2024/04/15

大山南尾根

2024年4月14日

先週のAYさんとの山歩きで、まったくもって山を歩く身体ではないことをはっきりと自覚した。
大半が林道歩きであったにもかかわらず、情けないくらいにヘロヘロになってしまったのだ。
最近はジムにも行っていないし、ランニングもしていないし、山歩きからもだいぶ遠ざかっているし、仕方ないといえば仕方ない。
でも、また以前のようにバリバリと歩きたい気持ちはあるんだ。
少しずつ山を歩ける身体に戻してゆこう・・・。

花が多くてのんびりと歩ける登山道はどこかな・・・と、考えて、大山の南尾根が思い浮かんだ。きっと様々な春の花が咲いていることだろう。人もそれほどは多くないだろうし。

今日は電車でやってきた。
鶴巻温泉の駅に降りたち、駅前のコンビニでおにぎりと水を買って8時半に出発する。
住宅地を抜けて岩座神社を通り過ぎると野草が多くなってきた。

P4140004

ムラサキハナナだ。オオアラセイトウとかショカツサイともいう。群生しているととても綺麗だ。

P4140008

小川のほとりにはクレソンが群生していた。

吾妻山の西の鞍部で稜線に乗る。この稜線は大山山頂まで続いているんだ。
大山南尾根の良い所は、どこからでもエスケープできること。西へも東へも降りるルートは随所にあるから、体力的に不安を抱える者としては気が楽です。今日は行けるところまで行って、バテたらその地点で下山するつもり。

P4140017

さっそくニオイタチツボスミレを見つける。
珍しいというわけではないが、見かける機会も少ない花だから、少し嬉しくなる。

P4140020

こちらは普通のタチツボスミレ。

P4140029

善波峠から北に進路をとると、本格的な山道になる。

P4140021

山吹はいいなぁ。満開の山吹はとても綺麗だ。

P4140031

クサイチゴ

P4140032

念仏山を通過する。

P4140034

ミヤマシキミ

P4140037

高取山の登りにかかる。
樹の根むき出しの急こう配。こんな光景は他で見たことは無い。

P4140038

高取山で一休み。
ここまでで2時間半かかっている。バテないように、意識してゆっくりと歩いている。

P4140045

モミジイチゴだ。

P4140049

ヒメウズ。小さな可愛らしい花だけど、毒草らしいよ。

P4140051

浅間山の直下には立派な林道ができていてびっくりだ。道の両脇に切りたての丸太が積み上げてある。シチミさん達が仕事しているのかなぁ。

P4140052

蓑毛越に到着。ベンチに座って休憩しながら考えた。
無理すればこのまま山頂まで行けそうな気もする。が、無理することもない。すこしバテはじめてきていることも事実だ。
また先週みたいにヘロヘロになるのも嫌だし、今日はこのあたりまでにしとこう。
で、下社に向かってトラバース道へ進む。

P4140054

ヤマルリソウがまだ咲き残っていた。

P4140055

ミヤマカタバミは半開き。お天気良いのにね。

P4140060

下社に到着。
いつものように参拝して、女坂で下山します。

P4140062

境内の枝垂れ桜がちょうど満開でした。

 

ほどほどの疲労感に包まれ、いい散歩ができました。

| | コメント (0)

2024/04/11

世附の散歩 ~明神歩道と林道~

2024年4月7日

久しぶりの山歩きです。
AYさんと「春の花を楽しみながら、ぶらぶらと散歩しましょう。」ということで、明神峠あたりから世附の奥地を歩くことになりました。
別に決めた目的地があるわけでもなく、気の向くままにぶらぶらと・・・いつものオイラとAYさんのスタイルです。

行きの車の中で「明神歩道を歩いてみましょうか。」ということになりました。
明神歩道という古道があることは、イガイガさんのblogで知っていました。明神峠から一ノ沢、二ノ沢と横断して、三ノ沢の手前で三国林道へ上がる、昔の森林巡視路じゃなかったかな。イガイガさんが探索されたのももう10年くらい前の事だと思う。いつか辿ってみようと思いながらも、すっかり忘れていた。

