« 露天風呂でのんびりする | トップページ | 花の咲く小道 »

2005/07/07

梅雨のまにまに

05

暑い日と肌寒い日とが交互にやってきて、体を慣らすのも大変ですが、まあこれが梅雨の季候ですから。

今日は、『梅雨の生田緑地』を見ていただきたいと思います。生田緑地は私のホームグラウンド。枡形山を中心とした広大な緑地です。公園として整備されている所も有りますが、ほとんどの部分が手付かずの自然を維持しています。いい所です。ここを散歩するのは、もう生活の一部なんです。

05

雨に濡れた緑が乾く時の、あの青臭い匂いが好きなんです。『すがすがしい』と言ったら言いすぎだけど、なにかホワ~ンとした気分になります。

でも、この時期は花が少ないんですよね。それでも咲いている花を探してみましょう。

05

左はどくだみ、どこにでも咲いていますね。煎じて飲むと漢方薬らしいけど、飲んだ事はありません。

真ん中は、ウシハコベ・・・かな。たぶん。

右はオカトラノオです。数は少ないけど、いまこの緑地で咲いている花の中では一番可愛い花です。

05

左から、ヒルガオ、ツユクサ、ネジバナです。ありふれた野草だけど、好きな花たちです。ネジバナは、小さな花ですけど、くるくるとらせんに巻いた花が面白いんです。

05

これは今回初めて見つけた花。ネットの植物図鑑で調べたところ、ワルナスビだと解りました。ワルナスビって・・・。“ワル”って付けられる花も珍しい。名前を知ってちょっと嬉しくなりました。いや、『何が?』って聞かれると困りますけど。でも、ちょっと触ってみたらチクチクと小さなトゲがありますので、ご注意を。なるほどちょっと“ワル”です。

05

ここの谷間には野生の蛍がいるんです。ちらちらと飛ぶ程度で、『乱舞』には程遠いですけど。先日、蛍の写真の撮影を試みてみましたが、見事に失敗でした。カメラマンの友人から、撮り方を教わって行ったんですけど。やっぱり素人には難しいですね。もう蛍の時期も終わりなので、来年また挑戦してみます。

05

こういう所を散歩する事で、季節を感じているんです。生活の中で、季節感が少なくなっていますから。季節を感じる事は、大事な事だと思っているんです。いろんな感性の基本の様な気がして・・・。

なんだか、タイトルとあまり関係の無い内容になってしまいました。雰囲気だけでタイトルを付けてしまったので・・・。

|

« 露天風呂でのんびりする | トップページ | 花の咲く小道 »

コメント

いつも覗かせて頂いております。
の~んびりして‥足跡残さず帰っていました(ノ^▽゚) テヘッ!ドモドモ
ネジ花は近くの空き地に毎年いっぱいの花をつけ、楽しみにしていましたがアッと云う間に造成され根こそぎなくなってしまい、残念な事をしたぁ、と思っていたら我が家前の溝に4本生えていたのです。種が飛んだのでしょうか。マタ抜かれる前に鉢に入れましたら流石に野草ですね、直ぐに根づきいつの間にか7本に。
可憐な面差しがその強さを感じさせません。庭は木立ばかりで花が殆ど有りません。花の管理が分らずワンシーズンで枯らしてしまうのが可哀想なので余り置かない事にしていました。コレは増えそうなのでネジ花の鉢だらけになったら嬉しいのですが‥庭中、この花だらけになる事はないでしょうね?(笑)

投稿: ちょも | 2005/07/14 00:47

ちょもさん、こんばんは。
いつも見てくださって、ありがとうございます。
ネジバナは、ぱっと見た目はどうって事無い花だけれど、よく見れば見るほど可愛い花だと思っています。鉢植えだとどんな感じになるんでしょう。芝の間からひょこひょこと出ている姿しかみたことないもので・・・。繁殖力はけっこう強そうですから、庭中ネジバナだらけになるかもしれませんよ(笑)。それはそれで、いい感じの庭になるような気がしますが・・・。あっ!ひとごとだと思って言ってました・・・スミマセン。

投稿: shiro | 2005/07/14 21:26

チョコチョコ書き入れてm(*- -*)mス・スイマセーン
帰ってから如何しても気になって夜も眠れず(笑) 「ワルナスビ」ですが、花が本物(と云う言い方も変ですが)の茄子にソックリなのですが実を付けるのですか?
>チクチクと小さなトゲ
よく食用はトゲがあると聞きますし本物も結構なトゲがあるので、もしかしたらワルも食べられるのかしら?と食い意地の強い私の疑問でした。(?_?)

投稿: ちょも | 2005/07/14 23:05

ちょもさん、またまたいらっしゃいませ。
ワルナスビ、そんなに気になりますか?実は私も気になってるんです。
実は成るけど、食べられないそうですよ。ネットの図鑑でちょっと調べてみましたが、有毒と書いてある所もありましたので、試してみる勇気はありません。
地下茎の繁殖が強くて、一度生えると根絶は難しいそうです。どうやら本物の『ワル』のようです。

投稿: shiro | 2005/07/14 23:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73531/4871644

この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨のまにまに:

« 露天風呂でのんびりする | トップページ | 花の咲く小道 »