« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005/04/24

ほうちゃく草

ここ何日か、気になっていることがあります。毎日車で通る道の途中に、見たことの無い花が咲いているのです。場所は、薄暗い坂道の途中。山の斜面に小さな釣鐘のような花の群落が有ります。道は狭く、交通量は多い。花を見るために車を止めようものなら、クラクションの嵐は必至。それで、気になっていたのです。何の花だろう?

そこで今日は、歩いてその場所に行ってみることにしました。道々、野の花の写真などを撮りながら、問題の坂道にさしかかる。交通量が多いのに、歩道は無い。体のすぐ脇を車が通り過ぎる。危険だ。でも行かねば。(大げさ!)

あった。あの花だ。

05

なんだろう。やはり、見たことの無い花だ。

05

綺麗な花とは、お世辞にも言えない。華やかでもない。ホタルブクロの様な可憐さも無い。何故この花が気になったのだろう? 何か凛とした雰囲気は感じる。不思議な花だ・・・

05

帰って、さそっくネットの花図鑑で調べてみました。

宝鐸(ほうちゃく)草 ユリ科チゴユリ属の野草 有毒植物

有毒・・・

危険な香りに惹かれたのか・・・

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/04/17

春の花 ~野草 part2

前回、春の花の記事を書いたのは、2週間前でした。この時期、2週間たてば野の様子もガラッと変わってしまいます。そこで今日は、また野の花の写真を撮りに、多摩川の土手を歩いてみました。

karasunoendou

『からすのえんどう』  

土手で一番華やかな花です。

himeodoriko

『姫踊子草』 

この名を付けた人に敬意を表します。じっと見てたら、笠をかぶった踊り子に見えてきました。

tumekusa

『コメツブツメクサ』と『シロツメクサ』

シロツメクサは別名クローバーです。四葉のクローバーを探したこと、誰でも一度はありますよね。

nogesi

『ノゲシ』

ありふれた雑草ですが、まぶしい黄色は結構好きです。

05

『マツバウンラン』

タンポポの写真を撮っているときに、見知らぬおじいさんから突然「この花を撮れ」といわれました。「珍しい花なんですか?」と聞くと、うなずきながら「マツバウンランだ」と教えてくれました。

onitabirako

『オニタビラコ』

こんな可愛い花なのに、何故オニがつくんでしょうね。

tanpopo

『タンポポ』と『タチイヌノフグリ』

タチイヌノフグリは、小さな小さな花なので、見つけるのが大変です。タンポポはやはり春の景色には欠かせません。

humei

そして、名前がわからない花たちです。ご存知の方、教えてください。

今日は本当に暖かでした。暑くも無く、寒くも無く、今が一番いい季節なんだと実感しました。きっと、植物にとってもいい季節なんですね。ウチへ帰って、ベランダの花の手入れもしてやらなきゃ・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/04/10

さくら

05

「そりゃ、桜は綺麗だけどさ、春の花は桜だけじゃないよ。他にも綺麗な花はいっぱい有る。こぶしや、もくれんや、レンギョウや・・・」

と、言ってはいたものの、やはり満開の桜を見ると圧倒される。これは、やはり春の女王だ。いや、花の女王かも。

05

05

何故だろう?桜を見てこんなにウキウキするのは。日本人の遺伝子が刺激される。満開の桜の木の下に立てば、浮かれだすのはあたりまえか。

05

05

俗っぽい事が嫌いな私も、花見の宴は大好きです。昨夜は、毎年恒例の『お花見』でした。仲間が集まって、夕方5時から、夜中の11時まで騒いでました。

夜桜の写真も撮ろうと、三脚まで担いでいったのに、飲んで騒ぐうちに写真のことなどすっかり忘れ・・・残っているのは、飲みだす前に撮った写真だけでした。なにをやってんだか・・・

05

今日は二日酔いで出かける気がしないし、明日から雨の予報。今年の桜はこれでおしまいか。夜桜の写真は、来年に持ち越しです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/04/05

春の花 ~木の花

前回のつづき、木の花編です。
公園の木あり、他人の庭の木ありです。

rengyou

まずは、レンギョウ。鮮やかな黄色が春らしいですね。

05.4.2 019

そして、ユキヤナギ。

庭の無い私には、花の木は憧れの存在です。
でも、こうしてちょっと歩き回れば、色々な花が楽しめますから。

mizuki

日向ミズキです。

木の花は、草花とは違った魅力が有りますね。
空間全体が彩られて、
そこの空間だけが、別世界のように。

05.4.2 004

馬酔木(アシビ)。甘い香りがします。

kobusi

こぶし。

春は、葉が無くて、花だけの木が多いです。
だから、なおさら不思議な空間に見えるのでしょうか。

kibusi

キブシです。公園の売店のおじさんに名前を教えてもらいました。
ほんとに不思議な花。
と言うより、不思議な光景。

05.4.2 082

最後はやっぱり、春の女王、サクラです。
今、3分咲きです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/04/02

春の花 ~野草


4月になりました。
春です。どこを見渡しても、すっかり春です。
花の季節がやってきました。
今日は咲き始めた花たちを撮るため、デジカメ片手に近所の散歩です。
はい。沢山の花の写真が撮れました。
では、まずは野草編です。

_1

早速見つけました。
オオイヌノフグリ、ハコベ、ホトケノザ

nazuna

なずな。ぺんぺん草とも呼ばれます。
アップでみると、結構可愛い花です。

05.4.2 053

ひっそりと咲く可憐なスミレ。
春の野原の乙女。
これは、タチツボスミレでしょうか。

05.4.2.00

え・・・と、名前は解りません。

路傍に咲く小さな花たち。
仕事に追われ、心にゆとりが無くなっていると、見逃してしまう。
だからいつでも、心に余裕を持っていたい。
そんな強さが欲しい・・・

05.4.2 044

紫花菜(ムラサキハナナ)。
この花は大好きで、ベランダでも育てているけれど、
やはり、野に群生している花には、かないません。

harunohana2

タンポポとツクシ。
春の野の定番はやはりこれですね。

05.4.2 029

最後の写真は、菜の花畑。
野草ではなく、誰かが栽培している花ですけれど。
春といえば菜の花でしょう・・・
むせ返るような匂いが気持ちいい・・・


次回は『木の花編』の予定です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »