« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005/03/27

ナカジマ タカシ展

友人が、原宿で絵の個展を開いているので、行ってみました。
原宿へ行くのは久しぶりです。普段、用事が無いし。
もっとも、人ごみが嫌いなので、仕事以外で都内へ出かけることは滅多にありません。新宿、渋谷から20分の所に住んでいるのですが・・・。

原宿に降り立って、少しうんざりする。
なんて人が多いんだ。日曜日なのに。(日曜だからか)
これではまともに歩けない。
それでも、久しぶりの原宿の変わりようにキョロキョロしながら歩く。
『同潤会アパートも、もう無いんだ・・・』
そして、人にぶつかる、ぶつかる。あぁ、人ごみは嫌だ。

目指す画廊“MAio-108”に着いてみると、鍵がかかっていて入れない。
日曜は画廊の人も休みなので、彼が鍵を預かっているのだろうけど・・・おいおい、もう1時だよ。
『どうなってるの!』と、メールを送ってしばらく待っていると、ナカジマ タカシ君がやって来ました。
昔からこうゆう奴だから腹も立たないけど、自分の個展でしょ!

それでは、ナカジマ タカシ君の作品の一部を紹介します。
今回のテーマは『自然を色で表現する』です。

05.3.27nakaji

エアーブラシのグラデーションは絶妙だし。色使いも綺麗だけど・・・

人の作品の批評は難しいし、する気も無いのだけれど。

ナカちゃんの実力、こんなものじゃないでしょ。
抜群の色彩感覚と、才能を持っているのだから。
今回は、個展前にアクシデントが続いて、集中できなかったのはわかるけど。

でも、一番よく解っているのは彼自身で、
『今回はやり残したことがいっぱい有るので、次回に期待してくれ』
と、いうことです。
期待してるよ、ナカちゃん。

帰りの電車の中で、ふと気が付く。
そういえば、上野の都美館でやっているミュシャ展は、今日までだった。
見たかったけど、今から引き返すのも面倒だし。
どうせ最終日で、めちゃ混みだろうし。
なにしろ、人ごみが嫌いなもので・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/13

枡形山~早春

今日は、久しぶりに枡形山を散歩してきました。
この枡形山(生田緑地)は、川崎市が管理する公園です。公園としての設備・施設は有りますが、その大部分は多摩の雑木林をそのまま保存する事を目的としています。東京近郊では、貴重な里山が残されているわけです。もちろん私のお気に入りの場所で、この地への居住を決めたのも、この山があるからでした。
春の兆しを期待しながら、山へと入ります。

ooimunohuguri

早速いました。おおいぬのふぐり。
春一番に咲き出す野草です。小さな花ながらも、密集して咲くコバルトブルーは本当にきれいです。

renge

萌え出した、れんげの絨毯。

hakobe

はこべも咲いています。

fukinotou

蕗の董。と言うより、蕗の花。食べるには、遅すぎますね。

tubomi

左がこぶし。右がみずき。蕾もだいぶふくらんできています。

sinme

木々の新芽も芽吹きだしました。この新緑色が好きなんです。透き通った緑。

tubaki

冬の花、椿もまだ健在です。

sumire

大好きなスミレです。まだ寒いせいか、弱々しく咲いています。

この枡形山、あまり知られていませんが、野生の蛍もいるんです。おそらく、東京都心から30分で野生の蛍が見れるのはココだけでしょう。乱舞する程の数はいませんが・・・“ちらちら”程度です。

asibi

最後の写真は、馬酔木の花です。今が盛りと咲き乱れています。甘い香りが漂っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »