« 色づいて・・・ | トップページ | 神のまにまに »

2005/11/29

模様

今年は灯油が異常に高いんですね。(いまさらですけど)

ガソリンや灯油は、いつもカードで買っているので、あまり値段は気にしてませんでした。値上がりしている事は知ってましたけど。今日はたまたま、巡回販売に来た灯油屋さんから買ったんですけど、値段を聞いてびっくりしました。

「エエッ! 1350円! 去年は800円位じゃなかった?」

販売員さんは愛想笑いしながら、「すみませんねぇ・・・私達もどうしようも無いんですよ」と。きっとこの人、どこへ行っても同じ事を言われて、ウンザリしているんでしょうね。愛想笑が、ちょっと引きつってましたから。

moyou2

moyou1

今日の写真は、上がススキの穂、下がメタセコイアの葉。

写真としてというより、模様として面白いかなぁ・・・と。

先日、江戸千代紙の型紙集の本を、古本屋で見つけました。前々から、千代紙の模様の美しさは気になってはいました。でも、この本に載っている江戸の頃の千代紙の模様は格別に素晴らしい。植物や自然現象をモチーフにしながら、自由奔放な発想で模様にしていくセンス。江戸人の粋と洒落に憧れを感じています。

自分でもこんな洒落た模様をデザインしてみたいなぁ・・・などと思いながら、ちょっとモチーフ探しに。いつもとは違った構図で、植物の写真を撮り始めました。ちょっと視点を変えてみようという事で。

それにしても、千代紙の模様は美しい。うっとりしながら眺めています。

|

« 色づいて・・・ | トップページ | 神のまにまに »

コメント

>江戸千代紙の型紙集の本
ヽ((◎д◎ ))ゝヒョエ~ 古本屋でですか~
ムムッ! 世間で言うそう言う大当たりも本当にあるのですねー…

最近、着物のデザインなどに使われている伊勢型紙に魅かれ虜になりつつありますが例えば江戸小紋などのデザインもその本に載っていますでしょう?
伊勢型紙集を手に入れる事は殆ど無理と思われますので少しづつ集めていますが「模様」は本当にキリなく多く美しいと私も感嘆しています。

>ススキの穂、下がメタセコイア
パチッ☆-(^ー'*)bナルホド まるで編みこんでいるように見えます。
こうして見ると自然の模様をもっと「見なければ」と改めて頭コッツンです♪

投稿: ちょも | 2005/12/04 20:21

ちょもさん、こんばんは。
伊勢型紙の事はよく知りませんが、反物の型紙なんですね。着物の柄も、美しいものが多いですよね。
この本は、上野の谷中の『いせ辰』という千代紙屋に残っている型紙の本だそうです。この『いせ辰』では、今でも江戸の頃の型紙を使った千代紙を売っているそうです。今度、訪ねてみようかと思っています。
この本を眺めていて、植物や自然現象をモチーフにしている模様が多い事に気が付いたんです。それで、自分の目でも、イロイロと探してみようと・・・思っているところです。

投稿: shiro | 2005/12/04 21:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73531/7384821

この記事へのトラックバック一覧です: 模様:

« 色づいて・・・ | トップページ | 神のまにまに »