« 花菖蒲 | トップページ | 露天風呂でのんびりする »

2005/06/27

ハルジョオン・ヒメジョオン

昔、ユーミンの歌に、こんなタイトルがありましたね。残念ながら歌の話題ではありません。あの歌、アンニュイな雰囲気が好きではありましたけど。

05

さて今日は、あの雑草ハルジョオンとヒメジョオンの話題です。ビンボー草とか言われて、どこにでも生えているあの花です。ビンボー草って言われてるくらいですから、あまり好かれていないのでしょうね。でも私、好きなんです。あの花たち。

05

ハルジョオンとヒメジョオン、咲く時期がちょっと違います。早春から今頃まで咲いているのがハルジョオン。今頃から咲き始めて夏の間咲いているのがヒメジョオンです。近所を散歩してきたら、今咲いているのは9割がたヒメジョオンでした。ほんの1ヶ月前にはほとんどがハルジョオンでしたから、いつの間にか交代していたんですね。

05

上の写真、左がハルジョオンで右がヒメジョオンです。よく見分けがつかないと言われますが、よく見れば、花の雰囲気、葉の雰囲気が違うのですぐ判ります。繊細な雰囲気の中にも、素朴な感じがするのがハルジョオン。ちょっと気取った感じがヒメジョオン。

と、いい加減な区別の仕方ですが、ちゃんと区別したい方は、『奈良教育大学の植物図鑑』をどうぞ。私も、野草の名前を調べるのによく見てます。写真も多いし、説明も解りやすいし、いいサイトだと思います。インターネットの植物図鑑は色々有りますけど、私は1番気に入ってます。写真を眺めるだけでも楽しいサイトです。

05

野草と雑草の違いってなんでしょうか。厳密な区別は無いのでしょうけど・・・。

チヤホヤされる野草も有れば、顔をしかめられる雑草も有る。その違いってなんでしょうか? 雑草にも心を和ませてくれる花はたくさん有ります。

あまり難しい意見を述べるのは、私の柄に合わないので・・・。  と言うより、私にもよく解らないのですけどね。

つまり、何が言いたいのかというと、『よく見てごらん、けっこう可愛い花だと思うよ』という事です。私は好きな花です。ハルジョオンとヒメジョオン。

|

« 花菖蒲 | トップページ | 露天風呂でのんびりする »

コメント

顔をしかめられる雑草、中chanceです。
このビンボー草、好きだったなぁと想って。
しかし春と姫のジョンたちだったとは知らなんだ。
春johnの方がピンクが強く見えるのは写真のせい?
幼き頃、引っこ抜いて花束作って喜んでたなぁ。
認知され大衆に愛される雑草をめざし、頑張ります!

春と姫と中のjohnより

投稿: 中chance | 2005/06/28 01:45

初めての訪問になります。
ハルジョオン・ヒメジョオンは、可愛い花ですネ
生命力が強いのが雑草っていわれているみたいな感じですが同じ花なのに?
豪華さはないけど、雑草は季節を知らせてくれますから、大事な花です。

>ビンボー草って言われてる
昔、わらぶき屋根の頃、貧乏な家は屋根のわらを取り替える事が出来なく、屋根に此花が咲きそろっていたことからだと、おばあちゃんから聞いたことがありました。

『奈良教育大学の植物図鑑』は参考にさせていただきます。

投稿: わかば | 2005/06/28 14:55

中chanceちゃん、こんばんは。
子供の頃は、みんなこの花で遊んだね。どこにでも生えてたしね。
ハルジョオンは白とピンクがあるんだよ。白とピンクが混ざって咲いていたりしているよ。
お互い雑草だから、頑張ろうね。

わかばさん、はじめまして。
なるほど、生命力(繁殖力)が強いと嫌われるのかもしれません。
『雑草は季節を知らせてくれる』 全く同感です。私にとっても大事な花です。
ビンボー草の由来、納得しました。ありがとうございます。


投稿: shiro | 2005/06/28 21:24

こんばんわ。先ほどは有難うございます。マタ来てしまいました。
この花は空き地、線路脇、土手、高速脇など何処でも良く見ます。ハルとヒメの見分け方が解らなかったのですが、ウンウン良く解りました。今度、買い物に行くとき私から夫に「教え」ようかと。鼻高々で(笑)
>雑草は季節を知らせてくれます
その通りの事に気づかず、心、打たれました。人の手が入らない所の方が季節を表している筈ですね。
先日の何となく馴染みの有る「アカンサス」もハッハァーッ、歴史のある植物なのだと頷きましたし、皮工芸を少し齧る私としては「アカンサス」を描いていたかも知れないと今更ながら「基」を知る大切さを教えて頂いたように思います。

投稿: ちょも | 2005/06/30 00:12

ちょもさん、こんばんは。
ハルとヒメ、見分けられるとちょっと自慢ですよね。まあ、見分けたからどうなのって話ですけど。
確かに、人の手が入らない所の方が季節をあらわしているのでしょうね。本来、人も季節に合わせて生活しているはずなのに、季節感が薄れてきていますから。でもきっと、人の回りにも季節を感じるものは、たくさん有るはずです。あ・・・なんか難しい話になっちゃいました。
書だけじゃなくて、皮工芸もやるのですか?皮工芸の世界にもアカンサスがあるんですね。文様を皮に彫り込んだりするのでしょうか。機会がありましたら、見てみたいです。

投稿: shiro | 2005/06/30 21:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73531/4736353

この記事へのトラックバック一覧です: ハルジョオン・ヒメジョオン:

« 花菖蒲 | トップページ | 露天風呂でのんびりする »