Tizu47

明神峠の少し先のスペースに車を停め、7:50 出発します。
明神歩道の入り口はすぐにはわかりませんでした。

P4070006_20240411145101

獣道っぽい薄い踏み跡を辿っていくと、だんだんと道型がはっきりとしてきて、ここが明神歩道で間違いないと確信を持ちました。

P4070008

経路に沿って、ポツポツと白いリボンが結んであります。
オイラが大っ嫌いな自己顕示欲テープとは明らかに違う。山仕事のテープです。今でも山仕事で使っている道なんでしょう。

P4070011

一ノ沢の支沢に差し掛かったところで経路は消えました。白リボンもこの少し手前で消えました。
でも、こんなことは想定内です。古道なんてたいていは沢筋を横断するところでぐちゃぐちゃになっているものです。
対岸を目を凝らして観察しますが、経路らしき痕跡を見つけることはできません。
でも、AYさんのカンで少し遡った場所で経路痕を見つけることができました。

P4070014_20240411154301

そこから一ノ沢本流までの間は、経路痕も薄くほとんど歩かれている様子もない感じでした。

経路は尾根を回り込み、一ノ沢本流と並行してトラバースしてゆきますが、しばらくして崩壊斜面にぶつかります。
ちょっと危険なにおいもありましたので、少し手前に戻って東電の巡視路で一ノ沢へ降りることにします。

P4070016_20240411155301

ジグザグと一ノ沢へ降りてゆく東電の鉄塔巡視路。
これは明神歩道と違うのか?という疑問をAYさんに投げますが、たぶん違うと。明神歩道はもっと上流で一ノ沢を横断しているはずだそうです。

P4070017_20240411155601

一ノ沢へ降りると、対岸に経路が続いているのが見えますが、これは東電巡視路。
明神歩道を探すべく、沢を遡ってみることにします。

少し遡った所で、山腹を斜上する道を見つけたので辿ってみますが、どうやら山仕事の踏み跡のようでした。しばらく行くと道型も消えてしまいます。

P4070025

もう引き返すのも嫌なので、このまま斜上を続けます。
これは道のない場所を無理やり斜上している場面。
この後、尾根の背に乗り、尾根伝いに上りました。

P4070038

P992の少し先で経路を見つける。

P4070039_20240411160901

すぐに二ノ沢を横断。
ああ、この橋は、以前二ノ沢を遡行したときに潜ったことがあるなあ。あれは何年前だったか・・・その時はまだ橋も健在だった。

P4070042_20240411161101

続けて二ノ沢支流の湧水地帯を横断。
ここはあちこちから水が湧き出している、見事な湧水スポットだった。ちょっとした発見。

P4070049

二ノ沢以降は、ずっと立派な経路が続いていた。
AYさんによると、この辺は東電の巡視路と重なっているので整備されているのだとか。

P4070050

約4時間かけて三国林道へ上がりました。
時間はかかったけど、まあ面白かった。
しかし、途中の一ノ沢近辺が未解決なのが心残りです。帰ってからイガイガさんの記事を読み直してみましたが、やはりイガイガさんも一ノ沢の近辺で迷われている。もう、その辺りの経路は完全消滅しているのかもしれません。が、もう1回くらいは探索してみようかな・・・。

休憩をした後、三国林道をぶらぶらと歩きます。

P4070053

どこで水ノ木林道へ降りようか・・・と話しながら歩いているうちに、橡ノ丸までやってきました。
ここから南東尾根を尾根を下って、250m下の水ノ木林道へ降りようと思います。

P4070059

なだらかな歩きやすい尾根でした。
降りながら、AYさんは初めての尾根だといいます。オイラは自分の地図に踏破済みの印がついているから、過去に歩いていることは間違いないが、いつ歩いたのか、どんな尾根だったのかが思い出せない。

P4070064

林道際は切り立った崖だったので、木の根を掴んで降りました。
そして降り立ってから思い出しました。昔、AYさんと一緒に歩いているよ。もう15年くらい前だろうか。あの時はM-K師匠やはっぴーさん、ミックスナッツさんも一緒だった。この崖には熊笹がびっしりと生えていたので、笹を掴みながら降りたっけ。あの頃世附の山は笹薮だらけで、この尾根も藪の濃い歩きづらい尾根だった。

P4070084

水ノ木林道をてくてくと歩いて帰路につきます。林道の勾配なんて大したことないはずなのだけど、最後はそのわずかな登り勾配がきつくてきつくて・・・。体力が落ちていることを痛感しました。
一ノ沢橋を渡った後の明神峠へ向かっての50mの登りで足が上がらない・・・。ヘロヘロになりました。

でも、久しぶりの山歩き。AYさんといろんなおしゃべりをしながら、楽しかった!
やっぱり山の空気はいいワ。

さて。今日の目的は『早春の花を楽しむ』でした。
しかし、標高1000mの世附の奥地では、まだ少し早かったみたい。今年は春の訪れが少し遅れているからねえ。もっともここ数年が以上に早かっただけで、これが普通のような気もするけれど・・・。

そんな中で見つけた花々。

P4070024

ヒナスミレ

P4070019

ヨゴレネコノメ

P4070029

とても小さいから、最初はコケリンドウかと思った。が、萼がカールしていないので小さなフデリンドウのようだ。白花はちょっと珍しいでしょう。

P4070062

シキミ

P4070069

アブラチャン
AYさんにアブラチャンとダンコウバイの見分け方を教わる。

P4070076

そして今年も会えました。黄金色に輝くネコ。

 

| | コメント (0)

2024/04/03

ザ・ミュンヒ

3月末で白浜の仕事も無事に完了し、戻ってきました。
休む間もなく、出張している間に溜まりに溜まった事務仕事の処理に追われています。

帰る前に、大阪のとある店に行ってきました。ずっと行きたいと思っていた店で、今回、関西にいる間に絶対に行こうと決めていました。

 

240324112642259

大阪は八尾の住宅地の中にあるザ・ミュンヒという喫茶店。
コーヒー好きの間では有名な、名店中の名店です。
以前にも書きましたが、オイラ自他ともに認めるコーヒー好き。この噂の店にはぜひとも行ってみたかった。
が・・・、こんな・・・さびれたつぶれかけの店のような佇まい。びっくりしました。
ここが、世界中からコーヒー好きが訪れてくるという名店なのか。

240324122227137

おそるおそる店内に入ってみます。
店内には常連らしき一組の客。雑然とした店内。昭和の香りがプンプンとする古い什器と古いバイク。オイラ、バイクの知識は全くないけど、店名の由来になっているドイツ製のバイクらしい。
マスターは私の顔を見ると「初めての方かな。どちらからいらっしゃった?」と言い、「神奈川の川崎です」と答えると「そうかそうか」と笑顔で迎え入れてくれました。
「うちのコーヒーは特殊だからね」とコーヒーの豆と淹れ方の講釈を聞き「どんなコーヒーにする?」
もちろん、有名な特別抽出のやつを!

240324122910931

それが、これ。
ネルドリッッパーに、150gの粉をギュウギュウに詰め、1時間かけて30㏄のコーヒーを抽出する。つまり、通常の10杯分の粉からデミタスカップ半分の量しか抽出しない。超濃厚なコーヒーだ。
豆はマスターに勧められるままに、モカとゲイシャのブレンドで頼んだ。1杯7500円。

240324134924595

マスターや常連さんといろんなおしゃべりをしながら待つこと1時間強。出来上がってきたのがこれ。
いや、本当にビックリします。想像をはるかに超える味。
こんなコーヒーは飲んだことがない。いや、コーヒーの味ではない。甘酸っぱいフルーティーな味。奥に感じるかすかな苦みが、かろうじてコーヒーらしい味。
1時間以上かけて抽出しているから、もちろんぬるい。だけど、熱いとかぬるいとかはどうでもよい。「コーヒーは熱くなきゃ」という概念でさえ吹っ飛んでしまう。
一口の量をちびちびとなめるように飲む。至福のひと時でした。

240324135709916

そして、もう一つ頼んだのがこれ。
これまたこの店を有名にしている28年物のコーヒーです。抽出したコーヒーを木樽で28年間熟成させたもの。
信じられます?28年前に淹れたコーヒーが、なぜ酸化もせず腐りもしない?
スプーン1杯で2500円。ちなみにデミタスで頼むと11万円だそうだ。

240324135810675

さらに想像を絶する味だった。まるでワインのようだった。甘く高貴な味。
これは実際に飲んだ人しか信じられないだろうと思う。

この貴重な28年物も、もう残りはわずかだそうです。樽を振りながら、あと何杯いれられるかな、と言っていました。
28年物がなくなったら、グッと年代が新しくなって10年物になるそうです。
無くならないうちに来れて良かった!

マスターも、もうすぐ80歳になるそうです。まだまだお元気な様子でした。
「こんな高いコーヒーを飲みに来る奴はもの好きだけだから、全然儲からないよ。でも、遠方や外国からわざわざ飲みに来てくれるんで、やめられないんだよ。」

いい経験をさせてもらった。
コーヒー好きな方は、ぜひ一度味わってほしい。
オイラもまた行こうと思う。マスターが元気なうちに。

| | コメント (0)

2024/03/23

ジジィになる

先日、初孫が生まれました。
あちこちの神社仏閣に御祈願してきたかいあって、無事の安産でした。

言葉では説明できないような不思議な感情に包まれているのですが、『嬉しい』のか『嬉しくない』のかで言えば嬉しいです。
娘から身籠ったとの連絡が入った時は、喜んだ反面、複雑な感情も湧きました。
「ついにオレも爺さんになるのか」と思うと、「いやいや、まだそんな年じゃないぞ」と。
しかし、時間とともにそんな感情も落ち着いてきました。世間一般的には、もう「そんな年」なんです。ついにその事を認めざるを得なくなったわけです。

さて。奥様と、孫に自分たちの事を何て呼ばせるか。という話題になりました。(気が早いって。まだ2年も先の話だろ)
『じいさん、ばあさん』は絶対嫌だ。下の名前で呼ばせている人たちも多いけど、それもちょっとなぁ・・・。「グランパ、グランマ」なんてがらでもないし。
奥様は「ジイジとバアバでいいんじゃない。」といいますが、ジイジなんて嫌だなぁ。なんだか老け込んでしまうみたいで。
それなら潔く「ジジィ」にしよう。うん。なんかやんちゃ感があって、それもいいだろう。
と言っていたことが娘の耳に入り、「絶対ダメ。そんな悪い言葉を使うような子には育てない!」と言われてしまった。
別に悪い言葉じゃないだろ。本人がいいって言ってるんだし。
かくして、すでに娘と奥様は、赤ん坊をあやしながら「ほら、ジイジだよお」なんて言ってます。
ジイジかあ・・・なんかやだなぁ、年寄りになったみたいで・・・。
これはもうちょっと抵抗してみよう・・・。

 

話題変わって。
2か月半ぶりの更新になります。ご無沙汰しております。
山へ行っていないんです。年が明けてからずっと、仕事に明け暮れています。
3月に入ってから、和歌山の白浜で仕事をしています。会社を空けっぱなしというわけにもいかないので、東京と和歌山を行ったり来たりとしています。

