« キンモクセイ | トップページ | 神の宿る木 »

2005/10/16

秋の三草

「秋の野に咲きたる花を指折りかき数ふれば七草の花。
萩の花、尾花、葛花、撫子の花、女郎花また藤袴、朝顔の花」
万葉の歌人“山上憶良”が詠んだ秋の七草です。(朝顔はあのアサガオではなくて、桔梗のことだそうです)

ここ1ヶ月、この秋の七草の姿を求めて、ヒマをみつけては近場の野山や河原を歩き回っていました。

10a-4

尾花(ススキ)

これを見つけるのは簡単です。どこにでも生えていますから。光の加減によって、銀色に輝く姿は、けっこう綺麗だと思っています。

10a-3

萩の花

萩も割りと簡単に見つかります。もう、盛りの時期は過ぎてしまいましたが。うまく説明が出来ませんけど、とても秋らしい花だと思ってます。

10a-1

女郎花(オミナエシ)

野生の女郎花、やっと見つけました。実は、鉢植えの女郎花をベランダで育てています。もう一つのblogの方で書きましたが、この花、臭いんです。なんか腐ったようなイヤ~な臭いがするんです。狭いベランダで、その臭いに閉口しています。この野生の女郎花を見つけた時に、臭いを嗅いで見ました。やはり同じクサい臭い。でも広い野原では、ぜんぜん気にならない。やはり、『野の花は野に咲け』という事なんでしょうね。

 

あっちこっち歩いてみましたが、結局見つけたのは、この三草だけでした。日本の秋を代表する草花のはずなのに・・・無いもんですね・・・。ウチの周りでも、まだまだ自然が残っている所はたくさん有るのですが・・・。野生の桔梗は無いかもしれないとは思っていました。でも、藤袴(フジバカマ)や河原撫子(カワラナデシコ)は、見つけられるような気がしていたんですが・・・。

もう時期的に、今年の『秋の七草探し』はお終いです。来年また探すつもりですが、やはり都市近郊では難しいのでしょうかねぇ。もっと山の方へ行かないと・・・。

|

« キンモクセイ | トップページ | 神の宿る木 »

コメント

箱根で見たススキも風に揺られてベルベットのように光りとても綺麗でした^^

「秋の七草」で画像を検索してみましたら「葛」の花、私、見た事有りません。
ゴキブリが花に頭を突っ込んだような気味の悪い形なのですねー!(ノД`)
藤袴も多分見ても判らないと思います。写真の限りでは女郎花の藤色バージョンのような…
昔から野に咲いていたのでしょうか。

女郎花も最近は植物園でしか見ません。
都市近郊で探せば未だこのような場所があるのですねー♪
カメラ担いで探す甲斐が有りますでしょう♪

投稿: ちょも | 2005/10/17 20:37

ちょもさん、こんばんは。
>ベルベットのように光る
いい表現ですね♪ キラキラ光るススキが、また目に浮かんできました。
葛の花は、私も写真でしか見たことありません。『ゴキブリが頭を突っ込んだ・・・』・・・ですか? ハハハ、どうなんでしょう?実物を見てみたいなァ。
きっと、七草ともそこら中に生えていたんだと思います。昔は。たぶん。女郎花も、子供の頃は、よく見ていたような気がします。
探す行為が楽しいのですから、簡単に見つからない方が、より楽しいというものです。

投稿: shiro | 2005/10/17 22:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73531/6429741

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の三草:

« キンモクセイ | トップページ | 神の宿る木 »