« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005/09/28

秋の土手 赤と黄色

自宅から仕事場まで、車で15分、チャリンコで40分。この季節は気持ちがいいので、よくチャリンコを使います。今日は、ちょっと遠回りだけれど土手の道を走る事にしました。彼岸花が、花盛りを迎えている頃だと思ったからです。

土手に着くと、ありゃ~、草刈がしてある。お役所が定期的に土手の草刈をするんです。雑草好きの私としては、とても気に食わない事だけど、泣き寝入りするしかないでしょう。(いや、それほどの事ではないか・・・。)『雑草が好きだから、草刈をするな』と言っても、通用しないでしょうからね。

『これは、彼岸花も刈り取られてしまったか』とがっかりしましたが・・・。

あれあれ、彼岸花だけ刈り残してある。

05

土手のあちこちに、真っ赤なかたまりが。彼岸花だけ、きれいに残してある。周りの草は刈り取られているから、いっそう引き立ってとても綺麗。

これはいったい、どういう訳? やっぱり、彼岸花が綺麗だから残したのだろうか? へえ~~! お役所も、たまには粋なことをするもんだね! 見直しちゃったよ。

05

鮮やかな赤色と、複雑に絡み合った花びらとしべ。妖しげな美しさが、とても魅力的だと思っているのだけれど。でも、嫌がる人も多いですね。ウチのアイカタも『なんか気味が悪いからイヤだ』と言ってます。なぜ、こんな『不吉なイメージ』が付いてしまったんでしょうね。

 

そして、草刈機も入らない、河原の方へ目をやると・・・。こっちは黄色の花畑。

05

キクイモです。

う~ん。こっちも綺麗。まっ黄色の花が咲き乱れている。

このキクイモ、食用にもなるそうです。なんでも、イモのような根っこが食べられるのだとか。私は、食べた事無いけど、『意外と美味い』という話も聞いた事が有ります。

05

秋の土手は、鮮やかな赤と黄色に染まっていました。

05

最後の写真は、ムラサキツメクサ。 過ぎ去った夏の忘れ物。

ポツンと一つだけ咲いていました。夏の土手は、この紫色で染まっていたっけ・・・。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005/09/21

秋の気配

aki2

ここのところず~っと、仕事が忙しくて・・・ありがたいことです。7月後半から仕事が途切れず、ほとんど休み無しで・・・ありがたいことです。ありがたいけど、精神的に参り気味・・・根が怠け者ですから・・・。6月~7月前半の、仕事が暇で、毎日ボケボケと過ごしていた頃が懐かしい。でも、ヒマならヒマで、収入の心配をしなくてはいけないし・・・どっちがいいのかなぁ・・・。

今は、クリスマスの仕事に取り掛かっています。『ハァ?まだ暑いのに、もうクリスマス?』と言わないでください。私が一番そう思っているのですから。日本人ってクリスマス好きなんですかねぇ。11月に入ればもうクリスマスイベントが始まりますから。早くデザインを考えて、図面を描かなければ・・・納期まで、あとひと月ちょっと。とは言え、まだTシャツ1枚で過ごしているのに、『雪の積もるもみの木』のイメージなんか浮かんでこないよぉ。

という事で、『ちょっと気分転換に行って来らァ』とひとりつぶやいて、野山の散歩に行ってきました。もう、秋の気配がちらほらと・・・。

aki1

萩の花

秋の七草の一つです。この花を見ると、ホントに秋を感じます。好きな花です。

aki6

ツリフネソウ

枝先にプランとぶら下がった姿と、クルリと巻いた尻尾が面白いですね。

aki3

ゲンノショウコ

煎じて飲むと薬草らしい。小さな花ですが、こうしてアップで見ると、とても清楚で美しい花です。

aki5

どんぐりとキノコ

秋の定番ですね。

aki7

これは・・・タデの一種だと思いますけど、名前不明。

背丈1m50cmくらいのとても大きな草でした。赤紫の花穂が風に揺れる様は、とても綺麗で、そして秋らしくて・・・心に染みました。

aki4

草むらの影でひっそりと咲いているのを見つけました。草を掻き分けて写真を撮りました。イワシャジンと似ているけど、微妙に違う。ツリガネニンジン・・・かもしれない。

 

3時間ほど野山を散歩して、気分爽快。

さて、明日からまた“クリスマス”の事を考えなくっちゃ・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/09/18

中秋の名月

05

今夜は中秋の名月です。

新聞の暦欄で月の出の時間を調べて、東の空に月が出てくるのを待ち構えて写真を撮りました。

中秋の名月とは、旧暦の8月15日の月の事。ですから現代の暦では、毎年日にちが違うんですね。旧暦では7・8・9月が秋ですから、8月15日は秋のど真ん中。それで中秋です。旧暦は月の満ち欠けに基づいていますから、15日は必ず満月(厳密にいうと、1~2日ずれる事は有るのですが)というわけです。この時期は空気も澄んでいて、月が一番綺麗に見えるのですね。