240322180243961

白浜はいい所です。泊っているホテルの目の前がビーチになっていて、夕日に癒されています。

240323161436021

崎の湯という日本最古の温泉があって(温泉の管理人さんがそう言っていた)、ここは海面と同じ高さの露天風呂で、波しぶきをかぶりながらの温泉を楽しみます。
ただし、17時で閉まってしまうので、仕事を早く切り上げた日にしか入れない。

240310175355572

バブル期の名建築、ホテル川久も見学してきました。
とても泊ることなどできない超高級ホテルですが、数年前から入浴だけでもOKになったので豪華なお風呂を楽しんできました。
建築雑誌などで何度も写真を見てきたロビーですが、写真で見るのと実際にこの目で見るとでは迫力に数倍の差がありました。
この豪華な迫力に圧倒されてきました。

こんな感じで、白浜ライフを結構楽しんでいます。

ここでの仕事は屋外なので、雨の日は仕事ができません。
めったに来れない和歌山なので、雨の日はドライブがてら観光に回っています。

240305111316796

雨と強風の潮岬。
あまりにも強い横殴りの雨で、先端まで行くのはあきらめて駐車場から眺めただけですが。

240305113151717

雨の中の橋杭岩。
聞きしに勝る奇岩だねエ。

240312123936289

雨に煙る高野山金堂。
寒かった・・・。

240323115052693

強い雨の中、熊野本宮大社にも参拝してきました。

 

 

4月になれば、少し落ち着きそうです。
早春の花たちが咲き始めている山へ行きたくて、ウズウズはしているんです。
4月は少しは山へいけるかなぁ・・。

| | コメント (6)

2024/01/05

大山詣で~今年は春岳沢から~

さて。
1月3日は毎年恒例の大山詣での日です。
毎年違うルートで登る事を決まりとしています。
毎年どのルートで登るかを考える事も、楽しみの一つでした・・・以前は。
でも最近はそれすらもめんどくさくなってきてしまって・・・
正月早々あまり危険含みのルートを歩くのもなぁ・・・
丹沢歩きに対する情熱も以前よりも薄くなってきているんでしょう。
でも、お参りはキチンとしないと気持ちが悪い。
いっそ普通に登山道で普通に登ってくるか・・・。
そんな事も頭をよぎりましたが、まさかそういうわけにもいかんでしょう。
そんな感じで、あまり深く考える事もせず、パッと思い付きで春岳沢を登ってみるか・・・。となったわけです。
お手軽だけど、そんなに腰が引けてるわけでもない。あまりテンションが上がらない時にはちょうど良い加減のルートのような気がして。

Tizu13_20240104155601

2024年1月3日

8時頃にヤビツ峠に到着したが、すでに駐車場はいっぱいだった。が、路駐が溢れているというわけでも無い。なんだか車が少ないなぁ・・・という印象だ。

Img_2975

支度を済ませて、8:10に出発。ちょうど1番バスが到着した。降りてくる登山者はパラパラで、ずいぶん少ないなぁ・・・と思った。

Img_2976

柏木林道を蓑毛に向かって降りる。
蓑毛が近くなった標高500mあたりで分岐している髯僧の滝の散策路に入る。

Img_2979

9時ちょうど。髯僧の滝に到着。
ベンチに腰掛けて一休み。しばし滝をボーっと眺める。

さあ。ここからは気を引き締めていかなければ。
いくらお手軽な沢だと言っても、登山道とはわけが違う。ちょっとした判断ミスが大怪我につながる。

まずは髯僧の滝を巻かねばならない。
ここは滝の右手のルンゼを登るのがセオリーとされているが、オイラはそんな危なっかしい事はしない。少し下流から左岸の土斜面を巻き上がるルートがある。まあ、こっちも急斜面をトラバースしなければならないから、どっちが安全かは人によるのかもしれないが・・・。

Img_2980

滝を巻いて沢へ降りた。奥に見える堰堤は右から巻いた。

Img_2981

堰堤を巻くとすぐにモミジ谷出合。右又の本流へ進む。

Img_2982

本流は小滝が連なっている。

Img_2983

この沢は、最初の髯僧の滝以外は全て登れる楽しい沢、という事になっている。
しかし、ただでさえ水濡れ嫌いのオイラが、こんな寒い朝に飛沫をを浴びながら滝を登るなんてするわけがない。しかも、今日のオイラは沢靴ではなくて登山靴だ。出発直前までどちらを履くか迷ったのだが、予定ルートの大半が登山道歩きであることを考えて登山靴で沢を歩くことにした。昔は履き替え用の靴を担いで歩いたりもしていたが、だんだんと荷物が重いのが嫌になってきて、最近はそんな事はしなくなっている。
もちろん今日は、いっさい水に足を付けることなく歩くつもりだ。

Img_2984

簡単に巻ける滝もあれば、巻くのに苦労する滝もある。ましてや足を濡らすことなく巻こうとすると、それなりに大変な場所もある。でも、そんなルートを見極めながら登っていくのがオイラ的には楽しかったりするんだ。
沢歩きとしては、かなりおかしな奴なんだろうけど。

Img_2986

それにしても、いい渓相の沢だと思う。ずっと小滝が連なっている。ゴーロ歩きが一切ない。

Img_2987

暖かい季節に水を浴びながら登ると楽しい沢なんだろう。
もっともここら辺はヤマビルの巣窟だから、オイラは暖かい季節には絶対に来ないけどね。

Img_2988

Img_2990

Img_2991

さて。740m二又まで登ってきました。この先の連瀑を巻くために、正面に見える二又界尾根に登ります。
連瀑を巻いて沢へ降りても、そのすぐ先で横切っている仕事道で脱溪するつもりなので、沢へ降りずにそのまま尾根の背を登りました。
なんとか、靴を全く濡らすことなく、ここまで登って来る事ができました。

Img_2992

770m付近で大山南面仕事道に這い上がりました。この道を東へ辿ります。

Img_2994

崩壊地にぶつかります。
この道を歩くのもずいぶん久しぶりだが、崩壊地にはロープが張ってあったと思う。そのロープは千切れてしまっていた。
緩い斜面だから横断するのに恐怖心は無いが、先の道が見えないのは困る。
適当に辺りを付けて横断していたら、下の方に道型が見えた。どうやら10mほど上を歩いていたようだ。

Img_2995

次の崩壊地ではちゃんとロープが生きていた。こっちは少々斜度がきついから、ロープが無かったら怖かっただろう。

Img_2996

大山西の峠と呼ばれている場所で、かごや道にぶつかりました。
さあ、後は普通に登山道を歩いて、大山様へのお参りをすませます。

Img_2998

11:20
下社へ到着。参拝をし、去年のお札をお返しして新しいお札を頂戴する。
今年はずいぶんと参拝客が少ないなぁ。天気がどんよりとしているせいもあるんだろうけど・・・。

さてと。山頂の奥の院へお参りするために表参道を登ります。

Img_3001

いつも下るばかりで、登りは本当に久しぶりの表参道。
いやはや、きっつい。運動不足で鈍った身体にはきつすぎる道だ。先程の春岳沢よりもはるかに苦しい。
もっとも大山参りは修行だったんだからね。これも心身の修行だと思いながら、黙々と登る。

Img_3003

ああ、やっと鳥居が見えてきた。

13:20 大山山頂へ到着。

Img_3004

奥の院へ参拝をして・・・。
これで新年のミッションは終了です。
今年も無事に大山様への参拝が済んで、ホッとします。

Img_3008

あとはイタツミ尾根を下ってヤビツ峠に戻るだけです。

Img_3010

途中で真っ白な花が咲いているのを見つけ、「こんな見事な寒桜が!」とビックリしました。
が、よく見たらボタンヅルの綿毛でした。
これはこれで綺麗だった。

 

今年も良い年になりますように!

 

 

 

 

| | コメント (0)

«謹賀新年2024