂を選びます。こういう時は、楽な方を選ぶ主義なんです。ところが、この女坂だって相当きつい。上から見ると、垂直に近いような崖を階段で降りていきます。女坂でこれなら、男坂のほうはどんな坂なんだろうと思う。もっとも、この時代、女坂のほうがきつくても不思議ではないが。

06

急勾配の石段。これでも女坂だ。

登りはケーブルカーで良かったと思いながらも、きつい下りに後半は足がガクガクしてくる。この坂を上ってくる年配の夫婦や小さな子供もいるから、自分が情けなくなる。これでも、普段は2~3時間は平気で歩くし、足腰にはちょっと自信があったのだ。今年は密かに、山歩きなども目論んでいたのだが、この程度でガクガクしているようじゃダメだこりゃ。

06

山道の道祖神(?)。自分的に気に入っている1枚。

ケーブルカーの駅とバス停の間(徒歩約10分)が、屋台やら、土産物屋やらが並んでいて、ちょっと楽しめます。名物の大山豆腐も美味しかったです。

|

« あけましておめでとうございます | トップページ | 信楽焼きの狸 »

コメント

こんにちわshiroさま。大山行かれたのですね。とっても身近な山です。あそこからの眺めは相模湾を一望できて本当にすばらしいですよね(晴れていれば)
一番下の写真、素敵です。

小学校三年のpcの授業で「ペイントで絵を描く」ことを姉が習ってきて以来、姉弟でせっせと描いています。私はいまだにわかりません…(汗)

投稿: まだむこぼれだね | 2006/01/07 14:08

まだむさん、こんばんは。
まだむさんの家は、確か湘南でしたね。だったら、大山も近いんですね。ホントに眺めは最高でした。江ノ島もはっきりと見えて。江戸の人達が、『大山参りの後は江ノ島で遊んで帰る』と言ったのもわかります。ここから眺めていると、あそこにも行きたいと思っちゃいますね。
今の小学校では、PCで絵を描くことも教えるんですか!(ウチのムスメも習ったのかな?)でも、ペイントは難しいんですよねえ。マウスをドラックしたまま動かさなきゃいけないところが・・・私も苦手です。

投稿: shiro | 2006/01/07 22:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73531/7994573

この記事へのトラックバック一覧です: 大山参り:

« あけましておめでとうございます | トップページ | 信楽焼きの狸 »