最近、『旧暦の方が季節感により順じているのではないか?』と思い始め、旧暦に関する本をポツポツと読んでみたりしているところです。知り始めると面白いんですね、二十四節気の事とか。人が季節感を大事にしながら生きていたのがわかります。まだ、人に語れるほどの知識は無いのですが・・・覚え始めたばかりなので。上記の中秋の名月のくだりは、最近覚えたばかりの豆知識でした。

05

今まで、何度も月の写真を撮ってきましたが、どうしても“ウサギの模様”が写らない。そこで、カメラマンの友人に教えてもらいました。

絞りは出来るだけ絞る。(エッ!逆だと思ってた)

シャッタースピードはAUTOで感知するよりも、うんと早く。

教えられたとおりにやってみると、あら簡単に撮れちゃった。さすが、プロは色んな事を知っているもんだねぇ。

今夜の月は、どう見ても“ウサギがもちをついている”様には見えませんけどねぇ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/09/12

けいとう

本当は昨日が納期だった仕事を徹夜で仕上げ、朝モウロウとしながら家へ帰ってきた。ちょうど朝食の仕度をしていたアイカタ(奥様)が、「朝食食べるでしょ? 投票行く?」と聞いてくる。あ~そうか・・・。今日は衆議院の投票日だった。「すぐ寝るから、朝食はいらない。投票は起きてから行く。」と言いながら寝ました。

そして起きたのは昼の2時ごろ。今度は私から聞いてみました。「投票行く?」 「雨が降ってきたから行かない。」  ・・・って、選挙ってそういうもんじゃないだろう、と言おうとして止めた。私も似たようなものだから・・・。

05

05

ベランダへ出てみる。ケイトウが綺麗に咲いたなぁ。それにしてもケイトウの花って面白い。ケイトウの写真を撮っているうちに、選挙などどうでもよくなってきた。だいいち、立候補者の名前すら知らないや。

05

05

いい大人として、どうかとも思うが、こういう大人だから仕方がない。『投票は国民の義務です。』とTVでアナウンサーが言っている。税金は言われたとおりに払っているさ。これ以上なんの義務を求める。別に国には何も求めていない・・・なんて言えば、カッコはいいが、自分の周りの事だけで精一杯なんだ。郵政民営化なんて、どうでもいい問題。どちらかというと、ベランダの花が綺麗に咲く事の方に、関心がある。

ケイトウ、見事に咲いてくれたなぁ。フワフワとした花が色とりどりに。

05

05

夜になって、TVは選挙一色。どのチャンネルを回しても、選挙選挙。日本人ってこんなに選挙が好きだったんだ・・・。

自民党が圧勝だそうです。頑張ってください。私も頑張ります。明日からは、次の仕事に取り掛からねば。だいぶ待たせてしまっているから・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/09/07

今宵の月

05

台風14号の影響で、関東地方も強風吹き荒れる日でした。

こういう日は、空が綺麗なんですね。刻々と変わる雲も面白い。こういう日は、一日中ボーッと空を眺めていたいけれど、残念ながら、今は仕事が忙しくて忙しくて・・・。(いやホントは残念がってはいけないのだ。仕事が忙しいのは喜ぶべき事・・・にしなければ。)それでも、空が気になるので、ちょこちょこ外に出ては、空を眺めていました。

空の色も、いつもと違うんですね。鮮やかなんです。塵や埃を、台風が吹き飛ばしてくれたからでしょうか。だとすると、これが本来の空の色なのか。文明によって失われた空の色。

上の写真は、今日の夕焼け。邪魔な電線はお許しください。空の写真を撮る度思う。本当に電線って邪魔!! あっ!電線の話では無く、『今日の夕焼けは綺麗だったよ』という話。こんなに色鮮やかで、カラフルな夕焼けも素敵でしょ? 

05

そして今日の月。 『おお!今日は三日月か!』と思い、新聞の暦欄を見てみたら、今日は旧暦の8月5日でした。五日月(?)。月はやはり満月が綺麗だけれど、このくらい細い月もまた、いいね。茜色の夕暮れ空に浮かぶ月も、うっとりするくらい美しかった。これも空が澄んでいるせいでしょう。月の上に光る星は、宵の明星でしょうか・・・。あッ!これは知らないくせに、テキトーに言ってしまいました。ただなんとなくそんな気がしただけです。

 

夜になって、星空を見上げて見ました。夜空の色もいつもと違う。濃紺色に見えました。

台風の後、空気が綺麗で、空を見るのがとても楽しみ・・・ホント。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »